オキシクリーンで洗濯槽を掃除するやり方は?分量や温度や時間は?

オキシクリーンという商品をご存知ですか?酸素系漂白剤の一種ですが、これが洗濯槽のお掃除に使うとカビがごっそり取れるんです!コストコで売っているということでよく知られていますが、Amazonなどのネット通販で購入することも可能です。最近はホームセンターでも販売しています。オキシクリーンには日本版とアメリカ版があり、アメリカ版には界面活性剤が入っているのでよく泡立ちます。さて、そんなオキシクリーンですが、洗濯槽の掃除をするにはどうやって使えばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

オキシクリーンで洗濯槽を掃除するやり方は?分量は?

今回はオキシクリーンで洗濯槽を掃除するやり方をご説明しますが、まず分量について。同じオキシクリーンでも商品によって使う量が違うのでご注意ください。

実はオキシクリーンには日本版とアメリカ版があるのです。インスタグラムで評判になったコストコで販売しているオキシクリーンはアメリカ版。界面活性剤入りの為、すごく泡が立ちます。この場合は、スプーン1杯で約113グラムです。

アメリカ版は4.98キロで3,000円前後。さすが大容量。

これに対して日本版は界面活性剤が入っていません。泡立ちは悪いですが、環境には優しいですね。こちらはスプーン1杯で約28グラムです。

こちらは1,500グラムで1,382円くらい。

洗濯槽の掃除に使う場合、水10リットルに対して100グラムが目安量です。どれだけの量を使うかは、ご家庭の洗濯機の容量によって決まります。アメリカ版と日本版ではスプーン1杯の量が違うために注意してくださいね。

たとえば、私の家の洗濯機は60リットル。アメリカ版のオキシクリーンを使う場合、スプーン4・5杯で済みますが、日本版の場合はスプーン17杯か18杯・・・結構使いますね。

他に注意点ですが、使う場合は全自動洗濯機で使うこと、(ドラム式の場合は使えない場合があります)、また洗濯機によって酸素系漂白剤は使用不可の物もありますので必ず事前に確認するようにしてください。

やり方の手順ですが、まずは

1)洗濯機のごみ取ネットを外す:こうすることでごみ取ネットが付いていた部分もきれいにできます。

2)電源をオンにして(電源をオンにしないと水が溜まらない機種もあるので)、お湯を高数位まで入れる:専用ホースを使うかバケツで入れてください。

3)洗濯槽にオキシクリーンを必要量入れます:容量は洗濯機によって異なります。

4)ごみ取ネットは洗面器にお湯を張ってオキシクリーンを溶かし入れ、つけ置きしておくと良いです。

5)電源を入れ、「洗い」モードのみで洗濯機を回す:3〜5分程度でいいです。アメリカ版ならこれで泡立ちます。普通の全自動モードでやってしまうと排水されてしまうので注意。

6)つけ置きする:3〜6時間が目安。

7)再度洗いモードで洗濯機を回す。水の色が変わってゴミが浮いてきたら洗濯機を止めてゴミをすくいとる:かなり大量に浮いてくるのでビックリします。

8)いったん水を抜き、すすぎ→排水→脱水で洗う。

その後、洗濯機が止まったら蓋を開けて中に残ったごみをふき取ります。

オキシクリーンで洗濯槽を掃除するやり方に温度管理は必要?

厳密な温度管理は必要ありません。ただオキシクリーンの能力を十分に発揮するためには十分に溶かす必要があります。目安としては40〜60度程度。

わざわざお湯を作って入れる必要は無いと思います。お風呂の残り湯で十分です。お風呂のお湯が冷えてしまっている場合はお湯を足すのもありですが、要は溶ければいいので、それほど厳密に考えなくてもいいと思います。

注意してほしいことは、入浴剤入りの残り湯は使わない事です。入浴剤の成分の影響で汚れ落ちが悪くなるそうです。

オキシクリーンを投入した後、手でかき混ぜる必要はありません。お湯を入れて洗いモードで動かせば混ざりますから大丈夫ですよ。ゴミをすくい取る時など、必要があって手を入れる時にはゴム手をしてやった方が良いでしょう。酸素系漂白剤なので塩素系のように強烈ではありませんが、それでも肌荒れの原因となります。

最初に混ぜただけでは汚れが取れた感じはしませんが、このままつけ置きしておくと汚れが浮いてきます。それはもう、ごっそり。

では、どれだけつけ置きすればいいのでしょうか?

オキシクリーンで洗濯槽を掃除するやり方で時間はどれくらい?

つけ置き時間は目安として3〜6時間程度です。あくまでこれは目安ですので、忙しい時は日中放置でも、一晩放置でも問題は無いと思います。

この放置の後に洗濯機を見ると、黒い海苔みたいなゴミがかなり浮いているのが分かります。これ、全部カビなんですよ・・・。普段の洗濯をこの状態でやっていたのかと思うと・・・。
まあ、水を使うのである程度のカビは仕方ないのですが。ちなみに頻度としては2〜3ヵ月に1回というのが大方の意見のようですね。

洗濯機はどうしてもカビが生えやすいのですが、なるべく普段から洗濯機が止まったらすぐに洗濯物を出す、使った後は蓋を開けて中身を乾燥させるなどの工夫をしてください。これだけでカビの生え具合が違います。

さて、つけ置きした後ですが、ゴミが沢山浮いているのでこれをすくい取らねばなりません。使うのは100円ショップで売っている金魚の水替えに使う小さい網でもいいですし、針金ハンガーに使わなくなったストッキングを張ったものでも使えます。汚いですから使い捨ての針金ハンガーの網でいいかもしれませんね。

その後、洗いモードで洗濯機を回すとゴミがどんどん出てきます。その度に洗濯機を一時停止してゴミをすくい取ってください。くれぐれも洗濯機は一度止めてくださいね。まあ、今の全自動は蓋を開けると止まるようになっているはずですが・・・。

まとめ

オキシクリーン、今大評判ですよね。以前はコストコかAmazonか楽天かという選択肢しかありませんでしたが、今はホームセンターでも買えるようになりました。しかもアメリカ版!汚れ落ちはアメリカ版の方が良いという話なので、今度はそちらで買おうと思います。コストコは近所に無いので・・・。一番安いのはコストコなんですけどね。次は洗濯槽だけでなく、換気扇の油汚れにも挑戦してみたいと思います。お風呂場の黒ずみにも使ってみたいです。皆さんも「オキシ漬け」やってみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク