里帰り出産のお礼の相場はいくら?封筒の種類やマナーはどうする?

里帰り出産をするときに気になるのが、お礼の相場と渡し方です。現金が良いのか、物品で返すべきか。渡すタイミングはいつなのか。色々と悩んでしまいます。

実際には親子関係や親御さんや旦那さんの性格によって渡す内容やタイミングは異なると思います。ここでは参考までに、相場とされる金額や最低限のマナーに関してご紹介します。

Sponsored Link

里帰り出産のお礼の相場はどれくらい?

里帰り出産のお礼の相場はいくらぐらいが妥当なのでしょうか。これは地域などにより異なるかもしれませんが、基本的には生活費より少し多めといったところでしょう。

里帰り出産のお礼の相場の金額としては、1か月2〜3万円×滞在月と考えておくと良いでしょう。上の子も一緒に里帰りする場合は1人あたり5,000〜10,000円程度プラスすると良いでしょう。

こういったお礼は実家の場合「そんなに気を使わなくていい」と受け取ってもらえないかもしれません。しかし実家だからと言って、生活費がかかるのは事実。赤ちゃんは手のかかるものですし、家事などの負担も増えることを考えると、やはり何らかの形でお礼はしたいものです。

直接現金を受け取ってもらえない場合、旦那さんに渡してもらうという方法もあります。旦那さんからとなるとメンツをつぶさないためにも受け取ってもらえる事が多いようです。また現金がダメな場合、手土産を持参する、旅行券など物品でお礼をするなど形を変えると受け取ってもらえることも。

大切なのは感謝の気持ちを表すことです。お礼を渡すだけでなく、言葉でも感謝を示すことを忘れないようにしましょう。

Sponsored Link

里帰り出産のお礼に使う封筒はどんなものがベター?

里帰り出産のお礼に使う封筒はシンプルなものが良いでしょう。豪華な水引がついたものは目上の人に贈る場合は相応しくないとされています。実際によく使われているのは紅白の水引がプリントされた封筒です。物品で渡す場合は同様の熨斗紙を付けます。

のし袋の書き方としては、表書きに「御礼」「感謝」などを書き、送り主は夫婦両名の名前を書きます。不安な方はお店の人に聞いてみてください。

里帰り出産のお礼を何にするかは両親の性格にもよりますが、上記のやり方であればどなたに対しても失礼にはなりません。くれぐれも茶封筒に入れて出すのは避けるようにしてください。

ご両親にお礼を渡す際には断られるケースもあるようですが、3回までは申し出ても失礼は無いとされています。それ以上だとさすがにしつこくなってしまいますので、後日御礼の手紙を出す、赤ちゃんの写真を感謝の言葉と共に送るなど、「お世話になりました」という感謝を表すようにしましょう。

里帰り出産のお礼で気を付けるべきマナーは?

里帰り出産のお礼で気を付けるべきマナーは、「感謝を形で表すこと」です。渡すお礼の品に関する基本は以下の2つです。

1)直接渡せるもの
2)間違いなく消費できるもの

里帰り出産のお礼で最も多いのが現金、商品券だそうです。長期滞在で光熱費や食費がかかることを考えると現金が最もベターですが、現金だと気が引けるというケースや向こうが現金だと受け取らない場合は商品券の方がスムーズに渡せるようです。

里帰り出産のお礼で気を付けるべきマナーとしては、滞在する初日に「お世話になります」と伝えることです。初日に菓子折りなどの手土産を持参して渡すと良いでしょう。また、何を渡すにせよ無言ではなく「お世話になります」「ありがとうございます」などの言葉を添えることです。

マナーに関してはあまり難しく考えず、「こうしなければ良くないのでは」と考えるよりも、「向こうはこうしてもらったら嬉しいのでは」と考えながら行動したほうがお互いに気持ちよく受け渡しができると思います。

里帰り出産のお礼を渡すタイミングは?

里帰り出産のお礼を渡すタイミングは、初日が良いとされています。またお礼だと言って渡そうとする場合に断られるのであれば、滞在中の生活費として受け取ってほしいと言葉を添えると良いでしょう。

娘からお金を貰うのは水臭いと言って断られることもあります。こういう場合は旦那さんが渡した方がベターです。旦那さんが一緒に行けない場合は、初日に「夫から受け取ったものだから」と言って渡せば受け取ってもらえやすいでしょう。初日に断られた時は帰る時に再度切り出してみましょう。それでも受け取ってもらえない場合は無理に渡さず、後日に赤ちゃんの写真を合わせて贈り物をすると良いでしょう。

里帰り出産のお礼を渡すタイミングは初日が良いとされていますが、親御さんの性格によっては逆にお金を貰ったのだからと気を使わせてしまう事もあります。親御さんの性格に合わせてケースバイケースで考えましょう。

まとめ

里帰り出産は実家に帰るのが普通なので娘としては甘えたい気持ちもあると思います。そうとは言っても嫁いだからには家計は別なもの。親御さんが年金暮らしの場合は生活費も大変ですし、体力的にも厳しいのが現実です。親しき中にも礼儀ありと言います。今後赤ちゃんを育てていくうえで長く続く親子関係にしこりを残さないためにも感謝の気持ちはしっかり伝えておきましょう。

Sponsored Link

コメント