里帰り出産の準備に必要なリストは?自宅で用意する物や書類は?

里帰り出産は実家で気兼ねなく過ごせるため、何かと心強いものです。しかし自宅から離れた後、いざという時に足りないものが出てきても産後は身動きが取れないことが多いもの。そのため事前に忘れ物が出ないように必要なものをリストアップすることが必要です。特に里帰り出産の手続きに必要な書類は忘れると面倒なため、何が必要か必ず確認しておきましょう。

スポンサーリンク

里帰り出産の準備に必要なリスト内容は?

里帰り出産の準備に必要なリスト内容としては以下の3つの種類に分けられます。
1)ママが必要となるもの
・マタニティウエアや授乳服
・産前産後に使う下着類
・洗面用具
・パジャマ類(前開きが便利)
・デジタルカメラやビデオ

2)里帰り出産に必要な書類など
・母子手帳
・診察券
・里帰り出産の病院先に持っていく紹介状
・健康保険証
・印鑑

3)赤ちゃんに必要となるもの
・短肌着5枚
・ 長肌着1〜3枚
・ コンビ肌着2〜3枚
・ ツーウェイオール2〜3枚
・ ガーゼハンカチ
・ 哺乳瓶
・ おむつやおしりふき

新生児用のオムツは産院で用意するケースもあるので確認しておきましょう。新生児オムツはあまり多く用意しても赤ちゃんが大きくなって使えなくなることも多いため、足りなくなったら実家で買ってきてもらう程度に考えておくと良いでしょう。

赤ちゃんの服もすぐに使えなくなります。最初は少なめの服で、必要に合わせて用意するほうが良いでしょう。

里帰り出産の準備はリストを作りながら実家とよく相談して持ち物を決めましょう。実家で用意できるものと持参するものを決めておくと必要なものが余ったり足りなくなったりするトラブルを防ぐことができます。

里帰り出産準備のために自宅でやっておくことは?

里帰り出産の準備のために自宅でやっておくことは、以下の3つです。

1)入院中に必要なものの確認
新生児用のオムツや産褥ショーツは産院で用意してくれることが多いですが、産院によって違いますので事前に確認しておきましょう。出産のための入院には母子手帳や保険証が必要です。万が一、手術になった場合は印鑑が必要となります。他に経過報告書や紹介状などの書類も必要となります。

2)実家との打ち合わせ
里帰り出産の準備は実家の方でも色々と考えてくれることが多いです。無駄を無くすためにも事前にどちらが何を用意するか決めておきましょう。実家に帰る時にはお腹が大きくなっていて移動が大変なので、おむつなどの消耗品は実家に着いてから近所のドラッグストアかネットで買うようにし、荷物もすぐに使わないものは事前に送っておきましょう。

3)夫へ渡す生活費や不在の間の家事の確認
自宅を長期間あけるため、夫婦の間にトラブルが起きないように事前にルールを決めておくことが大切です。生活費をどうするか、ゴミ出しのルールを伝える等の打ち合わせを事前に済ませておきましょう。

里帰り出産準備で必要な書類は?

里帰り出産の準備に必要な書類は産前と産後で異なります。

●産前に必要な書類
・産院への紹介状
・健康保険出産手当金支給申請書(産休中の場合)
・入院の為に必要な書類

●産後に必要な書類
・出生届
・健康保険
・乳幼児医療費助成金
・児童手当
・出産一時金
・出産手当(産休中の場合)

出生届は14日以内(過ぎると5万円の罰金が付くことがあります)に医療機関が発行する出生証明書、母子手帳、印鑑、身分証明書と共に提出する必要があります。ママは動けないので、ここはパパか実家の人にやってもらいましょう。里帰り出産先の役所でも提出が可能です。

出生届を出したら、今度はそのコピーと共に健康保険証、母子手帳、印鑑を用意して子供の健康保険の申請をしなくてはなりません。子供の保険証は申請後10日ほどで送られます。健康保険証は乳幼児医療費助成にも必要となります。これは収入の多い方の勤務先に提出することになります。

里帰り出産の準備にはこれらの書類が必要となることも考慮して誰が書類を出すのかなどを話し合っておきましょう。

里帰り出産の準備で2人目の時はどうする?

里帰り出産の準備で2人目の出産の場合、上の子がまだ小さい場合はママと一緒に実家に行くのが良いでしょう。特に乳幼児の場合は赤ちゃん返りも激しくなります。ママはお産の疲れと赤ちゃんのお世話以外に上の子の赤ちゃん返りの対応もしなくてはならないため、最初の内は実家でサポートを受ける方が良いでしょう。ただパパの寂しさも倍増するため、里帰り中はこまめに連絡を取るようにしてください。

上の子が小学校以上の場合はパパと一緒に留守番をしてもらうことになります。こうなるとパパは慣れない育児と家事に手いっぱいになる事が予想されます。手のかからない食事方法を教える、いっそ夫の実家から自宅の方にヘルプに来てもらうなど、色々と工夫が必要です。

特に気を付けなくてはいけないのは、上の子への対応です。里帰り出産の準備期間中に2人目が産まれることへの不安と期待で混乱しがちな上の子と沢山スキンシップをして不安をできるだけ取り除いてあげましょう。

まとめ

里帰り出産は実家で楽ができる反面、準備が大変という側面があります。それでもママが一人で家事と育児と、2人目出産の場合の上の子への対応を産後すぐから行うのはかなり厳しいです(経験談)。できるものならパパの協力と双方の実家にも助けてもらってみんなで赤ちゃんを育てるような気持ちで臨みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク