前駆陣痛とは?いつからあるの?張りの違いや間隔は?

前駆陣痛とは本陣痛の前に起きる子宮の収縮です。いわゆる「お腹の張り」のようなものですが、全くない人もいれば早い段階で始まる人もいます。いずれにせよ、前駆陣痛だけではお産がすぐに始まることはありません。張りの違いの見極め方は収縮の間隔が定期的かどうかで見てみましょう。

私も次男の時に何度も前駆陣痛がありました。本陣痛の2週間前からあったので面倒くさくなり、本陣痛が来ても最初は「またか」と思っていました。5分間隔になってから「あれ?」と慌てたことを覚えています。では前駆陣痛とはどんなものなのでしょうか。

Sponsored Link

前駆陣痛とは?いつから始まるの?

前駆陣痛とは子宮収縮の一種です。いつから始まるかは個人差があります。臨月前に始まる人、お産の前日に始まる人、中には前駆陣痛を全く感じずにお産を迎える人もいます。

前駆陣痛とは偽陣痛という名前もあるように、生理痛のような強い張りを感じるため、初産の方は「お産が始まるかも?」と不安になることが多いようです。そのままお産に入ることは基本的には稀です。大抵は生活に困らない程度の痛みで、じきに治まります。

前駆陣痛かも?と思った時はまず慌てず、いつから始まったか記録を取って様子を見ましょう。その間、緊急連絡先の確認や入院準備など、お産の準備をしっかりしておくようにしておいてください。ママの体は前駆陣痛で事前に子宮を収縮させることにより子宮頚管を柔らかくするホルモンが分泌されます。つまり体がお産に向けてウオーミングアップしているサイン。本番に備えてママも準備を万端にしておきましょう。

Sponsored Link

前駆陣痛とは?張りの違いは?

前駆陣痛とはどんな痛みか、妊娠中のお腹の張りの違いなどを説明するのは個人差があるので難しいのですが、多くの人の意見を纏めると以下のようになります。

1)下腹部が硬くなってお腹が張る
2)痛みの間隔が定期的ではなく、強さにもバラツキがある
3)しばらくすると収まる
4)生理痛のような痛み
5)腰が痛い
6)胃や腸が痛いような感じ
7)下痢、便秘になる

前駆陣痛とは判別が難しいお腹の張りの違いですが、基本的に妊娠後期(36週〜)に起こり、しばらくすると収まるものなら前駆陣痛と考えてよいでしょう。赤ちゃんがお腹の中で大きくなってくると子宮が大きくなるために胃や腸のスペースが圧迫されます。その為に便秘になったり胃の調子が悪くなったりすることがあります。

また出産が近くなるとホルモンの影響で下痢になりやすくなります。これらは前駆陣痛とは違いますが、このような不調が臨月間近にあれば、それは出産が近づいてきた印でもあります。

前駆陣痛とは間隔が違う?本陣痛との見分け方

本陣痛を経験した私に言わせると、本陣痛の痛みは前駆陣痛とは強さと間隔が全く違います。

前駆陣痛とは調子が悪い、なんだかお腹が痛い・・・レベルの痛みです。つまり、不調を訴えながらも日常生活ができるレベルです。本陣痛が来た場合は日常生活どころではありません。陣痛が来たときはいきみ逃しに精いっぱいで、他に何もできません。私が長男の出産の為に入院中に本陣痛が始まった時、分娩室までの移動中に陣痛が起きた時は立ち止まっていました。

本陣痛も、いきなり強い痛みが来るわけではありません(促進剤を使わない場合)。定期的に収縮が起きてきて、その強さが徐々に強まるような感じです。

前駆陣痛の場合は、収縮の間隔や痛みの強さにバラツキがあります。その上、しばらくしたら収まるのが普通です。本陣痛の場合は収まるどころかどんどん強くなります。また収縮間隔も定期的です。5分間隔になったら産院に連絡を取ったほうが良いでしょう。

前駆陣痛とは出産のサイン?すぐに入院?

前駆陣痛=即出産という訳ではありません。この時点では子宮口はまだ閉じており、赤ちゃんもまだ下まで降りてきていない状態です。前駆陣痛とはあくまで出産のためのウオーミングアップです。しかも個人差があり、前駆陣痛があってから出産に至るまで1か月以上かかる場合もあります。私の場合、2週間程度でした。

また前駆陣痛が無いからと言って油断するのも禁物です。私は長男の時に前駆陣痛はありませんでしたが、臨月のある日少量の破水がありました。念のために産院に連絡すると、すぐ入院するように言われました。破水は即出産という訳ではないのですが(少量の場合)、感染などのリスク回避の為に念のために入院となるケースが多いようです。

つまり前駆陣痛とは出産のサインではなく、あくまで出産が近いな、という程度のサインという事です。前駆陣痛を感じたら出産の準備を入念にする程度で、慌てる必要はありません。ただ初産の方は不安だと思いますので痛みが続くようなら念のために産院に連絡を取っておくと良いでしょう。

まとめ

帝王切開や計画分娩でない限り、自然任せのお産は基本的に赤ちゃん任せ。臨月に入ったらいつ始まるか分かりません。前駆陣痛はそんな時にお産が近づいてきたかどうかを知る目安となります。お産は個人差が大きいため一概には言えませんが、前駆陣痛の有無にかかわらず臨月に入ったら万が一の連絡先や移動手段(家に誰もいないときに陣痛が始まることもあります)の確保などを検討しておいたほうが良いでしょう。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする