浅田舞がテレ東でキムヨナの高点数に爆弾発言!韓国の反応は?

浅田真央選手の実姉で、元フィギュアスケーターだった
浅田舞さんが出演したテレビ東京での
番組発言がかなり話題になってます。

キムヨナ選手に対して見下したかのようにも取れるコメントで、
「フィギュア最強日本勢 新年の誓いSP」で
テレ東での特集番組の一コマでした。

この発言に対しての韓国や日本での反応を調べました。

Sponsored Link

浅田舞さんはフィギャア引退後もスポーツキャスターやモデルとして
活躍中ですが、この発言で今後に影響がないかちょっと心配です。

今回テレビ東京のコメンテーターとして番組に呼ばれていました。
まず、ビデオが流れたあと、司会の方からコメントを求められたのですが、
かなり皮肉っぷりを込めたナレーションとテロップがある編集でした。

NRW杯でキムヨナ選手の演技に対して、

ナレーション
「さらに、忘れちゃいけないこのお方!20か月のお休みを経て競技界に復帰した、オリンピック女王!

(2ー2ー2が1−1−1になるところや転倒シーン、
「ジャンプ失敗しても 転んでも 問題なし」のテロップを流しながら)

ジャンプ失敗なんのその!さっそくとび出たキムヨナクオリリティー!
・・・で、今シーズン世界最高得点!)

(「まさかのキムヨナクオリティで 世界最高得点」のテロップ)

フシギな強さは、どこまで続く〜!?」

とかなり刺激的な内容で、
キムヨナ選手の演技を評価しています。
この時の点数が、201.61点。

失敗があるのに、点数が異常に高い上のが
素人目から見ても疑問に思うところです。

Sponsored Link

そして問題となる浅田舞さんのコメントは、

VTR明け

司会 「と言うかー、ヨナさん?
ヨナさんって、どうしてあんなに点数が・・・いいのぉ?」

浅田舞「いやぁ・・・正直ー・・・分からないです(苦笑)
なんであんなに点数が出てるのかw
分からないです。
選手やってたんですけど、見ても・・・なんでなんですかね。。」
司会 「不思議!」
浅田舞「ちょっと・・・審査員が好きなんですかね。」
司会 「え!?そう言うことぉー?」

浅田舞「分からないです!
この問題はノーコメントにしておいた方がいいかもしれないです(苦笑)」
引用元:テレ東が韓国のフィギュア買収疑惑に触れる…浅田舞「この問題はノーコメントにした方がいい」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1358083255/

Sponsored Link

2ちゃんでもかなり前から、審査委員の買収を
しているとの噂もあります。

誰が見てもわかるようなジャップだと、その採点方法にも
誤差がないのでしょうが、芸術的な感性が得点に入ると
結局は個人(審査員)の裁量でどうとでもなるのでしょうね。

マスコミでは、どの放送局も完璧な演技とか、今季最高得点と
キムヨナ選手の圧倒的な実力を称賛していただけに、
テレビ東京の番組はかなり目立ったことは確かだと思います。

浅田舞さんのコメントは、特段身内よりだったわけでもなく
素直に出た言葉でしょう。

多分、業界のタブーを知らずに番組の制作意図に
うまく乗せられてしまったような一面もあります。

キムヨナ選手にどのような裏事情が
存在しているのかはわかりませんが、
多くの日本人の疑問の声を代弁してくれたのです。

これに対して、韓国での反応は、

・笑えるな。あんたがフィギュア選手だったということのほうが、よっぽど理解できんわ

・なぜいつも点数が高いのか俺も疑問に思ってた。浅田真央姉の言葉は正しい気がする

・まぁお姉さんの分析が上手だったら妹の真央の力になれてやれたんだろうけどねぇ……真央は基本を無視してジャンプの技術だけ高めようとするから駄目なんだよ

・分からないのならお前の妹にでも聞いてみろってんだ

・あなたがなぜ引退したのか分かったよ

・キム・ヨナと浅田真央がライバル同士だったのはもう3年も前の話だ。今は誰がどう見たって実力差が圧倒的ではっきりしている。今のキム・ヨナのライバルは彼女自身ってとこだね

・この子って実力がなくてフィギュアをやめた子じゃなかったっけ?自分がまともなジャンプをしたことがないから、どうやって高スコアを出せばいいのか分からないんだねww

日本では、浅田舞さんのコメントに共感する一方で、
逆に干されるのではないか?
妹真央ちゃんに今後の点数で、影響が出るのではないか?との
心配の声もありました。

スポーツで八百長疑惑はつきものですが、本当の真相はわかりません。
でも、あからさまな結果を見せつけられると、しらけてしまいますよね。
フィギュアスケートは人気のスポーツなだけに、裏事情があるとちょっと嫌ですよ。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする