バーベキューの準備と予算は?初心者向けバーベキューのコツ!

毎年夏はバーベキューの季節。
夫の合気道関係の友人家族と。
保育園や小学校で知り合った友達と。
それぞれ家族で来るのでえらい騒ぎになります。

うちの場合は庭が広いので場所には困りません。
食材も安いのでお金も大してかかりません。

でも場所が公園などの屋外の場合。
予算等をちゃんと決めておかないと大変。
肉や野菜や飲み物はどれくらい用意したらいい?
炭はどれくらいいるの?

スポンサーリンク

バーベキューの準備に予算はどれくらいかかるの?

予算は会場や道具の有無によっても変わります。
ポイントとしては

●会場の有無
家の庭や公園などの場合は無料です。
公園によってはダメなところもあるので要確認。
バーベキュー広場のある公園は大抵有料です。

●道具の有無
誰かが持っていたらいいんですけどね。
無い場合はレンタルする必要があります。
バーベキュー広場で貸し出す場合もあります。

つまり会場、道具のレンタル料と食材。
これらの合計と人数で目安を決めます。

我が家の場合は庭でやるし道具があるので1人1,000円。
バーベキュー広場でやる場合は1人3,000〜3,500円。

北海道は物価安いので地方によっても違うかも。

実際には予算決めるのって難しいですね。
何をメインにするか、どれだけ食べるか。
それによって全然違いますからね。

例えば合気道道場のバーベキュー。
これは毎年公園でやります。
予算は1人3,500円ですが、野菜は学生が用意。

ちなみに道具とビールサーバーはレンタルです。
学生30人いるので用意してられない・・・。

バーベキューの準備には最低限何が必要なの?

道具

バーベキューコンロ、網、軍手、うちわ
木炭(1人1キロが目安)、着火剤、チャッカマン
木炭用のトングと食材用のトング

食材

肉(1人200〜300g)
野菜(ピーマン、しいたけ、かぼちゃ、とうきび等)
酒、ジュース

その他

食器(紙皿、紙コップ、割り箸)
ゴミ袋(分別出来るように複数)
調理器具(包丁、まな板、ザル、ホイル)

夏の屋外の場合ならクーラーボックスやタープ。
他にテーブルや椅子などもあると便利です。

野菜は下処理(レンジで加熱、茹でる等)がベター。

茹できびを醤油で味付けして炙るといいですよ〜。
アルミホイルでキノコや鮭のホイル焼き出来ます。
あと濡らした新聞紙とホイルで焼き芋も作れます!

他に生野菜スティックとか果物があるといいです。
脂っこい食事の合間の口直しに最適です。

肉は牛、鶏、豚もいいですが羊もいいですよ。
ラム肉を塊で焼いて切り分けると凄い美味しい!

あ、でも道外でラム肉売ってるかな・・・。

バーベキューの準備で初心者が気をつけることは?

バーベキュー奉行の夫によると

  • 炭の下にはアルミホイルを敷くと片付けが楽
  • 火起こしはバーベキューの1時間前〜
  • 網は空焼きして酢を塗る
  • 炭の量は左右で多さを変えておく
    (火力が調節できて便利)

炭はナラ炭で十分。
備長炭選ばないほうがいいです。
火が付かないんですよ、あれ!

火をおこす際、大きな炭はある程度小さくします。
次に着火剤の上に炭を櫓みたいに組んで置きます。
新聞紙は細かい灰が飛ぶのでやめたほうがいいです。

あとはひたすらうちわで扇ぎます。
炭の火が消えて白くなったらOK。
あと調理編。

  • 最初は鉄板焼きでやれば失敗なし
  • 串焼きは避ける(黒焦げと生焼けのコンビになる)
  • かぼちゃととうきびは茹でておく

焼き始めは火力強いので黒焦げになりがち。
鉄板焼きで作れる料理をやるといいです。

あと、おにぎりもあるといいですよ。
焼きおにぎりにも出来ます。

まとめ

バーベキューは当日バタバタしたくないですよね。
野菜の下処理は前日に出来ます。

子供がいる場合はソーセージが便利。
割り箸刺して鉄板で焼いて最初に食べさせます。
でないと腹減ったとうるさいですからね。

後片付けは面倒なので食器は使い捨てがいいです。
屋外の場合洗い物は控え、家でやりましょう。

炭は火消し壷を持っていって持ち帰りましょう。
でなければクッキーなどの缶に入れておきます。
次回の火起こしに使えて便利です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク