花粉症の注射の種類と効果は?副作用も心配!

花粉症。
今のところ私はなっていません。
でも夫は花粉症なので辛そうです。

北海道はスギが無いから花粉症が無い。
そう思う人もいるらしいですね。
でも北海道でも花粉症はあります。
夫の場合は多分ブタクサか白樺かな?

いずれにせよ、辛いのは確かです。
こういう時に注射で治すという話があります。
物によっては一回打っただけで効くとか。

でも一口に注射といっても色いろあるみたいです。
それらの種類と効果の違いは?

スポンサーリンク

花粉症の注射にはどんなものがあるの?

主な「花粉症の注射」は3種類。

副腎皮質ホルモン注射

要するにステロイド注射ですね。
メリットは即効性があること。
デメリットは副作用が強いこと。

ステロイド注射は耳鼻科などではやっていません。
アレルギー学会で認められていませんからね。
保険の適応にもなりません。

減感作療法注射

アレルギーの原因物質を体に入れて慣れさせる療法。

メリットは根治の可能性の高い治療法であること。
保険適応になります。

デメリットは一つのアレルゲンしか使えないこと。
週に1度の注射で3年以上など、時間がかかること。

ヒスタグロビン注射

ヒスタミンに対する抗体を注射する方法です。

メリットは副作用が少ないこと。
保険の適応であること。
アレルゲンと関係なく症状そのものを抑えられること。

デメリットは効果に個人差が大きいこと。
週2回で6回の注射が必要なこと。
生ワクチンの効果に影響を与える可能性があること。

現在の主流は減感作療法かヒスタグロビンのようです。

花粉症の注射の効果とそれぞれの副作用は?

まず、ステロイド注射。
これは即効性が凄く翌日には効果が出ます。
効果は数週間〜数ヶ月持続します。

主な副作用は注射箇所の皮膚陥没。
生理が止まる、あるいは出血が止まらない。
糖尿病、緑内障、骨粗鬆症のリスク上昇。
感染症のリスクが高まる等。

まあ免疫を抑える薬ですからね。
使う場合は最終手段です。

減感作療法の注射は、即効性はないです。
週1回の注射を2〜5年続けます。
大変ですが8割に完治か軽減の効果があります。
効果は半永久的に続くそうですよ。

副作用はアナフィラキシーの可能性があること。
リスク管理を慎重にしながら治療する必要があります。

ヒスタグロビン注射の場合。
アレルゲンに関係なく症状を抑えてくれます。
効果は数ヶ月続きます。

副作用は特に強くありません。
アナフィラキシーを起こすこともありません。
ただ頭痛や眠気などが起きることがあります。

花粉症の注射は何科で受けられるの?

基本的には耳鼻咽喉科です。
あるいは眼科や内科。

症状がくしゃみ、鼻水、鼻づまりなら耳鼻咽喉科。
目の痒みが主な症状ならば眼科。
アレルギー科を設けている病院もあります。

基本的には耳鼻咽喉科でしょうね。
大抵の場合、鼻の症状がメインですからね。

ちょっと面白いのが美容皮膚科。
ボトックス注射というのがあるんです。

ボトックス注射は美容のために使いますよね?
これが実は花粉症にも効くのです。
あくまで対症療法なのですが。

注射といっても実際には注射はしません。
注射器を使って鼻の奥に直接液を垂らすだけ。
鼻の粘膜に液を浸透させるのです。

効果は数十分〜数時間から出てきます。
副交感神経の興奮を抑えるので症状が緩和されます。
持続期間は1週間〜1ヶ月半程度。

副作用も無く眠くもなりません。
ただし、保険の適応外です。
初回で11,500円。
年2回で2回目以降は9,200円程度です。

しかしこれは対症療法です。
根治を考えるならば耳鼻咽喉科に行きましょう。

まとめ

花粉症の治療はまずは花粉に暴露されないことです。
そして治療はシーズン前に行うこと。

内服薬でも注射でもシーズン前にやりましょう。
鼻の粘膜を焼く手術にしても同じこと。
1月くらいから治療を開始します。
どの療法でも効果が出るまで時間がかかりますからね。

ちなみに花粉症に関しては詳しいサイトがあります。
日本アレルギー学会の一般向けのサイトです。
こちらで専門医の検索もできますよ。
http://www.jsaweb.jp/public/index.html

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク