水疱瘡の予防接種が無料はいつから?一歳は何回受けるの?

水疱瘡の予防接種が無料になりました。
やっと、やっとですよ!
日本って本当に予防接種の後進国です。
おかげでこっちはお金かかったよ!

長男と次男は自費でしたからね。
うちは三男が二歳なので二回目だけ受けます。

しかし予防接種って面倒くさいです。
何が面倒くさいかってスケジュール。
何歳から受けるの?何回?
間ってどれだけ空けるの?

Sponsored Link

水疱瘡の予防接種が無料になるのはいつから?


平成26年の10月1日からです。

私は2歳の三男を連れて行ってきました。

こういう情報って気をつけないと入ってきませんね。
正直、息子が対象になっているの知りませんでした。
広報誌には出ていたんですが。

詳しい情報は厚生労働省のサイトが一番確実です。
ここに対象の月齢、接種回数等が全て載っています。
Q&A形式になっているので分かりやすいです。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/varicella/

水疱瘡は1歳〜9歳の子供がよくかかる病気です。
困ったことに空気感染するんですよ。

つまり感染力が半端なく強いということ。
保育園や幼稚園で結構流行ります。

ただ保育園の場合は予防接種率が結構高いです。
一度感染すると一週間は登園出来ませんからね。
そりゃ親は予防接種受けさせますよ。
一週間も仕事休むなんてかなり厳しいです。

費用が高いから受けさせない。
自然に感染するから必要ない。
この考え、危険ですよ。
日本での水疱瘡の発症は年間100万人。

その内入院するのが約4,000人。
そして死亡が20人。
実は怖い病気なんです。

Sponsored Link

水疱瘡の予防接種無料化は一歳から?

そうです一歳からです。

水疱瘡の予防接種の対象年齢は1歳〜3歳。
初回は標準が1歳〜1歳三ヶ月の間。

何でそんなに指定が細かいの?
実はこれ接種回数と間隔の為です。

実際には一回接種で重症化が防げます。
しかし軽度も含めた発症を防ぐなら二回が確実。

厚生労働省の推奨は二回です。

定期接種の期間は1歳から。
この時に一回目の接種をしたとします。
次に受けられるのは3ヶ月以上経過してから。
理想としては6ヶ月以上12ヶ月までの間です。

その間に他の予防接種が入ったり病気したり。
色々あるでしょうからこの時期に一回目をしましょう。
下手に接種対象年令をオーバーしたら大変。
3歳以降はお金かかりますからね。

ちなみに一歳から受ける定期接種は他にもあります。
MR(麻疹風疹混合ワクチン)とおたふくかぜです。
おたふくかぜは任意ですが、受けたほうがいいです。
これらは3つ同時接種可能です。

お誕生日にトリプル注射。
何て痛い誕生日プレゼント。
でも大事だから頑張れ!

水疱瘡の予防接種で無料の対象の子供は?

10月に1回目の無料接種を受けられる子は生後12ヶ月〜。
つまり今一歳の子供です。
ただし既に自費で接種済みの子は1回目が不要です。
前回の接種から3ヶ月以上経過なら二回目を受けます。

水疱瘡の罹患歴がある場合は接種不要です。
もう免疫付いていますからね。

二歳児の場合も同様です。
既に自費で一度受けているなら二回目として接種。
うちの三男がこれに該当しました。
自費で二回やっているなら当然不要ですね。

ただし、二回接種でも対象となる子がいます。
二回の接種の間隔が三ヶ月未満だった場合です。
その場合は一回接種と同様とみなされます。
二回目を定期接種で受けてください。

では三歳以降は?
今年度のみ5歳までが特例として対象となります。
具体的には平成27年3月31日まで
5歳未満(5歳になる誕生日の前日)の子供が対象です。

接種回数は一回のみです。
一回だけでも重症化は防げますので是非受けましょう。

まとめ

予防接種は自費だと本当に大変。
次男の時まではヒブや肺炎球菌も自費でした。
肺炎球菌なんて一回一万円でしたよ。
しかも四回ですよ!

ふざけんな〜!と思いながらも接種させました。

何せ当時はフルタイム勤務でしたからね。
一度病気されると一週間は仕事にならない。
予防接種代より経済的影響が大きいのです。
実際、命にもかかわりますしね。

だからこうやって定期接種が増えると嬉しいです。
スケジュール大変だけど頑張りましょう。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする