熱中症の症状に注意!子供の発熱や嘔吐には気をつけて!

真夏によく聞く言葉、熱中症。
体力のない子どもや高齢者の場合は特に注意です。

私は北海道在住です。
関係ないも〜んと思っていましたが気をつけないと。
北海道も猛暑日とかありますからね。
車の中はすぐに暑くなりますし。

しかし一口に熱中症と言っても色々あります。
大きく分けると4つあるそうです。
知りませんでした。

ではその4つとはどんなものか?
応急処置は、予防方法は?
うちも子供が小さいから知っておきませんとね。

Sponsored Link

熱中症の症状は子供の場合どんなものがあるの?

熱中症は大きく分けると4つ症状があります。

熱失神:体温は平熱。顔色が悪い、血圧低下。
熱けいれん:体温は平熱。手足が痙攣する。
熱疲労:体温は平熱。いわゆる夏バテ状態。
熱射病:体温が上がる、腎臓の機能が壊れ、尿が出なくなる。

また重症度は3つあります。

1度はめまいや立ちくらみ、こむら返り、大量発汗。
→涼しい場所に寝かせて水分補給!

2度は頭痛、倦怠感、吐き気、嘔吐、脱力など。
 →1度の対処をした後医療機関で点滴

3度は発熱、けいれん、手足が動かない、意識がないです。
 →すぐに救急車です

環境省の熱中症環境保健マニュアル
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual/full.pdf

ただ、経験上言えますが、子供は何も訴えません。
何かに夢中になると気が付かないんですよ。

下手すると小学3年生でもそうです。
だからここは保護者が気をつけましょう。

何だか顔が妙に赤くて汗をたくさんかいている。
あるいは妙に元気がなくてグッタリしている。
そんな時は木陰に誘って水分補給です。

Sponsored Link

熱中症の症状で子供が発熱した時は?

熱中症で発熱した時。
救急車を呼ぶかどうかは意識の有無で判断します。
意識がない場合は迷わず救急車です。
救急車が来るまで涼しい所で体を冷やします。

意識がない場合は水を飲ませると危険です。
体を冷やすだけにしてください。
氷嚢で首や股の付根、脇の下を冷やします。
体温は40度以下にするようにしましょう。

子供が急に元気がなくなってグッタリした。
そして高熱がある場合。
涼しい場所に連れて行って衣服を緩めて休ませます。
出来ればエアコンや扇風機のあるところが良いです。

Sponsored Link

冷たい飲み物を自分で飲ませます。
この場合はスポーツドリンクか塩を入れた水です。
自分で飲めないようならば医療機関へ連れて行きます。

自力で水分補給が出来るならそのまま安静です。
症状が収まったら家に帰して休ませます。
良くならないようならば病院へ連れて行きましょう。

熱中症の症状を子供に予防させるためには?

とにかく暑い日は直射日光の元で遊ばせないこと。
そうは行っても子供は外が好き。
帽子をかぶせて水筒をもたせましょう。

要は日に当たりすぎないこと、水分は取ること。
これを守っていればそうそう熱中症にはなりません。
室内でも暑くて風が通らなければ要注意です。

あと、真夏のイベントの時にはここをチェック
日本気象協会の熱中症情報のページです。
http://www.tenki.jp/heatstroke/

どうしても心配という人はこれを常備しては。
大塚製薬のOS-1。
http://www.os-1.jp/

経口補水液です。飲む点滴ですね。
これはあると便利です。
価格も1本200円もしません。

熱中症対策だけでなく、下痢の脱水にもいいです。
スポーツドリンクは糖分が多すぎて良くないです。

いちいち買うのもどうかな〜と思う方。
やろうと思えば自分でも作れますよ。

水1リットルに砂糖大さじ4と1/2。
それから食塩小さじ1/2。
これを混ぜるだけ。
おこのみでレモン水とか入れると美味しいです。

まとめ

熱中症で意外と怖いのが室内と車内。
天気の良い日は窓から日が入りますからね。

車内の場合も室内もカーテンなどで日を遮ります。
窓を開けて風を通す等、暑い日は工夫しましょう。

あ、あと一つ面白いものを見つけましたよ。
携帯型熱中症計。

2,000円前後で買えます。
子供は倒れるまで不調に気づきません。
これを持たせてチェックさせるといいかも。
あ、男児は無理かな。女児に持たせますか。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする