ねぶた祭り2014年の日程は?見どころや穴場を知りたい!

いいですねえ、この祭りの雰囲気。
ねぶた祭りは日本人なら一度は見てみたいものです。

この時季には世界中から観光客が集まってきます。
約300万人だそうです。

それだけ集まるならポイントを押さえておかないと。
見どころや穴場があるならそこを狙いたものです。
全日程のどの辺が一番見どころなんでしょうか?

Sponsored Link

ねぶた祭の2014年の日程はどうなっているの?

2014年は8月2日(土)〜8月7日(木)です。

8月2日(土)、3日(日)は19:10〜21:00。
こどもねぶた15台と大人ねぶた15台が運行します。

8月4日(月)〜6日(水)も19:10〜21:00。
この期間は大型ねぶた20台が運行予定。
6日はねぶた大賞他、各賞を発表します。

そして最終日、8月7日(木)。
13:00〜15:00は大型ねぶたの20台の運行。
19:15〜21:00までは受賞ねぶたの海上運行です。
花火と共に受賞ねぶたが海上を運行しフィナーレ!

観覧する場合は観覧席の券を買うことが出来ます。
10名以上の団体で買い取りの場合は4月8日。
これは人数が確定している場合の申し込みです。

団体で人数が確定していない場合。
二次募集が4月17日にあります。
6月19日まで人数変更が可能です。
当然、どちらも即効で売り切れますが。

ちなみに一人あたりのチケット料金です。
8月2日〜6日:1人あたり2,600円。
8月7日:昼のねぶたのみは2,600円。
花火もセットの場合は1人あたり6,600円です。

個人観覧席は6月中旬以降に販売予定。
販売はこちらのサイトで行います。

http://www.nebuta.or.jp/index.htm

Sponsored Link

みどころは?

[illust_bubble subhead=”夜間のねぶた運行です。” align=”right” color=”red” badge=”check” illst=”check-w1-l”]8月4日〜6日は大型ねぶた運行。
かなりの迫力です。
特に大賞を決める6日は盛り上がります。

Sponsored Link

7日のねぶた海上運行も綺麗です。
ただ近くで見られないのが残念。
それに最終日はねぶた運行が昼間になります。
[/illust_bubble]

もしも一日しか滞在できないのであれば
8月6日に夜間のねぶた運行を見ましょう。

ほかに見どころは跳人(はねと)ですね。
文字通り、跳ねる人の事。つまり踊りですね。

これは当日会場で飛び入り参加できます。
ただし、跳人としての正装をすることが条件。

衣装は買うことも出来ますが、レンタルもあります。
着付けをしてくれる店もあるとか。

この跳人をするために全国から人が集まります。
青森市は無料でキャンプ場を用意してくれます。

「ねぶたブートキャンプ」状態です。
ここから朝になると衣装を付けた跳人達が会場へ。

こんな様子を見物するのも面白いですよ。

穴場は?

ねぶた祭りは席を買わなくても見られます。
一般の場合は歩道からになりますね。

無料の席は1時間位前なら座れそうです。
あんまり早い場所取りは出来ないみたいですね。

他に飲食店の席もあります。
運行ルート近辺の飲食店は椅子を出します。
客は席料と食事込の料金を払います。
だいたい500円〜くらいです。

これは当日会場で座れる可能性高いです。
勿論、ある程度早めに動いたほうがいいですよ。

祭り以外の穴場の施設もあります。
駅近くにある「ねぶたの家ワ・ラッセ」。

こちらでは毎年大型ねぶた5台を展示しています。
すぐ近くで見る事ができますよ。

ねぶたの囃子鑑賞や跳人体験も出来ます。
オフシーズンでもねぶたを楽しめるのが魅力です。

まとめ

「トラベルはトラブル」と言います。
旅行はハプニングの連続。
お祭りは事前準備も大事です。
でも賭けてもいいです、絶対思った通りになりません。

ねぶた祭は毎年あります。
最初の年は思ったように楽しめないかもしれません。
逆に予想しなかった嬉しいハプニングもあるかも。
その辺が旅の醍醐味です。

一度とは言わず、何度でもねぶた祭りに来てください。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする