病気

病気

疥癬の感染経路は?原因は?入浴や食器で移る?

疥癬の感染経路は人から人への接触感染か、患者が使用したリネン類を介しての感染となります。通常疥癬は感染力が低いため長時間皮膚の接触がない限り問題はありません。入浴は肌が接触しない限りは大丈夫です。食器も通常通りに使用して問題ありません。
病気

ノロウイルスの検査キットって?種類は?市販はしているの?

ノロウイルスの検査キットには色々種類がありますが、市販はしていません。また医療機関によっても検査をするところ、しないところとまちまちなのが実情です。理由はノロウイルスは検査が治療上の効果に影響しないことと、検査費用が保険適応外の為です。
病気

ノロウイルスの検査で陽性になる期間は?検査の陽性率は?

ノロウイルスは感染性の強いウイルスです。そのため調理関係者や医療関係者、保育や介護の現場では休職期間を設けているところもあります。検査で陽性が出るのはどれくらいの期間なのでしょうか。また検査の陽性率はどれくらいなのでしょうか。
病気

疥癬の潜伏期間に移る?感染力は?予防方法は?

疥癬の潜伏期間は通常疥癬の場合1〜2カ月です。人に移りますが、感染力は低いです。予防としては長時間患者と皮膚の接触をしないこと、寝具やタオルを共有しないこと等です。
病気

ノロウイルスの検査方法は?検便?血液検査?当日に診断できる?

ノロウイルスの検査方法は検便が一般的です。血液検査は炎症反応などを見るためで、ノロウイルスかどうかの確定はできません。検査キットを使った検査方法は当日に結果が出るメリットがありますが、陽性でも反応が出ないこともあります。確定診断にはウイルス診断が必要となります。
病気

疥癬の初期症状は?かゆみが特徴?赤いぶつぶつも?

疥癬はヒゼンダニという0.4ミリほどの小さなダニが皮膚に寄生しておこる病気です。患者との接触、および患者が使ったシーツやタオル等を共有した場合に感染します。初期症状としては強いかゆみが左右対称に表れることです。薬があるので治療が可能です。
病気

尿検査の潜血で出るプラスマイナスとは?原因は?子供の場合は?

尿検査の結果で潜血の結果でプラスマイナスが出た場合はどうしたらよいのでしょうか?考えられる原因としては病気以外に激しい運動やビタミンCの摂取などもあります。プラスマイナスは偽陽性という意味で、必ずしも病気という訳ではありませんが、念のため再度検査を受けたほうが良いでしょう。
病気

ヒゼンダニの駆除方法は?殺虫剤は有効?消毒薬は必要?

ヒゼンダニの駆除方法は殺虫剤や消毒薬を使う、掃除機を使う、部屋を隔離する等の方法が効果的です。ヒゼンダニは高熱や乾燥が一番の苦手で、人の肌から離れると動きが鈍くなります。他に衣類やリネン類を50度以上のお湯に10分以上漬ける、乾燥機を使って洗濯物を乾かす等があります。
病気

胃カメラ検査は口と鼻どっちが楽?痛いと感じないコツはある?

胃カメラ検査には口から入れるタイプと鼻から入れるタイプがあります。麻酔(鎮痛剤)をすれば楽なのですが、それが無い場合はどっちが楽なのでしょうか?痛いのは口と鼻とどっち?楽に検査を受けるためのコツは?
病気

尿検査の前日にアルコールがNGな理由は?食事の注意は?

尿検査などの健康診断を受ける前日はアルコールを控えるのが一般的です。理由はアルコールが一度体内に入ると完全に排出されるまでに長い場合は半日ほどの時間がかかり、検査の数値に影響が出てしまうからです。食事の注意としては検診前の夜からの絶食が必要とあります。