名古屋ウィメンズ野口みずき3位!世界選手権は?優勝木崎良子は内定

名古屋ウィメンズマラソンで、野口みずきが3位!
優勝は木崎良子。ロンドン五輪代表でもあり、
初優勝で世界選手権の内定が決まりました。
日本代表選考会を兼ねていて、残り3枠の世界選手権代表に
野口みずきは入れる?
有力候補を調べてみました。

名古屋ドームからスタートする名古屋ウィメンズマラソン。
アテネ五輪の金メダリストの完全復活を期待されていたんですが、
35キロ付近から、木崎良子とディババに遅れてしまい、
3位と思いと裏腹に気合が空回りする結果になりました。

タイムは2時間24分5秒。

モスクワでの世界選手権の内定基準は
2時間23分台。

あと僅か数秒でしたが届かず。

野口みずき 画像

それでもかなり有力であることは間違いないです。

理由は、日本人では2番目のタイム。
また、他のコースと違って起伏が激しいのが
特徴の名古屋ウィメンズはそれほと好タイムが
出にくいです。

Sponsored Link
[adsense]

野口みずきはレース展開でかなり積極的でも
あったので、それらを総合的に判断すると
有力候補の一人になります。

木崎良子 画像

同じコースを走った木崎良子は
2時間23分34秒で日本人1位で総合1位。
文句なしなんですが。

その他の選手としては、
大阪国際女子マラソンを走って2位だった、
福士加代子ですね。

日本人の中では、1位のタイムで2時間24分21秒。

東京国際女子マラソンで2位だった那須川瑞穂。
やっぱり、日本人では1位でタイムは2時間26分42秒。

タイム的にも野口みずきは木崎良子の次に速いですから。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130310-00000009-mai-spo

毎日新聞によると、代表の座は確実との事です。

ちなみに名古屋ウィメンズで野口みずきに勝った
木崎良子は、以前は後半でついていけずに
悔しい思いをしたんですね。

過去2回のマラソンはいずれも30キロ過ぎに失速して6、5位と敗れた。「今回負けたら、もうマラソンは走らない」。引退も覚悟して臨んだ一戦。尾崎に一度離された場面では「もう駄目だ」とあきらめかけた。それでも箱根駅伝のランナーだった父和夫さんや、家族への思いが体を動かした。「父は大きい大会に出られなかった。だから自分がロンドンに連れて行ってあげたかった」。
(一部抜粋)
http://www.daily.co.jp/general/2011/11/21/0004632295.shtml

この執念でロンドン五輪の切符を掴んだそうです。
実は、公務員の彼氏がいて競技をやめるまで
結婚を待ってくれているんだとか。

このぐらいの覚悟がないと、結果はでないのかも
しれませんね。

一方、野口みずきは北京オリンピックを故障で欠場して以来
怪我に泣き、思うような結果が出ていないんですね。

それでも去年の名古屋ウィメンズでは2時間25分33秒で
6位ですから、今年の結果はかなり良かったんじゃないでしょうか。

ゆっくりと確実に復活してきているような印象を受けます。
ここまでくるのに、相当の努力をしたでしょうし、
物凄い粘り強い執念を感じますね。

野口みずきが世界選手権に出て、また凄い記録を
出してくれることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする