ミリアム・マケバのパタパタ(Patapata)って?動画は?

ミリアム・マケバのバタバタの動画です。
大ヒットしたパタパタって何?
ミリアム・マケバってどんな人だったの?

2013年の3月4日が生誕81年ということで
グーグルのホリデーロゴになって注目されています。

miriamumakeba

ミリアム・マケバは南アフリカ共和国の
ヨハネスブルグ出身の歌手。
アパルトヘイトの反対活動で国外追放されながらも
グラミー賞を受賞した歌手です。

元々は、白人家庭で家政婦をしていた主婦。
子供もいました。

注目されたのは、映画で3分ほど歌った2曲の出演。
これが評判になり、スカウトされました。

1956年に発表されたパタパタは当時アフリカ全土で
流行り一躍時の人にになったんです。

南部アフリカで特徴的な、舌を鳴らすクリックが
入っています。
打楽器の音のようにも聞こえます。

ジャズとアフリカの伝統音楽を合わせたもので
日本ではフォークダンスで一時期使われていた事も。

ただ有名になりすぎて、当時の南アフリカの白人政権では、
危険人物とみなされたようですね。
市民権や旅券を奪って、国外に追放されたようです。

Sponsored Link
[adsense]

ミリアム・マケバが活動家になったのは
ストークリー・カーマイケルと結婚したことが
影響してるようです。

黒人人権の運動家だそうで、その後も3人と結婚、
離婚をしています。
活動家とされたことから、芸能界からも干されてしまいます。

それでも欧米やアメリカ、ギニアに拠点を移して
反アパルトヘイト運動と音楽活動を続けています。

1990年にアパルトヘイト体制が崩壊して
31年ぶりに帰国を許されたそうです。

2008年に、イタリアのコンサートで倒れ
そのまま帰らぬ人となりました。
心臓発作だったようです。

miriamumakeba1

彼女の歌が解放運動の象徴となっていますが、
世界中に圧政下の声を届けたことが理由になります。

地元の人々に愛されていて、貧しい中から
アフリカの歌姫となった理想の存在のようです。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする