鉄拳のパラパラ漫画・振り子完全版!ストーリーが感動!弱い虫他動画

鉄拳のパラパラ漫画がマジに感動です。
ベタなストーリーですが、これを見て、
心が揺れ動かない人はいないんじゃないの?
ってぐらいの完成度があります。
泣けて切ない物語の「振り子」完全版動画と
弱い虫・絆や新作などの紹介です。


パラパラ漫画を使って、これほどの世界観を表現できるって
凄すぎです。

振り子は、時計の針が左右に揺れ動きながら、
男女が出会って、そして死ぬまでの
一生とその2人の夫婦愛を物語風に描いたものです。

ありがちな設定、しかも昭和の匂いがかなり漂うんですが、
振り子を使ってのリズムある時の刻みを、斬新な構図で
うまくマッチさせているんですよね。

アイデアが凄いっていう人もいたけど、
これはもう、そんな小手先レベルじゃなくて、
もう、センスのかたまりを感じますね〜。
見終わった後、感嘆してしまいます。

ただ、初めて見るとちょっと早いために
途中から理解できなくなります。

鉄拳の振り子完全版のストーリーはこうです。

  • 硬派な男が、不良に絡まれた女を助ける。
  • 一目惚れするが、男は軽くあしらう。
  • 女は何度かモーションをかけて、そして付き合う。
  • 結婚し、店を構える。子供もできる。
  • 突然、店の資金繰りがうまくいかなくなる。
  • 店はたたみ、娘は出て行き、男は自堕落な生活に。
  • 妻は病に。
  • その時、男は大切なのは妻だと悟る。
  • ウエディングドレスを結婚式で着せやれなかった過去があり、
    ベールを妻に渡そうとして亡くなる。
  • 残された妻を見守りながら、振り子を止めて
    なんとか寿命を止めようとする。
  • 妻のいいよに男はようやく納得して、そして妻も亡くなる。
  • 男が天国に連れて行く時に、ようやくウエディングドレスを
    女に着せてやる事ができる。

若い時に、お金がなく、またお店を出すために結婚を諦めた。
ウエディングのベールは、給料袋からお金を出して買っている。

そして、帰る途中でコケたようにみえますが、
過労で妻よりも先に死んだ。
実は、女よりも先に男が亡くなっているんですね。
だから、男は若いままで妻だけが老いていくんですね。

この振り子がYouTubeに出まわって頃は、音声がなかったために
独自に音をつけていた動画がいっぱいあったんですが、
イギリスのロックバンド・MUSE(ミューズ)の公式ビデオクリップに
使われるようになったんですね。

完全版のバックで流れている曲です。
その音楽著作権に引っかかるためか、無音声になってしまったという
経緯があります。

また、ミューズは新曲のPVにも再度使用して
そのパラパラもちょっと凄いんですよ。

外人が主役なので、どことなく違和感を感じますが、
振り子とはまた違った世界観です。

Sponsored Link
[adsense]

パラパラとミュージシャンのPVってのがちょっと
流行りになっていて、最近よく見かけるんですよね〜。

鉄拳はお笑い芸人ですが、クリップを出してめくりながら
ボケたり、突っ込んだりする芸風なんです。

鉄拳  画像
その時の絵を自分で書いていたんですが、
結構ネタはシュールなやつが多いんですよね。

振り子は波瀾万丈でも、一応最後は悲しいハッピーエンドですが
他のパラパラは、もっと人間の感情や欲望をえぐりだした作品で
共感を感じるも、賛否両論かもしれませんね。

弱い虫は特にそんな感じがあります。

鉄拳のパラパラ漫画で特に凄いと感じるのは
幾つもの伏線が最後に一つに繋がっていくと
いうところ。
また、話の展開もカメラアングルを変えながら、
メリハリをつけていて、見せ方の演出にも
こだわっているんですよね。

情熱大陸で見たんですが、これを近所の文房具屋で
売っているサインペンとコピー用紙で、
下書きなしの一発で、しかも一人で描き上げているそうです。

前に描いたものに上からかぶせて、透けて見えるのを
頼りに、少しずつずらしていくそうです。

頭の中に作品の完成イメージが出来上がっているんでしょうね。

ただ、本業?のお笑いは今は週に1回程度の仕事。
めったに人前にでることもなくなってしまったそうです。
パラパラ漫画で売れてしまうってのも、ちょっと皮肉ですけど
新作は全部見たみたいですね。

最後に震災後に作られたスキっと心が洗われる
パラパラ漫画「ツナガル」を紹介します。


最後に福島で繋がるんですよね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする