血液型は出生時には分からない?検査料金と病院で調べる方法は?

長男を産んだ時に初めて知ったのが「血液型は出生時には分からない」ということ。では、いつ分かるのかというと4歳以降とのこと。正確に知りたいのならば小学校に入学する頃に調べるのが良いとのことでした。しかし何故出生時には血液型が分からないのでしょうか?調べるとしたら検査費用は?病院で調べる方法は?

スポンサーリンク

血液型はそもそもどうやって決まるの?

人間の血液にある赤血球の表面には抗原というものがあります。A型の人はA抗原を赤血球の表面に持っています。B型はB抗原、AB型は両方を持っていて、O型はどちらも持っていません。

この抗原に反応するものが抗体と呼ばれ、血漿に含まれています。A型の人はB抗体、B型の人はA抗体、AB型はどちらも無く、O型はどちらも持っています。

ここで注意していただきたいのが、赤ちゃんの時に調べた血液型はあてにならないということです。実は産院では生まれた赤ちゃんの血液を調べないところも多いのです。理由は先ほど説明した抗原と抗体にあります。赤ちゃんの赤血球にあるA抗原やB抗原が判明するまでには1年ほどかかり、血漿内の抗体が確定するのはさらに数年かかります。結果的に血液型が正確に分かる時期は生後4年以降と言われています。

赤ちゃんが産まれると出生時に先天性代謝異常などの病気を調べるために踵に針を刺して血液をとります。しかしこれで分かるのは先天疾患の有無のみで、血液型を調べるわけではないのです。

Sponsored Link

血液型を検査する料金はどれくらい?

血液型検査は内科で行うことができます。ただし自由診療となりますので保険の適応とはなりません。価格は1,000〜3,000円程度です。クリニックによって価格が異なりますので、気になる場合は事前に問い合わせておきましょう。

最近は痛み無しで血液型を調べることができるキットがネット通販されています。価格は15,000円以上と少し高めですが、自宅にいながら検査を受けることが可能です。方法は口の中にキットの中にある専用綿棒をこすりつけてポストに投函するだけで、1週間程度で検査結果が送られてきます。この検査では血液ではなく遺伝子を調べるため、従来では調べられなかった乳幼児の場合でも正確な血液型を調べることができます。

・キットの場合
メリット:赤ちゃんでも調べられる、自宅でできる、痛みが無い
デメリット:価格が高い

・内科で調べる
メリット:価格が安い
デメリット:痛みがある、受診する手間がある、4歳以上でないと正確に分からない

海外では自分の血液型を知らない人は多く、輸血などの場合以外には必要と思われていないようです。将来的に献血をしたり病院にかかったりすれば自然と分かりますので、お子さんに痛い思いをさせたりお金をかけたりしてまで無理に調べる必要性は無いのでは、という意見も多いようです。

血液型を調べるための検査方法は?

血液型を調べる検査方法は「ABO式血液型検査」と呼ばれています。

血液型を調べるには、まず青い試薬(抗A)と黄色い試薬(抗B)を用意します。そこに調べたい人の血液を垂らして凝固するかどうかで血液型を判断します。

1)両方とも凝固した→AB型
2)両方とも凝固しない→O型
3)青だけ凝固→A型
4)黄だけ凝固→B型

ちなみに血液型検査は赤血球を調べる表検査と血漿を調べる裏検査の二種類行います。

他に血液型にはRh血液型というものもあります。これは赤血球にあるアカゲザルと共通の抗原があるか無いかで判断する血液型です。実際にはRh抗原にも種類が多くありますが、一般的にRh陽性や陰性と表現される場合の抗原はD型です。

まとめ

血液型はABO式血液型とRh血液型が最もよく知られていますが、実際にはかなり複雑です。ABO式血液型でよく親の血液型から子供の血液型が推測できると言われていますが、染色体上にAとBの遺伝子が乗ってしまうケースもあり(シスAB)、この場合はAB型からO型が生まれたり、逆にO型からAB型が生まれたりすることもあります。

あまり血液型を過信しないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする