タンパク尿の原因は?腎臓疾患の病気?陽性の理由とは?

タンパク尿の原因となる病気は腎臓や尿路関係の疾患です。腎臓は尿の中のタンパク質をろ過する働きを持っており、濾しとったタンパク質は体に再度吸収されます。つまり尿の中にタンパク質が出るという事は、腎臓関係に何らかの異常が出ているという事です。では、タンパク尿の原因となる疾患にはどのようなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそもタンパク尿とは?

タンパク尿とは尿にタンパク質が出ている状態を言います。

腎臓の中にはネフロンという構造が集まってできています。ネフロンは腎糸球体とそこから続く尿細管で構成されています。腎臓の表面の皮質部分に腎糸球体があり、皮質と髄質の双方を尿細管が伸びています。

腎糸球体に入った血液は、まずここで濾しとられます。ここで膜を通過するのは水分、ナトリウム、糖分、尿素、アミノ酸などを含んだもので原尿と呼ばれます。原尿は腎糸球体を包むボーマン嚢に出て尿細管を流れます。この尿細管で原尿は再びろ過され、99%をリサイクルしています。

タンパク質は通常糸球体を通過することはなく、出たとしてもごくわずかです。そのため陽性が出るという事は、腎臓関係に何らかの異常があるサイン。再度検査を受ける必要があります。またタンパク尿は排尿後に長時間泡が消えないという特徴もあります。

Sponsored Link

タンパク尿の原因となる病気は?

1)糸球体腎炎
糸球体が炎症を起こしている病気の総称です。腎臓病の中で最も多く、原因はIgA腎症など免疫系のトラブルが原因ともいわれています。しかし直接的な原因はハッキリとは分っていません。

2)ネフローゼ症候群
尿に沢山のタンパク質が出て血液にタンパク質が不足し、むくみなどが起こる症状です。腎臓の疾患や全身性疾患が原因です。

3)腎硬化症
高血圧の為に腎臓の糸球体が動脈硬化を起こし、腎臓のろ過機能が落ちる病気です。他の内臓にも動脈硬化が見られることが多いため、治療には血圧のコントロールが必要です。

4)糖尿病性腎症
糖尿病の合併症で全身に動脈硬化が起こり、腎臓のろ過機能が衰えます。高血圧も伴う事が多いため、血糖値及び血圧のコントロールが必要です。

5)尿路感染症
腎臓、尿管、膀胱、尿道のいずれかに細菌感染を起こしている状態です。治療には抗菌薬が有効です。

6)尿路結石
尿路に結石ができる病気で、強い痛みを伴います。原因は偏った食事やビタミンCの過剰摂取などがあります。

7)膀胱炎
膀胱に細菌が感染し炎症を起こしている状態です。排尿時の痛みや不快感、発熱などの症状があります。

腎臓や尿路関係以外の疾患で陽性が出る原因とは?

尿検査でタンパク尿が出たからと言って、必ずしも病気とは限りません。生理的タンパク尿と言って、生理的な理由で一時的に尿タンパクが出ることもあります。原因としては発熱後、激しい運動の後、たんぱく質の過剰摂取、入浴後、妊娠中、生理前、ストレス、起立性タンパク尿(立ち続けることで腎動脈が圧迫されて起こる)等があります。

尿検査を受ける際はこれらの状況を避けて受けるようにしましょう。また再検査は必ず数日開けて体調が戻ってから受けてみましょう。再検査で陰性が出た場合は生理的タンパク尿と考えられます。しかし再検査の場合でも陽性の結果が出た場合は何らかの疾患が隠れている可能性があります。

妊娠中のタンパク尿は妊娠中毒症などのトラブルが考えられるため、注意が必要です。

まとめ

尿検査でタンパク尿が陽性となることは、それほど珍しいことではありません。結果が陽性だからと言って悲観せず、日を改めてまた検査を受けるようにしましょう。その一方で最近は腎不全を発症する患者が若年化する傾向があるため、日ごろからバランスの良い食事、十分な睡眠をとる、適度な運動をするなど体調管理に注意するようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする