本みりんとみりん風調味料の違いと使い分けは?アルコール分はある?

スーパーに行くとみりんが並んでいるコーナーに「本みりん」と「みりん風調味料」が並んでいます。見た目も似ているし、いったいどう違うのでしょう?それとも同じものなのでしょうか?違うものであるならば料理に使う場合、どう使い分けるのでしょうか。それに本みりんはアルコール分がありますが、みりん風調味料の場合はどうなのでしょうか。

スポンサーリンク

本みりんとみりん風調味料の違いは何?

スーパーでは本みりんとみりん風調味料が並べて売られているため、これらは種類が違うタイプの同じ調味料だと誤解されがちです。しかし、これらは違うものです。

本みりんは本来お酒であり、アルコール度数がみりん風調味料と違い約14%もあります。みりん風調味料の場合は1%未満です。

材料も本みりんがもち米、米麹、醸造用アルコール、糖類など酒税法で定められた原料のみ使われており、これらを用いて糖化熟成して作られています。塩味はありません。

みりん風調味料の材料は糖類、米、米麹、酸味料や調味料をブレンドして作られます。塩分も1%未満ですが含まれています。

他に「みりんタイプ調味料」という更にややこしいものも出ています。こちらは醸造された調味料のためアルコール度数が10度未満ありますが、酒税対象外とするために塩を加えて酒として飲めないようにされています。

このように、本みりんとみりん風調味料、みりんタイプ調味料はそれぞれ違うものであるため、料理に使う場合は各自の特性を知って使い分ける必要があります。

Sponsored Link

本みりんとみりん風調味料の使い分けの方法は?

結論から言うと、料理に使って一番美味しいのは本みりんです。

本みりんは砂糖のようにベタッとした甘さではなく、ブドウ糖やオリゴ糖など様々なタイプの糖が含まれているため、まろやかな甘みがあります。また、てりや艶を出す効果もあります。本みりんに含まれる糖分とアルコールは煮崩れを防ぎ、他の成分とともに旨味やコクが加わります。他にアルコールには臭みを消す消臭効果もあります。そのため、本みりんを煮物に使うと美味しく仕上がるのです。

ただし、加熱しない料理、例えば和物やマリネ等の料理に使う場合は一度みりんを加熱して煮切り、アルコール分を飛ばす必要があります。

みりん風調味料の場合、アルコールが無いため煮切る必要はありません。ただしみりん風調味料はアルコールが含まれていないため、臭みを消す効果や煮崩れを防ぐ効果はありません。

またみりん風調味料やみりんタイプ調味料は塩分を含むため、味付けの際にはその点を考慮して調整する必要があります。

本みりんとみりん風調味料それぞれに向いている料理は?

本みりんは基本的にどんな和食でも使えますが、特に向いているのが肉や魚を使った料理です。具体的にはブリの照り焼き、秋刀魚の蒲焼、金目鯛の煮付け、肉じゃが等の魚や肉を加熱調理する場合。臭みを消すのと煮崩れ防止効果、それにテリや艶も出ます。

みりん風調味料を使うのに向いているのはマリネ液などです。火を使わずに済む上に、みりんのように味付けに使えます。

ちなみに、みりん風調味料を煮物などの料理に使っても全く問題はありません。ただ、使う場合には入れる順番に注意して下さい。

本みりんの場合、肉や魚の臭みを消す効果も狙って砂糖の前に使います。みりん風調味料を使う場合はアルコールを飛ばす必要が無いため、最後に入れます。逆に最初に入れると、せっかくのみりん風の味わいが分かりづらくなってしまうそうです。

まとめ

本みりんとみりん風調味料、実際には違うのですね。特に入れる順番が違うのは知りませんでした。よく和食の味付けで「さしすせそ」と言いますが、あれは砂糖、塩、酢、せうゆ(醤油)、味噌の順番だそうです。本みりんは砂糖の前、みりん風調味料は一通り調味料を入れた後、と覚えておきましょう。今後はもっと意識して使い分けてみようと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする