草なぎ剛がヒザ打ち導師で猿マネの侮辱!【動画】韓国でも非難殺到!

草なぎ剛が韓国テレビ「膝打ち導師」で屈辱!

日本人を馬鹿にする「猿真似」を、目の前でされ
さすがに韓国内でもこの膝打ち導師という番組や、
猿マネした芸人に非難が出てるという。

事が起きたのは、13年2月7日放送のMBCの韓国バライティー。
お笑い芸人ユ・セユンが、ゲストの草なぎ剛の前まで来て、
ゴリラのようにおどけたんです。

↑これ、マントヒヒの真似みたいです。
原文だと犬鼻猿。
日本人からすると、猿マネ風にしか見えないのですが、
番組の韓国人レギュラーやスタジオは爆笑。

それもそのはず、韓国では
日本人を卑下するときにする行為らしい。

膝打ち導師 猿マネ 画像

え、なんなん?これ?

って感じですが、以前にもサッカー選手のキ・ソンヨンが
サッカーアジア杯準決勝の日韓戦で見せてるらしい。

「日本の人々へ向けたものではない。セルティックでも敵のサポーターからサル呼ばわりされた。そういった人種差別主義者たちに抗議の意味を込めたもの」(一部抜粋)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110212/kor11021212010001-n3.htm

が、当初は旭日旗があって、それを見つけた時、思わずカッとなって、
猿セレモニーが出たと話しています。

結局、日本でも韓国でもいや、世界各国で批判が殺到して
しまい、うやむやになってしまいました。

ただ、今回草なぎ剛には非がまるでありません。
いきなり出てきて、ギャグとはいえ失礼すぎるでしょう。

それでも神対応ですね。
意味もわからなかったのもあるのかもしれませんが、
ビートたけしの「コマネチ」のモノマネをして応酬。

Sponsored Link
[adsense]

紳士的な対応で、逆に韓国内での非難が出てるそうです。

  • 国際的な恥さらしだ
  • 電波がもったいない
  • 侮辱するのが目的なら招待するな
  • チョナンカンが韓国を嫌いになっても何も言えない

ここまで韓国内で同情されるのも、草なぎ剛が
チョナン・カンとしてデビューしている有名人だから。

韓国語もペラペラだし、日本人に韓国の良さを紹介したりと
それなりに向こうでも評価が高いみたいですね。

スキャンダルで無礼すぎる史上最悪な番組だと
ニュース番組でも報道されたそうです。

ただ、膝打ち導師は番組自体がそもそもそんなコンセプト。
日本人だからではなく、誰に対しても過激な対応をするのが
ウケてるようですね。

ところで、ユ・セユンって誰?
気になったので、画像も探してみました。

ユ・セユン 画像

1980年9月12日生まれの32才。
東亜放送大学の放送劇作科出身で
KBS芸術大賞やMBC放送芸能大賞の新人賞を取ってます。

この人、調べてみるとうつ病だったこともあるそうで
反日って今回の事件で騒がれていますが、
叩かれてまた、病気になってしまうかもしれませんね。

番組でも、猿マネは台本通りの演出だったことも判明。
韓国でこれほどの大事になるとは思ってもいなかったんでしょう。

日本じゃ、

  • 怒ってないというより、そういう番組があったことを普通の日本人は知らないしそれにその番組は日本で放送してないから。
  • ファンが怒ってるのかね?そもそもこの話題、2ch以外できいたことなかったけど
  • 草?のファンでも「うわぁ・・(;´Д`)」って思うぐらいだろ。

と結構冷静な感じです。

韓国のほうが、特段意識してるみたい。
自国愛が強いって聞いたから結構擁護する人も
いるのかと思ったんですが・・・

多分、相手が草なぎ剛ってところが問題だったんでしょうね。
それだけ、韓国内でも愛されて認められている芸能人なんでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする