多動性障害って何?幼児期の症状と対応は?チェック方法は?

「うちの子って多動性障害じゃ・・・」と思ったこと、男児のお母さんならよくあることではないでしょうか。ADHD(注意欠陥・多動性障害)に関しては知名度も高まってきたために心配に思うお母さんも多いと思います。

では、具体的に多動性障害って何?と言われると、そういえばよく知らなかったりするんですよね。

不安になった場合のために具体的な症状や対応、チェック方法などをご紹介します。

スポンサーリンク

多動性障害って何?幼児期はどんな症状があるの?

文部科学省の定義によると「ADHDとは、年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力、及び/又は衝動性、多動性を特徴とする行動の障害で、社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。
 また、7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。」ものと表記されています。

分りやすく言うと、

1)不注意:集中力が続かない、気が散りやすい、忘れっぽい

2)多動性:じっとしていられない、落ち着きがない

3)衝動性:思いついたら即行動に移してしまう

おもなグループ分けをすると

1)不注意がメインのタイプ:忘れ物が多い、ボーっとしているなど不注意が多くみられる。女児に多い。目立たないので気づかれにくい

2)多動性、衝動性がメインのタイプ:衝動性が強く、乱暴な子、反抗的と見られやすい。男児に多い。

3)混合型:不注意、多動、衝動性が混在しているタイプ。

では当てはまる場合、どう対応すれば良いのでしょうか。

Sponsored Link

多動性障害の対応はどうしたらいい?チェック方法は?

最初に気を付けていただきたいことは、対応するには専門家の助けが必要である、ということです。よく親のしつけが悪い、等という言葉がありますが、ADHDは本人の責任でもなければお母さんのせいでもありません。

厳しく躾けても効果はありません。専門家の助けを必ず借りるようにしてください。一人で悩まないでください。

お子さんがADHAである場合は、幼稚園や保育園、小学校で少なからずトラブルを起こすことが多いです。その場合は一人で悩まずにまず、保健センター、子育て支援センター、児童発達支援事業所、発達障害者支援センター等に相談してみてください。

インターネットで検索すればチェック項目が出てくるサイトもあります。
http://adhd.co.jp/kodomo/
ただし、あくまでもこれは診断のためのメモとしてのチェック項目であり、これで診断がつくわけではありません。

一番の早道は、子育て支援センター等で相談することです。自力で診断もできませんし、病院探しは本当に大変です。

大人にも多動性障害があるって本当?

これは本当です。ただし、大人がADHDの診断を受けるのは本当に大変です。なぜなら

1)病院自体が少ない(殆どが小児対応)

2)精神科、心療内科は予約が一杯。予約入れられても1か月以上先

3)ADHDの診断の目安は結構あいまい。もちろん基準はありますが(DSM―IV 精神疾患の分類と診断の手引き)

http://homepage3.nifty.com/asakuratown/tekuteku/adhd/dsm-4.htm

でも自己判断というのは結構あいまいなもので、診断にはあなたの過去を把握している親の協力が不可欠です。逆に言うと、身内の協力が無いと診断は難しいのです。血液検査みたいに数値で測れるものではないので・・・。

またもう一つの問題は「あなたが診断を受けることでメリットがあるのか?」ということですね。

「障害」というのは、あなたの特性が社会とマッチするかどうか、特に大人の場合は仕事がうまくいくかどうかで違います。

診断を受けるか受けないか、どちらによりメリットが大きいか考えて行動してみましょう。気になる方は発達障害者支援センターで相談してみましょう。

まとめ

多動性障害は脳の構造の問題なので、それを作り変えることはできません。診断を受け、治療を受けることで家族や周囲と良好なコミュニケーションが取れるようになるのならそれが診断の成功例です。

幼児の場合、小さいころから周囲が受け入れて特性に合わせて育てられるよう、専門家のサポートを受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする