新盆見舞いの時期は?服装や金額はどうしたらいい?

夏はお盆の時期です。地域により7月に行うところもありますが、大部分は8/13〜16日が多いようです。

亡くなった方が初めて迎えるのが新盆で初盆とも言われています。新盆には新盆法要を行い、親族や故人と親しかった人が招待されて伺います。

私の家と夫の家は浄土真宗なので正直どうなるのか?と迷いましたが、浄土真宗は迎え火・送り火・精霊棚の飾りつけはしないですが、新盆見舞いなどは地域によって異なるようです。

スポンサーリンク

新盆見舞いとは?行くのはいつ頃?

新盆(初盆)は故人が初めて迎えるお盆で、親族やお坊さんを迎えて新盆法要を行います。その際に持参するのが新盆見舞です。

ただし、いくつか注意点があります。
1) 四十九日法要が営まれているかどうか
四十九日以内にお盆がくる場合、新盆は来年。仏教では四十九日が終わって仏さまになるとされているためだそうです。

2)地域によりお盆の時期が違う。:1)7月のお盆、2)旧暦のお盆(旧盆)、3)8月のお盆(月遅れのお盆)、4)その他とあるそうです。

具体的には

1)7月13日〜15日の地域
函館(北海道は殆ど、3)。函館だけ冠婚葬祭やその他の風習が全然違う)、東京都(一部地域を除く)、南関東の都市部、静岡旧市街地、金沢旧市街地等

2)8月20日前後(旧盆)
沖縄県、南西諸島の一部(奄美とか)

3)8月13日〜15日(月遅れの盆)
日本の殆ど(約7割)、 南関東(一部地域を除く)、西日本、北関東以北

お盆と言っても、こんなに違うんですね。

Sponsored Link

新盆見舞いに出すお金の金額は?

新盆見舞いの場合、お金を贈る場合、品物を贈る場合、お金と品物を両方贈る場合があります。これは地域により違いがありますので確認しておいた方が良いでしょう。

新盆見舞いの挨拶は?のし袋やお札の入れ方は?

参加者が新盆法要とその後の会食にも出るほど関係の深い立場の場合はお金を包むようです。一般的には香典量の半額問いも言われますが、1万くらいが相場ともいわれています。親族なら2万という地域もあるようです。

親族以外の場合は5千円〜1万円程度と言われています。多すぎるとかえって相手を恐縮させてしまうので、これくらいの金額が相場です。

品物を贈る場合は丸い果物(具体的にはスイカやメロン、桃等が多いようです)か、故人が好きだったものを贈ります。その場合金額的には3000円〜5000円程度のものを目安としましょう。

お線香やロウソクといったものも新盆見舞いとしてはあるのですが、大抵の場合はその家で用意しています。故人が好きだったものなどが一番無難ではないでしょうか。

新盆見舞いの服装は?喪服でOK?

基本的には葬儀と同じで喪服とされています。ただし、この場合も身内だけで行う場合は白や黒が基調の簡素な服装で、という場合もあるようです。何せ真夏ですから暑いですよね。

例えば男性の場合は襟の付いた白いシャツ、女性なら黒のワンピース、等のモノトーンの服装で良い場合もあります。

いくら簡素な服装と言ってもTシャツはアウトですからご注意を。

ただし、この場合も地域によって違うため事前に確認をとっておいたほうが良いでしょう。

冠婚葬祭に関するマナーはあくまで一般論です。お盆に関しては、宗派だけでなく地域による違いが大きいため、新盆を迎える方の宗派やその家の都合なども考慮する必要があります。

「自分のところはこうなんだけど、そちらではどうなのか」と思い切って聞いてみるのも良いかもしれません。

まとめ

私の住む北海道では万事が簡素です。それに私の場合、家が浄土真宗なので他の宗派と葬儀に関するやり方が違うようです。新盆の時にはしきたりが分らず焦りました・・・。

女性の場合は特に嫁ぎ先と実家で習慣が全く違って戸惑うことも多いと思います。でも知らないことは恥ではありません。こういう時は周囲に確認をとっておけば良いだけの事。慌てず、心をこめてお見舞いできればよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする