アマガエルの飼育方法は?エサは虫がいい?毒があるって本当?

我が家の息子たちは本当〜〜に生き物が好きです。特に三男!今年はカエルが彼のブームらしく、「かえる かいたい」とつぶやきながら毎朝爬虫類図鑑をガン見した状態のまま保育園に連れていかれています。

仕方ないので雨上がりの山に行き捕獲してきました。緑色の小さいカエル、アマガエルです。

しかし飼育方法はどうしたものか?エサはやっぱり、虫なんですよね・・・。

スポンサーリンク

アマガエルの飼い方は?用意するものは?

カエルは生活の違いによって4つのタイプに分けられます。

1)樹上棲(アマガエル、アオガエル等):樹の上で過ごすタイプ。

2)地上棲(ヒキガエル、ツノガエル):水に入らず、ほとんど地上で過ごす

3)半水棲(アカガエル、スズガエル):水中に多くいるが、地上でも過ごす

4)水棲(ピパ、ツメガエル):水中で生活する

アマガエルは1)の樹上棲なので、飼育には植物や木の枝など、立体的に活動できるものを入れると良いです。

用意するもの:

●飼育ケース(できれば背の高いものがいいが、無ければ普通の飼育ケースでも可)
●木の枝、植物(登る、湿気の維持、隠れ家になる)
●水の入った小さい入れ物(水浴び用)を入れると良いです。

カエルは乾燥すると死んでしまうので、毎日霧吹きで1〜2回湿り気を与えると元気に過ごします。アマガエルは日向ぼっこも好きです。ただし、直射日光はNG。風通しの良い明るい場所に置いておく程度で大丈夫です。

Sponsored Link

アマガエルのエサは?虫じゃなくちゃダメ?

残念ながら、虫は避けて通れません。練り餌を棒の先に付けて目の前で揺らせて食べさせる方法もあるそうですが、栄養が偏るので虫は必要です。ペットショップでコオロギを買う、釣具屋でミルワームを買う等もできますが、お金かかりますしね。

一番簡単なのは庭や公園で芋虫、クモ、バッタなどを捕まえて与えることです。これらは両生類・爬虫類の餌ベスト3です。他にハエ、小さい蛾、ダンゴムシ、ナメクジ、ミミズ等を与えてみましょう。肉食の両生類、爬虫類に共通することですが基本は「口に入るサイズで柔らかくて動くもの」なら何でもです。

そういう意味でダンゴムシは食べないこともあります。個体差も大きいので、色々与えて好みのエサを見つけてみてください。虫は色々とバラエティに富んだものを与えたほうが元気に長生きします。ただ10年以上生きますので、覚悟してください。虫が苦手な場合、飼育は諦めて逃がしてあげたほうがいいです。

アマガエルには毒があるって本当?対処法は?

アマガエルは体表から毒を分泌しています。
私も子供たちも素手で触ってかぶれたことはありません。

それでもアマガエルを触った手で傷口に触ったり目や口に触れたりするのは止めたほうが良いでしょう。目を触ると失明の危険があるという説もあるようです。肌が弱い人がかぶれることも考えられます。生き物を触った後は石鹸で手を洗うというのが基本ですね。

他にもう一つカエルを素手で触らないほうが良い理由があります。
それは両生類の皮膚が非常にデリケートであるということです。また人間は体温が高いですがカエルはもっと体温が低いため、あんまり手で触るとカエルが暑さで弱ってしまうのです。

カエルは寒いのが苦手と思っている方が多いですが、暑いのも苦手です。水温が上がるとカエルが弱るので、湿気管理と温度管理は気を付けましょう。厳密にやらなくても直射日光の当たらない涼しい場所で大丈夫です。

まとめ

我が家ではガレージの端っこに飼育ケースを置いています。直射日光が当たらない程度の明るい場所で、カエルちゃんはいつも日がさす方の枝に上って外を見ています。日向ぼっこが好きなようです。

そういえば山で見つけるときはいつも草の葉の上などにいました。カエルは冬眠させなくても飼育できますが、温度管理とエサが大変なので夏が終わる前に逃がそうと思っています。

どうせまた来年子供たちが捕まえてきますしね・・・。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする