エゾサンショウウオの飼育は?幼生のエサはどうする?

先日、三男が夫との登山帰りにオタマジャクシを捕まえてきました。わあ、可愛いオタマジャクシが三匹・・・。

え?一匹なんかウーパールーパーみたいなのがいるんですけど!これひょっとしてエゾサンショウウオ?しかも気づいたらオタマジャクシいないんですけど!ウーパールーパーの口からオタマの尻尾出てるし!

スポンサーリンク

エゾサンショウウオってどんな生き物?

サンショウウオは両生類の一種で有尾目という種類です。つまり尻尾のあるやつ。尻尾の無い無尾目がカエル。生まれたころはオタマジャクシのように水の中で育ち、手足が生えるころにエラが消えて陸に上がります。成体の見た目はヌルッとしたイモリみたいな感じ。

寿命は結構長く、飼育下では10年以上生きているものもいます。その割に環境変化に弱いので、自然が豊かな場所でないと生きていけません。特に成体は清潔な水や温度管理が難しく、基本的に生餌しか食べません。あと成体は捕獲自体が難しい。

今のところエゾサンショウウオはレッドリストではN(留意)クラスでまだ見かけますが、十勝平野・石狩平野の地域ではLp(絶滅危惧のある地域個体群)です。まあ法的な罰則は無いんですが、乱獲や無責任な飼い殺しは避けたいですね。

うちも「エラが消えそうになったら元の場所に返す」という約束で飼育しています。

Sponsored Link

[adsense]

エゾサンショウウオの飼育方法は?

サンショウウオは止水性と流水性がいます。要するに渓流に生息するか水たまりで生息するかの違いです。

エゾサンショウウオの幼生は止水性なので、オタマジャクシ感覚で飼育できます。流水性は成体になるのに数年かかりますし、水流の確保とか大変そうです。

エゾサンショウウオの幼生の飼育に必要なものは

1)プラスチックの飼育ケース
2)水(必ず汲み置きかカルキ抜き処理した水を使う)水替えするときは1/3だけ新しい水と交換してください。
3)スポイト(汚れを取るのに使う)
4)ピンセット(エサやりに使う)

床材やエアレーション無しでも飼えます。ただ、その分水替えはこまめにしないといけませんが。

あとポイントは水温管理です。サンショウウオは高温には弱いです。できれば20度以下の水が理想ですが、エゾサンショウウオは直射日光に当てず風通しの良い場所で管理すればある程度は大丈夫です。

問題は、エサです。これがねえ、面倒なんですよ・・・。

エゾサンショウウオの幼生のエサは?

●私が試したエサ

1)ブラインシュリンプの卵

塩水で孵化させますが、小さすぎて与えるの大変だし、すぐ死ぬので管理が大変。

2)ミミズ
庭のミミズは食べなかったです。イトミミズなら食いつきいいらしいですが、買わなくちゃいけないし、管理が大変。

3)その辺の水生昆虫
でかいヤゴは返り討ちの危険が。あとサンショウウオはトロいので食いついても逃げられて結局食べれない。

4)オタマジャクシ
ほぼ同サイズのオタマが弱っているところを丸のみにしていました。これが一番満足していたかな。

5)乾燥赤虫

ホームセンターでも買えて(魚を扱っている店ならあります)300円程度と安い。ただし、ピンセットでつまんで動かさないと食べません。食べ残しが出るので水をこまめに替える必要があります。

6)テトラレプトミン

子亀用の小さいタイプを水でふやかし、動かして与えます。

オタマジャクシ>乾燥赤虫>テトラレプトミンで食いつき良かったです。やっぱり生餌か・・・。

まとめ

エゾサンショウウオは基本的に共食いして生き残ったものが成長します。顔可愛いのに結構シビアな生き方してますね。だからといって大量に捕獲するのはNGなので、乾燥赤虫を1日2回与え、水は毎日少しずつ交換しています。

この時期の飼育は可愛いのですが、エラが消えて上陸するころに最も死亡率が高くなるので、もう少ししたら山へ返す予定です。また来年会おうね〜。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする