便潜血検査で陽性に!検査精度はどれくらい?痔の場合は陽性になる?

大腸がんの検査として、私は2年に1度便潜血検査を受けています。面倒くさいけど、これは別に痛くはないし。

ただ便潜血検査だと、採便するのは便のうちの一部だけ。そこにたまたま血液が無かったら陰性、あったら陽性。それだけのことです。

ここで問題なのが、この検査が「便に血が混じっているかどうか分るだけ」ということなんですよね。

確かに出血は大腸がんの目安ではあるんだけど、痔の場合は?いや、私は痔じゃないけど!

スポンサーリンク

便潜血検査で陽性になったら?考えられる病気は?

便潜血検査で陽性になった場合に考えられる病気は

1)大腸がん

2)ポリープ

3)痔

のどれかです。女性の場合生理中だと陽性になるので、生理日は避けましょう。

ここで注意していただきたいのは、便潜血検査があくまでスクリーニングであるということです。大腸がんだからと言って出血するとは限らないし、たまたま便が固くて大腸をこすって出血することもあるのです。

便潜血検査で陽性になるのは7%、その中で大腸がんが見つかるのは2〜3%です。つまり検査を受けた人の95%以上が大腸がんではないのです。

この検査は、あくまでも国として大腸がんの死亡率を下げるための検査です。たとえ少数でもがんが見つかって治療をすることができれば死亡率を下げることができます。でもこれはあくまでも全体から見た話です。

ただ簡便で費用も時間もそれほどかからず、患者の負担も少ないので多くの人に行うのには適した検査と言えるでしょう。

Sponsored Link
[adsense]

便潜血検査の精度ってどれくらい?痔でも陽性になるの?

痔でも陽性になります。そして痔でも大腸でも血液成分は同じですから、どちらからの出血か便潜血検査だけでは分りません。

ですが、便潜血検査の結果が陽性だった=痔で引っかかった、と思うのは間違いです。確かにそうかもしれませんが、実際に痔だと思い込んで大腸がんを見逃してきた方もいるのです。

便潜血検査の大腸がんへの検査精度はそれほど高いものではありません。そもそも一度に出す便のサイズに対して採便できる量は限られています。いくらまんべんなく表面をこすれと言われても、たまたま出血のない部分をとるかもしれないし、大腸がんでも出血しないかもしれない、逆に出血したけど単なるポリープだったということもあり得ます。

それでも検査を行った群とそうでない群では5年生存率に差が出ているので、この検査は有効とされています。精密検査を受けるきっかけになりますし、初期で治療すれば死亡率は下がるからです。

便潜血検査と内視鏡検査はどちらがいい?

実は、一番精度の高い検査方法は内視鏡検査です。大腸の中身を直接見るので診断が確実に行えます。

ただしこの検査は医師の熟練度にもよりますが、早くても10分〜数十分はかかりますし、検査の前日の食事制限や当日に下剤で大腸の中身を出すなどの手間があります。そのため1日検査の為に仕事を休むなどの負担があります。

スクリーニング検査をする場合は、なるべく大勢の人を安い費用で時間をかけずに行えるほうが良いので、一般的な検査としては便潜血検査が行われているのです。

最初から痔で出血がある場合、まず痔の治療を受けることが必要です。というより、痔で出血のある方が便潜血検査を受ける意味はないです。内視鏡検査のほうがより精度が高く確実です。

特に親族にガンの方がいる場合は、便潜血検査よりも定期的に内視鏡検査を受けたほうがお勧めです。

まとめ

検査って難しいですよね。精度を上げすぎると過剰診断、精度が低いと見落とすリスクがあります。

そして精度の高い検査を行うには費用と熟練した検査技術者、患者側の心身や時間的負担も増大します。また残念なことに医療には地域差があり、すべての人が良質の検査を受けられるわけではない、これが実情です。

じゃあ検診は受けないか?っていうと、これも極論なので、早期発見ができたらラッキー!程度の気持ちで受けています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする