山陽電鉄脱線事故はトラック運送会社の那須商会!動画は?賠償金は?

兵庫県の高砂市で山陽電鉄の特急列車脱線事故が発生。
踏切を渡りきれなかったトラックと衝突して、
先頭2両が脱線。
16人が重軽傷を負っているという。

トラック運転手は那須商会の延東恵一郎容疑者(36)。
賠償金はどうなる?

警察の調べによると、踏切を通る際に、遮断機が降りてきて
荷台部分が引っかっり、前にも進めず、スロープを下ろして外そうとした直後に
電車が衝突したと話しています。

12日午後3時50分ごろ、兵庫県高砂市荒井町南栄町の山陽電鉄の踏切で、山陽姫路発阪神梅田行き特急電車(6両編成、乗客約70人)と車両運搬用トラック(3トン)の荷台部分が衝突。弾みで車両の1、2両目が脱線し、傾いたまま沿線の電柱やブロック塀などをなぎ倒して約120メートル進み、荒井駅のホームに乗り上げて止まった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130212-00000063-mai-soci(一部抜粋)

大事故が起きる前に何とかならなかったのか?
疑問に思うところはあります。

山陽電鉄 事故 画像

そもそも、無理に入らないのが前提ですが、
前の車を突き飛ばしても、踏切をでるべきじゃ?

車から降りて、非常停止ボタンを押せなかったのか?
遮断機をへし折れなかったの?

山陽電鉄 脱線 画像

本来なら、トラックのほうが跳ね飛ばされるはずですが
踏切の上の置かれたスロープが、電車を跳ね上げる形になり
それが脱線の原因のようですね。
普通なら、トラックのほうが危ないのに・・・

この事故で賠償金は多額になりそうです。
明らかな停止違反なので、人身障害とか自賠責は
出るんでしょうかね。

Sponsored Link
[adsense]

運送会社なら、自動車保険には入っているはずですので
対物補償無制限でまかなえるはずですけど。
零細企業だと、入っていたかどうかもわかりません。

物損事故無制限に加入してなければ、那須商会は
今回の事故で、倒産してしまうかもしれませんね。

ざっと見積もって、5億?10億?
アルミ車なので、歪みなどは直すことが可能です。
ただ、前の2両は、廃車が濃厚なぐらいの損傷なので
新造するかもしれません。

車両以外にも、駅のホームや踏切。
その他近隣住宅も破壊しています。
電車が運休となるので、その損害と
そのための振替輸送のの費用も必要になってきますよね。
とんでもない金額の損害賠償請求額が有りそうです。

踏切道ということでトラック側の過失が
大きいようですね。

一連の事故の流れを整理すると、

  • 踏切先は交差点。信号待ちで渋滞。前に進めなかった
  • なぜか、詰まっているのに踏切に入ったトラック。
  • 遮断機が、トラックの荷台のスロープに引っ掛かった。
  • 手動で、トラック運転手がスロープを下ろした。

ここで、特急電車が接触し、脱線。
大事故となった。

鉄道会社の障害物検知装置も作動していなかったという
事実も発覚して、安全管理を問われてますが、
あまりにも低すぎる障害物には反応しない設定のようです。

問題は、スロープを下ろすという状況判断。
(トラックの車両の長さを考えれば、手前で止まって
余裕をもって、渡るのべきでしょうけど。)

踏切に捕まってしまったら、竿を折っても
抜け出さないといけません。
相当慌てたのか、頭が混乱したんでしょうね。

山陽電鉄の銅祐也運転士(34)が骨折の重傷でしたが、
幸いにも命に別状はないそうです。
他の乗客も軽傷で済んだようです。

迷ったら、止まるが鉄則でしょうね。
踏切に捕まったら、すぐに抜け出すも。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする