リレンザで異常行動は起きる?下痢や頭痛の副作用もあるの?

我が家がインフルエンザでほぼ一家全滅していた時の話です。
発熱後3日目にインフルエンザA型と診断された次男は薬が使えず、経過観察。
私も同様で薬が飲めませんでした。

「リレンザがよかった」と泣く次男。
翌日発熱しA型と診断された三男は4歳なのでタミフルを処方されました。

インフルエンザB型と診断された夫も職場の病院でタミ
フルを処方され「リレンザが良かった・・・」。
ねえ、何でそんなに皆リレンザがいいの?

Sponsored Link

リレンザやタミフルは異常行動を起こす?

https://youtu.be/Ap04RgoImaI

インフルエンザは時に異常行動を引き起こします。
これはタミフルやリレンザ等の薬剤のせいではありません。
薬剤を処方されてもされなくても異常行動は起きます。

タミフルを処方されなかった次男も異常行動をとりました。
毎年誰かがインフルエンザにかかりますが、大抵は解熱時におかしくなりますね。

次男の場合は突如床に突っ伏して「トイレが寒いいいいいい!」と泣き出し、その後も意味不明なことを口走りながら泣くわ喚くわ暴れるわ。とりあえず怪我をしないように見守っていると落ち着きました。

眠っていると思ったら突然起き上がって奇声あげたり暴れたり走りだしたりもします。私はこれを「脳がバグる」と呼んでいます。

高熱によっても脳がバグります。
タミフル、リレンザの服用とは関係なく、子供が高熱を出す病気(特にウイルス感染)の場合は脳炎の可能性も含めて保護者は目を離さないようにしたいものです。

Sponsored Link

リレンザとタミフルの違いは?効果も違うの?

リレンザは吸入タイプです。

これが子供から見るとカッコいいらしく長男も次男もインフルエンザになると「リレンザがいい!」と言います。薬は見た目で選べないんだよ・・・。

タミフルは経口薬なのでカプセルかドライシロップです。
夫がリレンザを希望した理由は、即効性が高いため。

タミフルもリレンザもウイルスの増殖を抑える薬です。

インフルエンザウイルスA型とB型の表面にはノイラミニダーゼという酵素があります。この作用を阻害するのがタミフルとリレンザで、作用機序は同じです。

ただタミフルの場合は消化器で吸収されてから効力を発揮するので、効果が出るまで時間がかかります。リレンザは直接上気道に作用するので効果の実感は早いです。
またリレンザはタミフルに比べて耐性ウイルスができにくいメリットもあるそうです。

リレンザは予防目的にも使用できます。と、言っても毎日吸入しないといけないですし、予防接種のほうが効果は高いです。

リレンザの副作用はどんなものがある?

この世に副作用の全くない薬剤は残念ながらありません。
リレンザは安全性が比較的高い薬ですが、稀に副作用が出ることがあります。

リレンザの主な副作用は下痢、嘔吐、発疹などです。
ただし、それぞれの確率は1%以下です。

また薬剤には乳蛋白が微量に含まれているため、乳製品にアレルギーのある方はアナフィラキシーショックを起こす可能性が否定出来ないことを留意して下さい。

喘息などの疾患のある方は事前に医師に相談して下さい。
気管支収縮や呼吸困難などの重大な副作用が起きる可能性があります。

厚生労働省からも「リレンザ使用上の注意」というページがあり、それによると息苦しさや発疹、吐き気やむくみなど身体の異常を感じたら医師に相談するように注意しています。

一番いいのは、あなたの普段の様子を知っているかかりつけの医師を受診することです。

私も夫も息子たちも使用したことはありますが、副作用が起きたことはありません。

まとめ

今年はリレンザを使うことはありませんでした。
子供たちはがっかりしていましたが、薬に頼らずに治るのは別に悪いことじゃないんですけどね。

リレンザやタミフルなどの抗ウイルス薬は発症後48時間でないと効果が期待できないので、突然の高熱などの症状があったら早めに内科を受診しましょう。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする