喉頭がんの初期症状のチェックポイントは?咳や痰は出るの?

喉の痛みや違和感はたいていの場合、風邪が原因です。
でもタバコを吸う方や強い酒を飲む習慣がある方は要注意。

特に男性で50代以上の年代の方は喉頭がんのリスクが高くなるようです。
がんと聞くとギョッとしますが、喉頭がんは頭頚部がんの中でも治癒率が80%です。

早期発見さえ出来れば治る可能性が高いのです。
喉頭がんの種類とそれぞれの初期症状をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

喉頭がんにはどんな種類があるの?

人間の「のど」の部分は、咽頭と喉頭に分かれます。
がん情報サービスのサイトによると、喉頭は甲状軟骨の辺りの部分のことだそうです。

喉頭の主な役割は発声、誤嚥防止、気道確保等です。
この部分は頭頚部の一部で、頭頚部は日本耳鼻咽喉科学会
では脳の下から頸部までの部分と説明しています。

頭頚部には他に咽頭も含まれます。
ちなみに咽頭がんは上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんがあり、喉頭がんとは区別されます。

喉頭がんは声門がん、声門上がん、声門下がんの3つに分けられます。
この内最も頻度が高いのが声門がんで60〜65%、次に多いのが声門上がんで30〜35%。
声門下がんは極めて稀だそうです。

喉頭がんは頭頚部腫瘍の中でも発生頻度は低く、10万人に4人程度で、発声リスクは女性よりも男性が10倍高いそうです。

特に50歳以上の高齢者で喫煙と飲酒がリスク要因となっています。
早期発見すれば治癒率は80%とかなり高いそうです。

Sponsored Link
[adsense]

喉頭がんの初期症状はどんなものがあるの?

1)声門がん
かなりの頻度で声がかれる症状が出ます(嗄声)。
具体的にはガラガラ声や息が漏れるような声で、この状態が1ヶ月以上続く場合は耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。

放置すると呼吸困難や咳、血痰などが出てきます。

2)声門上がん
喉の違和感から始まります。
喉がいがらっぽかったり、嚥下の際に異物感を感じたり痛みを伴ったりすることもあります。

また頸部リンパ節が腫れる症状も出てきます。
呼吸困難や嗄声も出ますが、喉の違和感が続くようなら早めに受診しましょう。

3)声門下がん
困ったことに、声門下がんは症状がかなり進行するまで症状が出ません。
ただ発生頻度もかなり稀で、咽頭がんの場合は大抵声門がんです。

がんは早期発見できれば治癒が可能ですが、喉頭がんの為の検診は行っていないのが実情です。
喉に違和感があったら早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。
特に男性で高齢者、喫煙と飲酒の習慣がある方は要注意です。

喉頭がんにならないためにはどうしたらいい?

最も効果の高い予防方法はタバコを吸わないこと、やめることです。
またアルコール度の高い飲料を習慣的に飲むこともリスクを高めますので、飲酒も控えることが大切です。

世界的な喉頭がんの罹患率を見ると、ラテン系諸国(フランス、スペイン、イタリア)に患者が多く見られます。

喉頭がんの原因は喫煙や飲酒が大きいのですが、これらの国は飲酒や喫煙の習慣が罹患率に影響しているのではないかと言われています。

アルコールそのものは他の発がん物質と比較して最も強いというわけではありません。
しかしアルコールの摂取は習慣化されている場合が多いので、結果的にリスクを高める結果となるのです。

喫煙の場合はがんの発症及び増悪に関して高いリスクが実証されています。
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause/smoking.html

タバコの場合は受動喫煙により周囲にも悪影響を与えるので、禁煙をすることにより本人だけでなく家族もがんのリスクから守ることができます。

まとめ

喉頭がんは日本人の罹患率が非常に低い比較的珍しいタイプのがんです。
喉頭がんで亡くなる人の死亡率は10万人で男性1.5人、女性なら0.5人程度。

ちなみに肺がんで亡くなる方は男性で79.9人、胃がんで53.4人です。

とはいえ、喫煙が喉頭がんの発症に及ぼす「寄与危険度」は96%と他のがんに比べてずば抜けて高くなっていますので、喫煙者の男性は極力禁煙し、喉の違和感があれば迷わず受診するようにして下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする