片山祐輔の高校は学習院?大学は?高学歴の経歴!出身校や勤務先は?

遠隔操作で情報錯乱した片山祐輔容疑者の
高校や大学などが話題です。

出身校の高校や大学、その当時の様子などを
調べました。

まず、中学と高校は一貫性のところのようです。
ネットで候補に上がっているのが、

開成と学習院

どちらも超がつくほどの偏差値レベル。
高学歴だったことは確かのようです。

大学は、東京電機大学と言われています。
私立の理工系なので、やはりパソコンなどを
使うのは長けているんでしょうね。

卒業したわけではなく、中退して
専門学校にも通っていたようですが
どこかまだわからないです。

片山容疑者は、犯行を否認していますが
勤務先で匿名化ソフト「トーア」などを使った形跡や
犯行現場での防犯カメラに映るなのの状況証拠からが
決めてのようですね。
(江ノ島で猫に首輪をしていたところ)

今までのように、PCのIPアドレスから犯人を断定して
誤認逮捕者を何人も出している警察なので、
今回は信ぴょう性がありそうです。

片山祐輔は、学生時代にいじめ似合ったことがあり、
卒業アルバムでも名前の性が違ったりしています。

片山祐輔 卒アル 画像

これは、母親が離婚したことにより変わったものとも
言われていますが、過去に逮捕されたことから変えたという話もあります

その前科なんですが、
犯行声明で、警察に恨みがあるといっていたことと
つながってくるんですよね。

それは、のまネコ事件です。

のまネコ 画像
「モナー」のAAキャラクターのそっくりなデザインを
エイベックスが2005年に著作権表示をして販売したとして
ネットユーザーから抗議がありました。

その騒動で、

「のまネコの使用を中止しなければエイベックス社員を殺害する」

という書き込みをしたのが、
当時専門学校生の丑田祐輔被告(23)ということになり、
逮捕された経緯があります。

この事件の真相はわかりません。
誤認逮捕で書き込んだのは別の人だったのか・・・
それとも逮捕されて、経歴に傷がついたことによる
逆恨みなのか・・・

「以前事件に巻き込まれたせいで無実にもかかわらず人生の軌道修正をさせられた」

と、江ノ島で見つかったネコの首輪に
マイクロSDカードがあり、そこに書き込まれた内容から
事件の動機が伺えます。

いずれにせよ、猫カフェに入り浸ったり、
猫を犯行の道具に使ったりと何かとでてくるんですが、

以前、のまネコで過剰な反応をしていた事もあり
相当な猫に対しての愛情が感じられます。

もしかして、過去のいじめと何か関係があるのでしょうか?
猫に対しての、異常な執着心も気になります。

片山容疑者の今後に注目ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク