グレープフルーツと薬はNG?飲み合わせって?相性の悪い薬は?

よく「○○は体に良い」という話を耳にします。
これはある意味間違いではないのですが、極端な意見です。
基本的に食べ物は何らかの意味で体に良いのですから。
逆にどんな食べ物でも食べ過ぎれば毒になります。

また昔からよく言われているのが食べ合わせ、飲み合わせ。

科学的根拠はともかく、相性の悪い食べ物というものはあるものです。
そしてこの飲み合わせ、実は薬物と食物との間にも存在することをご存知でしょうか?

スポンサーリンク

グレープフルーツと薬はNG?その仕組は?

全ての薬に対してグレープフルーツがNGという訳ではありません。
ただし、薬の種類によりグレープフルーツを避けなくてはいけないのは本当です。

薬には他の薬だけでなく、特定の食物との飲み合わせで影響が出ることもあるのです。

理由はグレープフルーツに含まれるフラノクマリン化合物ジヒドロキシベルガチモン(DHB)のため。

薬物投与には注射や点滴で血管に直接投与する方法と、服薬による経口投与の2種類の方法があります。
経口投与の場合は薬物が消化管で代謝、吸収され血管に移行します。

この際に消化管上皮細胞にある薬物代謝酵素がある程度薬剤を分解してしまいます。

その為、経口投与する薬剤は消化管である程度分解されることを前提に処方されます。
ところがグレープフルーツに含まれるDHBはこの酵素の働きを阻害してしまうのです。

その結果、予想した以上に薬剤が血管の中に溶け込み過剰投与と同じことになってしまいます。

Sponsored Link
[adsense]

グレープフルーツと飲み合わせの悪い薬は?

降圧剤(カルシウム拮抗薬)、抗けいれん薬、抗うつ薬、抗血栓薬、疼痛緩和薬、免疫抑制剤、睡眠薬、副甲状腺機能亢進症治療薬、高脂血症治療薬等です。

また抗ヒスタミン剤や抗癌剤にも影響があることが分かってきました。

薬物代謝には小腸の薬物代謝酵素以外に薬物トランスポーターが関わっています。
これは消化管などの細胞膜に存在し、薬物の細胞内への取り込みや排出をしているタンパク質類の総称です。

グレープフルーツはこれらのトランスポーターも阻害します。

抗ヒスタミン剤の場合は血中濃度の低下を起こし、抗癌剤の場合は逆に血中濃度が上がります。

また抗ヒスタミン剤に関してはDHBだけでなくナリンギンという成分にも阻害作用があること、このナリンギンはオレンジジュースやリンゴジュース等の他のフルーツジュース等にも含まれることが分かってきました。

服薬期間中はグレープフルーツとフルーツジュース類を避けるのが無難でしょう。

グレープフルーツ以外の柑橘類は?ジュースと生で食べる違いは?

以前はグレープフルーツジュースのみで言われていましたが、食べることでも同様の作用があり、効果は数日間持
続することも分かりました。

同じ初生柑橘亜属のダイダイやスウィーティー、ブンタンやポンカン、夏みかんやいよかん類にも相互作用がありま
す。温州みかんは大丈夫です。

他に相互作用が分かっている食物に
●イチョウ:抗血小板薬や抗血液凝固薬の薬効増強
●ノコギリヤシ:抗血小板薬や抗血液凝固薬の薬効増強
●朝鮮人参:ワルファリン(血栓予防)の薬効増強
●ニンニク:ワルファリンの薬効増強、抗HIV薬の薬効減弱
●セントジョーンズワート:抗HIV薬や心不全治療薬、経口避妊薬の薬効減弱

上記のものは食事ではなく健康食品やサプリメントなど成分を濃縮して摂取する場合の相互作用です。

サプリメントは薬剤ではなく食品を扱う法律で管理されていますが、成分によって薬物との相互作用も出ます。服薬の際には必ず薬剤師に確認を取って下さい。

まとめ

薬と食物との相互作用は、ハッキリわかっていないことも多いのです。
試験管での実験結果と体内で起きる複雑な代謝の結果は一致しないこともあります。

あと大原則として、薬は水や白湯で飲みましょう。
濃いお茶や牛乳で飲むと薬効に影響がありますし、アルコールとの併用は危険です。
それから服薬中はサプリメント止めときましょうね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする