腸炎ビブリオの潜伏期間は?どんな症状がある?治療方法は?

腸炎ビブリオは無茶苦茶増殖するスピードが早く、条件が揃えば8〜10分に一度の割合で増えます。
これは大腸菌の3倍で、1個の菌が4時間で100万個になります。

以前は食中毒で最も事件数が多いのが、この腸炎ビブリオでした。
今は事件数ではカンピロバクターが1位、患者数ではノロウイルスが1位です。

腸炎ビブリオでは過去に死者が出たこともあるそうですが、症状や治療法はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

腸炎ビブリオってどんな菌?潜伏期間は?

腸炎ビブリオは1950年に藤野恒三郎ら日本人が発見した細菌です。
当事大阪でシラス干しが原因で272名の患者が発生する食中毒事件が起こりました。

死者20名が出たこともあり、当初は何者かが毒を盛ったのではと疑われましたが、その後の調査により細菌が原因の食中毒と判明しました。

腸炎ビブリオはグラム陰性、通性嫌気性の桿菌でコレラ菌の仲間です。

熱や酸に弱く、真水に弱いため水道水の中では増えることができません。
好塩性で3%の塩水の中で増えるため、主に沿岸の汽水部や海水、水底の泥の中で増殖します。
外洋では殆ど検出されないそうです。

夏以降、水温の平均気温が15〜20度を超える頃に増殖する為、夏や秋頃に患者が増える傾向にあります。

潜伏期間は12時間程度と言われていますが、多くの菌を取り込むほど潜伏期間は短く、症状は重くなります。
短い場合で2〜3時間、長い場合で24時間の場合もあります。

Sponsored Link
[adsense]

腸炎ビブリオの感染経路は?どんな症状?

主な感染源は刺し身や寿司等です。
沿岸分に菌が多いので赤貝、イカ、タコ、アジなどの近海魚介類に多く、特に貝類に保菌数が多いです。

マグロなどの遠海の魚は外洋に菌が少ない上に冷凍保存されるため(腸炎ビブリオは冷凍に耐性が低い)汚染は少ないで
す。

発生要因としては原料自体の汚染、温度管理の不備、調理時の加熱不足、手指や器具が汚染された状態で調理する交差汚染等があげられます。

感染は100万個程度の菌を経口摂取することにより成立し、潜伏期間は平均12時間。
主症状は激しい腹痛と下痢(酷い場合は1日10回ほど)、38度程度の発熱、嘔吐があります。

症状は主に一両日中に治りますが、基礎疾患のある患者の場合は敗血症等により死亡することもあります。

ただし食品安全委員会によると死亡例はそれほど多くはなく、
2000年〜2009年までの間の死亡者は34名で年齢は50代〜70代が90%を占めています。
30代以下の死者(乳幼児を含む)は報告されていません。

腸炎ビブリオの治療法は?予防はどうする?

腸炎ビブリオは基本的に数日で自然治癒します。
抗菌薬は通常使いませんが、投与する場合はニューキノロン薬等を使います。

止瀉薬は腸の蠕動を抑制し排菌を遅らせるので使いません。
下痢や嘔吐が酷く、脱水症状がある場合は輸液をします。

腸炎ビブリオの発生件数は年々減少傾向にあります。
これは業者の衛生管理の徹底によるものと、食生活の変化に原因があるとされています。

腸炎ビブリオは年齢による感受性の差はありません。
乳幼児に患者が少ないのは、魚介類を生食することが基本的に少ないからです。

この菌は塩分を好む為、魚介類以外に漬物などで食中毒が起こることもあります。
魚介類調理の際は手洗いと器具の洗浄を徹底しましょう。

予防のためには汚染が多いエラや内臓を取り除き、魚を真水でよく洗ってから冷蔵することが望ましいです。

また腸炎ビブリオは熱に弱いため加熱調理すれば大丈夫
です。55度以上の温度でも急速に死滅します。

まとめ

食中毒予防の基本は、原因微生物を付けない、増やさない、殺す、です。
腸炎ビブリオは真水で死ぬので洗えば落ちますし、塩がなければ増殖できません。

また10度以下では増殖できないので冷蔵が効果的です。食べる際に加熱調理すれば、まず感染はしません。

結局生食が一番危ないんですよね・・・。
でも衛生管理さえきちんとすれば大丈夫なので、生は絶対ダメ!というのも極端というもの。
お刺身は美味しいですしね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする