マイコプラズマ肺炎の子供の症状は?熱は出る?出席停止?

子供が咳き込んでいたら、風邪かな?と思いますよね。
インフルエンザ?それとも気管支炎?
いや、ひょっとしてマイコプラズマ?

あれってなると面倒くさいんですよね。
抗菌薬があるのが救いですが、とにかく咳がしつこい!

インフルエンザも感染症で咳がひどいですが、こちらは出席停止になりますよね。
マイコプラズマはどうなんでしょう?出席停止措置とかの対象になるのでしょうか?

スポンサーリンク

マイコプラズマ肺炎の子供の症状は?

特徴的な症状は、長引く咳です。
マイコプラズマの潜伏期間は長く2〜3週間あり、最初は発熱や全身のだるさ、
その後3〜5日くらい経つと乾いた咳が始まります。

咳はしつこく、熱が下がった後でも3〜4週間続きます
主な感染者は14歳以下の子供ですが、大人がかかることもあります。

一般に乳幼児は症状が軽く、多くの場合は気管支炎になる程度で済みますが、成人になると重症化して肺炎に移行することもあります。
症状が風邪と似ているのでマイコプラズマだと気づかず、気がついたら肺炎になっていたという事が多くあるので
注意が必要です。
咳がしつこく続くようならば一度内科を受診しましょう。

基本的に自然治癒する病気ではあるのですが、病状によりマクロライド系抗菌薬が処方されます。
これ以外の抗菌薬、例えばペニシリン系やセフェム系のものは効果がありません。

その為、マイコプラズマと確実に診断をしてもらい、正しい薬剤を処方してもらうことが大切です。

Sponsored Link

マイコプラズマ肺炎と気管支炎との違いは?

マイコプラズマ気管支炎は肺炎と比べると症状が軽く、子供の場合は自然治癒してしまうことが多いです。
そもそも5歳までの乳幼児で肺炎に移行することは稀です。
肺炎でも気管支炎でも治療はマクロライド系抗生物質を処方することになります。

ただし、マイコプラズマは診断をするのが難しく、肺炎かどうかの診断は流行状況の確認とレントゲン撮影、血液検査などで行います。
また処方された一般的な抗菌薬で効果がなく咳が続く場合もマイコプラズマの感染が疑われます。

合併症として中耳炎や無菌性髄膜炎、脳炎、肝炎、膵炎、溶血性貧血、心筋炎、関節炎、ギラン・バレー症候群、スティーブン・ジョンソン症候群等があります。

殆どの感染者、特に小児はマイコプラズマに感染しても無発症か気管支炎程度の軽症で、合併症の確率は低く、発症したとしてもウイルス感染が原因のものに比べると軽症です。


ただし喘息のある方は喘息発作が増悪するので注意が必要です。

マイコプラズマでどれくらい熱が出る?学校は出席停止?

マイコプラズマでも熱は出ます。
マイコプラズマ気管支炎でも微熱は出ますし、肺炎の場合は当然高熱が出ます。
大体38度台のことが多いようですが、個人によります。

インフルエンザは突然の高熱と激しい咳で始まり、悪寒や関節痛があるのが特徴ですが、マイコプラズマの場合はそれほど激しい症状が初めから出ることはありません。
咳は解熱後に出てきてしつこく続くことが多いです。

またマイコプラズマは飛沫感染しますが、濃厚接触しないかぎり移ることは少ないので、インフルエンザほど明確な学校での出席停止措置の対象にはなっていません。
第3種の感染症なので「病状により学校医その他の医師において伝染のおそれがないと認めるまで」となっています。

他に移すかどうかというよりも、子供の状態を見て判断しましょう。
この辺は学校や園の判断を仰いでおいたほうがいいかもしれませんね。

まとめ

日本医師会のサイトによると、肺炎マイコプラズマは成人
までに97%の人が感染しているそうです。

じゃあ、間違いなく家族全員一回はかかっているな・・・。
一応一度感染すると免疫は付くのですが、終生免疫ではないので再感染することもあります。
最近は耐性菌も増えている上に今のところはワクチンがありません。

手洗いやうがいや日々の生活習慣で免疫力を高め、マスク等で予防するしか無いでしょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする