ごぼうの保存方法は?期間はどれくらい?ささがきで冷凍できる?

ごぼうは煮物の定番、きんぴらにしても美味しいのですが、
スーパーで買うと大抵2.3本がセットになっています。
どうしても全部使い切れずに余ってしまう・・・。

気がつけば一本だけ冷蔵庫でヘニャヘニャになってしまうこともあります。

考えてみたら冷蔵庫に保存する必要は無かったのかも・・・。
あと、調理に手間がかかるので冷凍保存時に下処理とかできないんでしょうかね?

スポンサーリンク

ごぼうの保存方法は?保存期間はどれくらい?

ごぼうの保存温度は以外に低く、0度前後だそうです。
と言っても冬場の場合は暖房の入っていない部屋で常温保存をしても全く問題ありません。
ただし、夏場は冷蔵庫保存しないと傷んでしまいます。

一番長持ちするのは、土付きのカットしていないごぼうで、保存方法は新聞紙に包んで冷暗所で立てて保管します。
立てる場合は根の部分が下になるようにするのがポイントです。

うちの場合は冬場のみ暖房を入れていない部屋に新聞紙に包んで保管しています。
本当は立てて保存とは知っているのですが、面倒なので段ボールの中に転がしています。

でも、これでもちゃんと保存は効きますよ。
だいたい1週間〜2週間程度持ちます。

一番長持ちする方法は、実は土に埋めること。根菜ってみんなそうですよね。
でも庭が無いと難しいですし、豪雪地帯だと春まで掘り出せません・・・。
やっぱり暖房のない部屋で新聞紙にくるむのが一番簡単ですね。

Sponsored Link
[adsense]

土付きと洗いごぼうで保存方法は違うの?

土付きごぼうは新聞紙にくるんで常温保存できますが、洗いごぼうの場合は冷蔵庫での保存が無難です。

これは根菜全般に言えますが、洗うという過程の際に表面
上の細かい根が取れて傷が付き、土付きごぼうよりも傷みやすくなっているらしいです。

洗いごぼうの保存方法は、湿らせた新聞紙にくるんでポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室で保管します。
保管できる期間は5日〜1週間程度です。

切った場合の保存方法は、
●土付きの場合→断面に土を付け、新聞紙で包んで根の部分を下にして立てて常温保存。
●洗いごぼうの場合→湿らせた新聞紙に包み、ラップに包んで冷蔵庫へ。

どちらの場合でも、4〜5日程度しか持たないので早めに食べきりましょう。
切った断面が多いほど傷みやすくなるので注意です。

新ごぼうの場合は、丸ごと買った場合で土付きであっても日持ちがしません。
冷蔵庫でも常温保存でも、5日程度で食べましょう。

ささがきにしたごぼうの保存方法は?冷凍はできる?

ごぼうは冷凍保存も可能ですが、ただ冷凍したらグシャグシャになります。
そんな時に便利なのが、ささがきごぼう。

ゴボウをささがきにして水につけてアク抜きをし、一度茹
でてから水気を切ってジッパー付きの冷凍用保存袋などで保管します。

使う際には解凍せずに一気に調理しましょう。
特にささがきに拘らなくても、煮物用に一口大に切っておいて同様に調理して保存することもできます。

こうしておけば、忙しい時に一気に調理できて楽です。
金平を作るときにも簡単にできますしね。

冷凍した場合のゴボウの保存期間の目安は、およそ1〜2ヶ月
冷凍焼けしない内に使ってしまいましょう。

ただ、冷凍保存は最後の手段だと思ったほうがいいです。
野菜全般そうなんですが、やっぱり一番美味しいのは生のものを直接調理した場合です。

ごぼうそのものは管理さえ気をつければ、結構日持ちする野菜です。
なるべく土付きのものを購入したほうが長く美味しく食べられますよ。

まとめ

ごぼうは煮物と金平で食べるのが一般的ですが、私が好きなのはスライスした揚げごぼうです。
カレーのトッピングに使ったり、塩をふってスナック感覚で食べたりします。
こうすると煮物嫌いの子供たちも喜んで食べてくれます。

またゴボウは細かく刻んで下茹でし、水気を切ってパン生地に練りこんでも美味しいです。
ナッツみたいな食感で、黙って食べさせても相手がごぼうだと気づかないくらいです。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする