トノサマバッタの飼い方は?寿命は?えさは何がいい?

原っぱの仮面ライダー、トノサマバッタ。
でっかいので捕まえると嬉しいです。
やっぱり大物は燃えますね〜。

ただ、連中は跳躍力が凄まじいです。
跳躍っていうより、もう飛んでますからね。
飛距離測ったことはありませんが、数メートルは普通に飛びます。

当然ですが、素手で捕るのはまず不可能です。
捕虫網持っても難しいです。
息子たちは意地で捕まえてますが。

捕まえるのはいいんだけど、どうやって飼うの、これ?

スポンサーリンク

トノサマバッタの特徴は?どこで捕れる?

トノサマバッタ

トノサマバッタの特徴は
1)顔が仮面ライダー(典型的なバッタ顔)
2)でかい(3.5〜6.5センチ)
3)羽が長くてやたらめったら飛ぶ

こんな感じですかね。
ただし、似たような環境に住む似たようなバッタもいるの
でご注意。
例えばクルマバッタ。
クルマバッタ

同じじゃん!って思われるかもしれませんね。
でもよく見て下さい。

背中(正確に言うと胸部)が、ちょっと盛り上がっています。
あと、羽に白い筋が入っていますよね。
これがトノサマバッタとの違いです。

パッと見じゃわからないので、捕まえた時に観察して判断
するしかないです。

あ、あとクルマバッタモドキとかもいます。
クルマバッタモドキ
あ〜、もうややこしいですね〜。

話を戻しましょう。
トノサマバッタが出てくる時期は7月〜11月で、北海道では9月過ぎには姿が見えなくなります。
内地では6月下旬と9月ごろに羽化します。

よくいる場所は広い原っぱ。
ススキが生えるような、多少丈の高い草がまばらに生えた日当たりの良い斜面がベストな生育環境です。

Sponsored Link
[adsense]

トノサマバッタの捕獲方法は?楽な捕り方はある?

トノサマバッタは警戒心が強く、飛距離も大きいので捕獲が難しいです。

有効な捕獲方法は

1:夜間にクワガタを捕るついでに拾う
2:早朝に動けない時に捕る
3:道路に出て交尾している時にカップルごとゲット(こ
の状況だと飛べないので捕獲が楽)

4:4センチ程度の棒に紐を結びつけ生息地にそっと投げ込む

1は暗いので大変ですが、クワガタ目的で街灯の下を探し
ているとトノサマバッタを捕まえることがよくあります。
気温が低いので夜間と早朝は動きが鈍いのです。

4の方法はオスの交尾の習性を利用した方法で、当然オス
しか捕れません。

ちなみに息子たちは炎天下の日中に捕っています。
一番難しい時間帯のはずなんですが・・・。

その方法は

1)三男(三歳)が原っぱをランダムに走り回る
2)驚いて飛び出したトノサマバッタを次男(6歳)が視
認して兄貴に知らせる
3)最も俊敏な長男(9歳)が捕虫網で捕獲

次男が一番楽ですね、これは。
付き合わされるこっちは死にそうですよ・・・。

トノサマバッタのえさは何?寿命は?卵を産ませるには?

飼育方法はまず、中央にフタの付いた飼育ケースを用意します。

食草を小瓶かペットボトルに活けて与えます。
水は食草から取るので必要ないです。
土は無い方が掃除しやすくていいでしょう。

食草はイネ科の植物。
ネコジャラシとかススキとか、その辺の雑草で十分です。
週に一回、新鮮なものを与えてください。

トノサマバッタの寿命は3〜4ヶ月程度。
そんなに生きないですね。

卵を産ませるには、まずメスを捕まえないといけません。
でもメスってなかなか捕れないんですよね・・・。
飛ぶ距離が半端無いんですよ、オスより飛びます。

ラッキーにもメスを捕獲出来た場合、広めの容器に川砂等
を湿らせて入れておきましょう。
深さは10センチ程度にします。
卵は卵塊にして産みます。

土ごとバケツの水に入れ(卵塊は水を弾きます)卵塊を取り出し、清潔な孵化用の川砂に入れて湿度管理します。
6月下旬の個体ならば9月ごろ孵化します。
北海道などの場合は卵で越冬します。

まとめ

トノサマバッタ、実は鳴きます。
足をこすりあわせ「タッタッタッタ」と独特の音を出します。

飼育中で一番大変なのはやはり、えさ替え。
一度逃げられたら飛んで行ってしまうので、玄関フードを閉めきって長男に捕虫網持って待機してもらってやってます。
去年はえさ替えで三匹逃しましたからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする