餃子の皮とワンタンの皮の違いは?代用して料理できるの?

我が家は餃子を皮から作ります。
余るとワンタンにします。
でもシュウマイは作りません。

自称餃子マイスターの夫に何故なのか聞きました。
「皮が違うからな」
え?違うの?だってどれも小麦粉でしょ?

スーパーって餃子の皮ばっかり売ってますよね。
ワンタンとか他の料理に代用できる?

Sponsored Link

餃子とワンタンとシュウマイってどう違うの?

日本の餃子は中国から伝わりました。
中国では水餃子が普通です。

北の地域は皮の厚い水餃子。
南では蒸し餃子やスープ餃子が主流です。
焼き餃子は満州地方での調理法だったようです。
まあ諸説あるみたいですが。

今は焼き餃子も中国で結構見かけます。
ちなみに餃子の形は当時のお金が半円形だったため。
縁起の良い形だったようです。

つぎにワンタン。
中国の華北地方で生まれました。
昔は餃子と区別してなかったみたいです。
後に茹でてからスープに入れる形になりました。

ちなみにワンタンの形もお金が元なんです。
ワンタン

確かに見ようによっては餃子にもワンタンにも見える。

そしてシュウマイ。
北方では「焼麦」南方では「焼売」。
肉や魚介類を包んで蒸したものを言います。
点心でよく出てきますね。

ちなみにグリーンピースを乗せるのは日本だけ。

要するにどれも肉を小麦粉の皮で包んだ料理ですね。
後は調理法や味付けが多少違うくらい。

Sponsored Link

餃子の皮の特徴は?他の皮とどう違う?

簡単に言うと形と厚さが違います。
餃子は丸くて厚めの皮。
ワンタンやシュウマイは四角。

餃子の皮の材料は小麦粉、塩、水か熱湯です。
粉は強力粉と薄力粉を混ぜます。
最初は2:1の比率か半々でやってみてください。
強力粉が多い方がコシも強くなります。

餃子の場合、調理法によって皮が変わります。
水餃子の場合は厚めのもっちり系。
焼き餃子の場合は薄手のパリっと系です。

家で皮から作ると本格的です。
餃子の皮は手作りが美味しい!作り方のコツは?

水餃子など茹でるタイプの料理の場合。
皮はしっかりした厚手のものが必要。
包み方がヘタだったりすると中身が出ます。
市販の皮(焼き餃子用)も薄すぎて破けます。

これじゃ美味しくないですよね。
水餃子は皮が命なんです。
皮から作ると全然違いますよ!

だから本来、餃子は厚めの皮です。
でも日本では焼き餃子が主流。
水餃子で美味しいもっちり系の皮はNG。
薄くパリっとした皮が美味しいです。

市販の皮は焼き餃子用なので他と大して変わりません。
餃子の皮でシュウマイ作ったっていいんですよ。

ワンタンの皮との違いは?

ワンタンの皮と餃子の皮の違いは
● 餃子よりも皮が薄い
● 形が四角
● かん水を使っている
これらが特徴です。

ワンタンはスープに入れることを前提に作っています。
かん水でツルンとした食感を出すようにしています。
でも手作りする場合はかん水無くても問題無いです。

ちなみに他の材料は基本的に餃子の皮と同じ。
強力粉と薄力粉が半々くらいです。

ワンタンの皮は固めにできています。
パリっとした食感の焼き餃子に使えます。
その為焼き餃子にワンタンの皮を使う人もいます。

シュウマイの皮との違いは?

ちなみに見た感じ同じようなシュウマイの皮。
同じ四角ですがかん水は入っていません。
かん水入ると黄色くて硬くなるんですよ。
蒸す事と白さが大事なシュウマイにかん水は不要です。

シュウマイの皮も材料は小麦粉です。
基本は餃子もワンタンもシュウマイも同じ。
強力粉と薄力粉を半々で使うと失敗しないでしょう。
後は好みによって配分を変えればいいのです。

結論

皮の厚さ
餃子>ワンタン>シュウマイ。
皮の硬さ
ワンタン<餃子<シュウマイ。 ぶっちゃけ大して変わりないです。 スーパーに売っているのは大抵焼餃子の皮。 これでシュウマイ作ってもいいです。 ワンタンにしてもいいです。 もちろん、専用の皮のほうが美味しいですけどね。 でもね、自分で皮作った方が美味しいし安いです。 使う料理によって厚みを変えればいいのですからね。 考えようによっては一番簡単かもしれませんよ。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする