餃子の皮の余りはどうする?保存方法とアレンジ料理を紹介!

餃子は皮から作るのが美味しい。
でもそう思って作ると大抵皮だけ余ります。

餃子の皮を手作りする方法!伸ばすのコツも紹介

皮の生地は2日程度なら保存が効きます。
ラップかけて冷蔵庫に入れれば大丈夫。
でもそんなすぐにまた餃子作るの?

でも考えるだけで面倒。
ではこの生地で何か他の料理は作れないかな?
そこで夫が見つけてきた料理が「エア餃子」。

エア餃子って・・・何それ・・・。

スポンサーリンク

餃子の皮の余りで作るアレンジ料理を教えて!

餃子の皮が余ったら。
市販の皮は冷蔵保存で賞味期限内に食べます。
手作りの皮なら冷蔵庫でラップして2日程度持ちます。

我家の場合は余った皮の活用方が4つあります。

1:エア餃子
2:パリパリピザ
3:ワンタン
4:せんべいもどき

りんごとカスタードクリームを乗せて簡単リンゴパイ。
等というお菓子への活用法もあります。
要は元々小麦粉ですからね。
小麦粉で作れるものなら何にでも応用可能です。

しかし我が家の息子たちは甘いものが嫌い。
なのでお菓子はNG。

そして次男と三男は餃子の具が嫌い。
じゃあ食うな!と言いたいのですが・・・。

そんな時に夫が見つけたのが「エア餃子」。
「餃子の王様最強レシピ」という本で見つけたとか。

要するに具のない餃子。
これが意外と美味しいです。
ただカリッと仕上げないとイマイチになりますが。

これで餃子を家族全員で食べられます。
私と夫と長男は普通の餃子。
下の二人はエア餃子。

でも、これって余りの皮の活用法としては違うかな?

Sponsored Link
[adsense]

餃子の皮の保存方法は?冷凍と冷蔵どっちがいい?

結論としては冷蔵ですね。
皮は冷凍するとあんまり美味しくないですね。

冷凍するのなら餃子を作って冷凍したほうがいいです。
こうしておけば急ぎの時に冷凍のまま焼いて食べれますから。
皮だけが余った時は他の料理に活用しましょう。

しかしエア餃子じゃあ嫌だ!という人に。
一番簡単なのはせんべいもどき。
塩を軽くふって焼きます。
フライパンでもいいし、オーブンでも可。

シンプルで意外と美味しいです。
ただし冷めるとまずくなるので焼きたてでどうぞ。

その延長でもっと美味しいのがピザ。
皮の上にチーズやトマトソース等を乗せて焼きます。
カリカリに仕上げると美味しいです。
これなら多少覚めても美味しくいただけます。

スープを作ってワンタンにする方法もあります。
これも皮を茹でるだけだから簡単です。
手作りの皮の生地なら細く切って麺にするのもありです。

他にチーズを入れて揚げるというのもあります。
これも香ばしくて美味しいですよ。

餃子の具が余った場合のアレンジ料理は?

さて、今までは皮が余った場合のアレンジ料理。
では具が余った場合は?

我家の場合
1:チヂミ?みたいな感じで焼く
2:肉団子にしてスープにぶちこむ
3:とりあえず冷凍する

大体こんな感じですね〜。
チヂミみたいに焼くのが一番簡単ですよ。
小麦粉か天ぷら粉を混ぜて味噌などで味を整えます。
味付けは毎回適当です・・・。

粉も適当です。お好み焼きみたいな感じにします。
焼き方もお好み焼きみたいな感じで。
焦げ目付けて焼いて切り分けて醤油で食べると美味。

肉団子も簡単。
スープを作って沸騰させます。
おこのみで白菜やしめじを入れるのもよし。
そこにスプーンで具をすくって入れます。

だしが出て美味しいです。

どうしても時間がない、面倒くさい。
そういう時は冷凍しておきましょう。
次回具を作る手間が省けます。
半端に余った時は肉団子にして食べちゃいますけど。

まとめ

我家の場合、具は基本余りません。
わざわざ余計に皮を作ります。
なぜって子供たちがピザが大好きなんです。

おやつの時間、土日に友だちが来た時。
このミニピザが大活躍します。
ソースはトマトピューレを塗るだけ。
後はチーズを乗せるだけだから超簡単。

餃子を作ろうと生地をこね始めると喜ぶ子供達。
「ピザだ〜!」
違う!餃子だ!
「ええ〜・・・。」

結局晩御飯は餃子とピザになりましたとさ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする