バーベキューの火おこしのコツ!初心者でも出来る簡単なやり方は?

我が家では毎年夏に月1でバーベキュー。
友人家族を招いて庭でやります。
そんな訳で夫はバーベキューマスター。
火おこしは男のロマンだ!と張り切ってやっています。

ところがある土曜日。
夫の仕事が遅くなり帰宅が遅れました。
既に友人は集まりつつあります。
ここは私が火をおこさねば!

とりあえず炭を並べて灯油をかけてみよう。
と思ったら友人たちが必死に止めました。
「違う!それ違う!」
え?どう違うの?

スポンサーリンク

火おこし準備!4大アイテムはコレ!

まず火おこしで灯油の使用はNGです、念の為。
一気にファイヤー!で火事の原因となります。
私はタンクから直接かけようとしましたからね。
「どんだけクレイジーだよ!」と夫に叱られました。

まずバーベキューの火おこしで準備するもの4つです。

●バーベキューコンロ
●木炭
●チャッカマン
●着火剤

他に軍手と火バサミと団扇ですね。
焼き網とアルミホイルも当然要ります。
あと灰を入れておくための火消し壺かクッキーの缶。

コンロの底にはアルミホイルを敷いておきます。
これやっておくと灰の処分の時に便利。
私は毎回忘れてしてしまいコンロ汚してますが。
ごめん、旦那。次はやるから!

必要な道具はホームセンターで揃います。
炭は木炭ですね。箱で売っていますよ。
本当は箱全部使うことはないですが。
でも足りないよりはマシです。

炭では備長炭が有名です。
でもあれは火熾し器が必要なんですよ。
着火剤方式では無理。

木炭で十分ですよ。
安いし簡単ですしね。

Sponsored Link
[adsense]

簡単に火おこしをする方法は?

やり方は簡単。

着火剤を並べてその上に炭を組んで乗せます。
夫はこの時に細かくした炭を着火剤の近くに乗せます。
大きめの炭は組み上げるのに使います。

あとはチャッカマンで着火剤に火をつけるだけ。
火が炭に燃え移ったら団扇で仰いで火を大きくします。
炭が白くなったら準備OKです。

火おこしは調理30分以上前にやります。
炭の調子が出てくるのは30分程度経過してからなんです。
バーベキューが終わる頃に火が調度良くなってくる
なんてのが初心者のありがちな失敗。

ちなみに着火剤なしでも火おこしは出来ます。
新聞紙を丸めて棒状にして櫓に組みます。
周囲に炭を積んで真ん中に火の付いた新聞紙を入れる。
テレビでやっていましたね。

着火剤が無い時にはこれをやりました。
2分で火がつく!という評判だったので。

結論としては着火剤でも火のつく早さは同じ。
むしろ着火剤のほうが簡単で初心者にはお勧め。
新聞紙は煙がモクモク出て灰が飛び散りますしね。

火おこしをした後始末はどうしたらいい?

初心者によくある失敗。
炭に水をかけて消してその辺に埋める。
これ、マナー違反ですから止めましょうね。
ていうか危険ですし。

炭に水をかけるとコンロがベチャベチャ。
後の始末が大変なんですよ(経験済み)
蒸気やら炭やら飛び散りますし(経験済み)
それにコンロの破損の原因となります(経験済み)

バーベキュー広場は炭を捨てる専用の場所があります。
炭を捨てる場所がないなら火消し壷を使います。
空気を遮断して火を消すんです。
炭は次回に使えるので節約できていいですよ。

クッキーの空き缶も火消し壺代わりに出来ます。
ただ無茶苦茶熱くなりますから注意してください。
火消し壺買ったほうが無難ですね。
1,000〜5,000円の範囲で売っています。

ちなみに我が家の後始末方法。
1) 一晩放置する(火が消えるまで確認してから)
2) 庭に翌日灰をまく

我家の場合は肥料の代わりです。
庭付きの家だから出来る事ですね。

まとめ

本当はアウトドアな火おこしにも興味があるんですよね。
火打ち石とか。
原始的な火おこしセット使うとか

い、意外に高い(笑

実は保育園のイベントで一度やったことがあります。
結果としてはやらないほうがいいですね。

数人がかりで交代して30分以上やってようやく成功。
チャッカマン万歳!
でも火のありがたさを子供に教えるのにはいい経験かも。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする