松前城の桜の見頃と時期は?周辺観光スポットはどんなものがあるの?

北海道の桜の名所といえば五稜郭と松前城。
特にこちらは日本式の城としては最後にできたもの。
歴史的遺産としても貴重なものです。

松前公園の桜は凄いんですよ。
その数なんと1万本!
種類も250種もあるんです。
ソメイヨシノより八重桜系が多いのも特徴です。

早咲きもあれば遅咲きもあるので1ヶ月は楽しめるとか。
北海道の歴史と共に桜を楽しむには絶好の場所です。

具体的な見頃と時期はいつ頃なんでしょう?

スポンサーリンク

松前城の歴史って?桜の時期は?

松前城は北海道の中で唯一の日本式の城。
松前城 桜 画像
安政元年(1854年)に作られました。
日本の城100選にも入っています。

正式には福山城なんですけどね。
戊辰戦争時に土方歳三が攻め落としたことで有名です。

城の方は戦後に一度火事で焼け落ちています。
本丸御門は重要文化財に
本丸表御殿玄関は道指定有形文化財に指定されています。

松前って本当に北海道最南端です。
城の近くに竹林あるのにはビックリしました。
普通北海道って熊笹しか見ませんからね。

ちなみに松前城の瓦って銅板だったんですよ。
何せ雪降りますからね、北海道。
粘土瓦だと耐久性に問題があったらしく。
ちなみに北海道で瓦屋根の家って普通見ません。

さてそんな松前城の桜の時期ですが。
実は品種によって違うのです。

何せ250種類ありますからね。
早咲きのものなら4月末から。
遅咲きのものなら5月半ばから末まで。
おおよそ1ヶ月にわたって楽しめます。

つまりGWは桜を見に行く絶好のチャンスなのです!

Sponsored Link
[adsense]

松前城の桜の種類と見頃は?アクセス方法は?

松前城の桜の種類は250種類。
その中で連休に見頃になりそうなものを紹介します。

有名なものとしては血脈桜(けちみゃくさくら)。
血脈桜 画像
2014の見頃はちょうど5月5日頃でした。

大山桜も去年は4月30〜5/6ごろ。
染井吉野も5/6〜5/13ごろ。

これだけ種類があるので連休に何も咲いていない!
なんて事はまずないでしょう。
詳しい開花情報は「北海道松前情報瓦版」をどうぞ。
http://file.asobube.com/kaikayosou/kaikayosou.html

アクセス方法

実はここ、非常にアクセス悪いです・・・。
車以外行く方法ないのでは。
函館からだと直通バスで3時間。

他には函館からJRで木古内(きこない)まで。
そこから松前までバスという方法もあります。
http://file.asobube.com/acces/hakodate~.html
バス時刻は変更されることがあるので要確認。

車の場合

函館から国道228号(松前国道)へ入ります。
松前まで車で約2時間くらいですかね。

車で函館→松前に行くならば朝8時くらいに出ましょう。
普段はともかく連休中はそうしないと大変。
なにせ一本道ですからね。

ちなみに松前公園には無料の駐車場があります。

お勧め観光スポットとグルメは?

まずは松前城。
日本で最後に作られた最北端の城です。
サイズとしては小さいです。
大きな窓も飾りもないシンプルなお城。

入館料が大人360円、子供240円。
営業時間は9:00〜17:00です。

松前城付近に寺町という古寺が並ぶエリアがあります。
こちらは無料。
龍雲院の蝦夷霞桜が綺麗です。

他に松前藩屋敷があります。
これは江戸時代の城下町を再現したテーマパーク。

建物の中に入れるし着物や甲冑なども借りられるとか。
意外と楽しめます。
入館料は大人360円、子供240円。
営業時間は9時〜17時です。

松前城から歩いて行けますがバスも出ています。
バス停 松城で降りて徒歩15分くらいです。

松前で有名な食べ物は松前漬けですね。
松前漬け 画像
簡単に言うとスルメと昆布と数の子の漬物です。

現地で買うなら市場で売ってます。
http://www.hakodate-asaichi.com/
材料によって価格は変わります。

スイーツならスナッフルズのチーズオムレット!
http://www.snaffles.jp/cheese_omelette/#cheese
1,200円(税別)です。

まとめ

食べに行くなら北前食堂。

道の駅「松前」の中にあります。
ここの松前殿様丼(1,080円)が美味しいそうです。

マグロやイクラなどの海の幸をふんだんに使ってます。
ふのりの味噌汁も美味しいとか。
ここはおにぎりも美味しいです。
というか海苔が美味しいんですよね。

車で松前に行く方は是非どうぞ。

個人的にはスナッフルズのチーズオムレット。
とろけるんですよ。あれはいいですよ。
通販でも買えるので是非!

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする