麻疹の予防接種に副作用はある?MRワクチンについて教えて!

私は子供たちを保育園に預けています。
予防接種は入園の必須事項です。

でも副作用を気にする人もいます。
私もそれは気になりますけどね。

ただ自然感染のリスクと副作用のリスク。
自然感染の方が高いです。
だって10人感染したら4人は入院です。
1000人に1人は死にます。

一方で予防接種は?
副作用が出る確率のほうは100万人に1人。

とはいえ、どんな副作用が出るのか気になるところ。
副作用について調べてみましょうか。

スポンサーリンク

麻疹予防接種のMRワクチンってどんなもの?

MRワクチンは麻しん風しん混合ワクチン。
Mは麻疹(measles)、Rは風疹(rubella)の頭文字。
昔はこれにおたふくかぜ(mumps)も入っていました。
MMRワクチンです。

しかしこのムンプス(おたふくかぜ)ワクチン。
レニングラード株という種類でした。
無菌性髄膜炎の発症率が高かったんです。
その為今はMRのみです。

このMMRの時期のせいですかね。
予防接種=ヤバイという誤解が広がったんですよね。
ちなみに今のムンプスワクチンは星野株か鳥居株。

要するに違うの使っています。
無菌性髄膜炎の発症率は20,000分の1です。
ちなみにおたふくの無菌性髄膜炎は予後良好です。
それほど心配はないですよ。

Sponsored Link
[adsense]

副作用はいつから出るの?どんな症状?

ワクチンの「副作用」は?

● アレルギーによるショック症状
● 薬剤そのものに対する副反応
この2つに分けられます。

アレルギーによるもの

今のMRワクチンはニワトリとウズラの細胞使っています。
卵は使っていません。

ワクチンで問題になるのはむしろゼラチン。
昔はこのゼラチンがワクチンアレルギーの原因でした。
今は低アレルギーのゼラチンかゼラチンフリー。

それでもアレルギー体質の方は念の為、
医師に確認してから接種してください。

アレルギーが無い場合

接種後の薬剤に対する副反応としては
● 発熱(20〜30%)
● 発疹(10%)
● 蕁麻疹、注射部位の腫れ、発赤(まれ)

これが殆どです。
これらの症状は蕁麻疹や腫れは接種直後〜。
発熱や発疹は5日〜14日後に出てきます。

大抵は症状も軽く数日で収まります。
3日以上続くようなら医師に相談しましょう。

予防接種によって感染するリスクは?

残念ながらゼロとはいえません。
脳炎になる事がまれにあります。
発症率は100万人に1人程度。

これ見て「ほら、やっぱり危ない!」と思わないで。
自然感染の場合の脳炎の発症率はもっと高いんです。
およそ1000人に1人。

自然感染よりも予防接種のほうがリスクは低いです。

麻疹の予防接種の副作用と自然感染ではどちらが危険?

もちろん自然感染です。
麻疹は感染力半端無いです。
空気感染ですからね。
もし抗体持っていない人が感染者と同じ部屋にいたら。

90%以上の確率でほぼ間違いなく感染します。
1人いたら20人くらい移ります。
しかも発症したら結構大変。
毎年50人くらい麻疹が元で日本人死んでます。

今の日本では麻疹では滅多なことでは死にません。

でも感染力の高さ。
そして合併症の発症率(30%)。
これが高いのは事実です。

日本では予防接種の接種率が50%。
まだまだ後進国です。
しかもアメリカから麻疹の輸出国扱いされてます。
腹立つけど今の現状では文句言えない。

副作用は怖いです。
でも薬剤や治療法で副作用の無いものはありません。
この世にゼロリスクは存在しません。
必要となるのはリスクの大きさの判断と選択です。

今の現状ならば予防接種のほうがリスクが低いです。

まとめ

うちの息子達もMR受けました。
長男は発熱(38度)しました。
注射の跡も腫れました。
数日で収まりましたけどね。

次男と三男は無反応。
三男は注射される前に怒り泣き。
泣きすぎて注射されたのに気づかない始末。
兄弟によって違うなあ。

ちなみに発熱する確率は三種混合のほうが高いですね。
あれは全員接種後発熱しました。
効果の高いワクチンのほうが発熱率高いです。

もし接種後数日たっても熱が引かない場合は小児科へ。

子供の麻疹の症状ってどんなもの?他の病気との違いが知りたい!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする