鼻うがいの方法は?効果的なやり方教えます!

私の長男は鼻炎持ち。
花粉症ではないのですが、いつも鼻をかんでます。
鼻うがいが効果的と聞いたので勧めましたが。
「鼻痛くなるからイヤだ」と拒否。

確かに鼻に水が入ると痛い。
でも使うのって確か真水じゃないはず。
正しい方法がちゃんとあるのです。
例えば真水を使っちゃいけないんですよね。

鼻うがいセットも市販されていますし。
一度試してスッキリしてみようかしら?

スポンサーリンク

鼻うがいってそもそも?

鼻うがいとは鼻を洗浄すること。
生理食塩水などを使います。
鼻の奥の鼻汁や埃や花粉を洗い流すのです。

花粉症の症状緩和に効果があると言われています。
鼻をかんだだけでは出ない鼻水を出すのにもいいとか。
風邪予防にも効果があるみたいですよ。

初心者にお勧めの方法は洗面器を使うこと
まずは動画をご覧ください。

1)洗面器に25〜30度のお湯を2リットル入れる。
そこに大さじ1(18グラム)の塩を入れる。

2)片方の鼻の穴を指で塞ぎもう片方から吸い込む。

3)吸い込んだ水を鼻から出す。

4)残った水を出す。

鼻うがいの後、おじぎをするように頭を下に向けます。
その状態で左右を向けば残った水が出てきます。
鼻をかむと中耳炎の原因になることもあるので注意。

この際の注意点は絶対に真水を使わないこと。
プールとかで鼻に水が入ると痛いですよね。
あんな感じになっちゃいますよ。

また水や唾は途中で飲み込まないこと。
中耳炎になることがあるんです。
不安な方は耳鼻科で相談しましょう。

Sponsored Link
[adsense]

鼻うがいの方法の注意点や危険性は?

鼻うがい自体害はありません。
ただやりようによっては逆効果になります。
という訳で改めて注意点と危険性を書きます。

真水は使わない

水道水の塩素は鼻の粘膜を刺激します。
実際問題、真水だと痛いですよ。
生理食塩水がベスト。

温度も25度以上のぬるま湯にしてください。
冷たい水は刺激が強すぎます。

回数は一日2回から3回まで

鼻うがいは埃や花粉を洗い流すのにいいです。
ただやり過ぎると鼻の粘膜も洗い流します。

こうなると鼻のバリア機能が失われます。
粘膜には抗体が含まれていますからね。
やり過ぎると感染症のリスクも上がります。

中耳炎のリスクが高くなる

正しくやっていれば大丈夫です。
問題は正しくやらない場合。

例えば鼻うがいの際に唾を飲み込んじゃったり。
水が耳に回ることがあるんですよ。
これは鼻うがいの後に強く鼻をかんでも起こります。

耳は外から水が入っても大丈夫です。
鼓膜がありますからね。
ただ中から入ると良くないんです。

鼻うがいの方法で簡単な道具はないの?

ハナクリーンS

東京鼻科学研究所の商品。
定価3,950円。

ボトルと洗浄液のセットです。
洗浄液だけなら1,000円程度。
ちょいと高めですが、アマゾンでは一番売れています。

ハナクリーンEXもあります。
ただ9,700円と高いのと、持ち運びに不便。

ナサリン

エントリージャパンの商品。
先端がシリコンなので使いやすいそうです。
定価2,500円。

別に塩水を作らなくてはいけないのが面倒です。
でも使い勝手とコストパフォーマンスは一番いいです。

ハナノア

小林製薬の商品。
定価1,000円。
洗浄液だけなら定価800円。

初心者にもやりやすいと好評です。
ただコスパは悪いですね。

アルガード

ロート製薬の製品。
定価900円。

スプレー式で使いやすいようです。
洗浄液が入っているので便利。
ただこれもコスパが悪いです。

総合的に評価が高いのがハナクリーンとハナノアです。

まとめ

鼻うがいってヨガでもやります。
ネティポットという専用の容器を使います。
先端が尖った形でまるで花に水をやるじょうろみたいですね。

私もヨガやっていますが、これは知りませんでした。
今度先生に聞いてみようかな。

鼻うがいに自信が無い方。
また現在耳鼻科に通っている方。
まずは医師に相談してからやってみてください。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする