窓の結露防止対策!二重サッシにしなくても解消できる方法は?

冬に問題になるのが窓の結露。
原因は部屋の中の空気に含まれる湿気。

じゃあ湿気が無ければいい!
でも空気が乾燥すると風邪やインフルエンザの危険が。
ウイルスって乾燥した空気が好きなんです。

湿気は必要だけど過剰だと結露になる。
困ったことです。

結露の原因は窓と室温の温度差。
それを解消するには二重サッシが一番。
でも施工費が高い!
賃貸じゃ施工できない!

さあこの問題どうやって解決しましょう?

スポンサーリンク

窓の結露防止対策の基本!結露ってどうしてなるの?

空気は普段から水蒸気を含んでいます。
その水蒸気の含有量は暖かいほうが大きいです。
気温が下がると水蒸気を維持できなくなります。
つまり飽和状態になって水滴となるのです。

この水滴が窓に付く状態が結露。
窓を隔てて寒暖の差が大きいと起こります。
空気中に水蒸気が多いと結露しやすくなります。

空気中の湿度は室温により変化します。
例えば室温が20度で湿度が60%の場合。
この状態では結露しません。
でも気温が12度になると湿度は100%になります。

湿度100%では空気中の水蒸気が飽和状態になります。
つまり結露コース。

冬場の窓ガラスは12度以下になります。
一方室内は暖房で20度前後が普通。
当然結露しますよね。

結露の主な原因は
●FF式でない灯油暖房(水蒸気が出やすい)
●洗濯物の室内干し
●観葉植物がある

結露を防ぐためには
●湿度を下げる(換気する)
●窓の温度を下げない
どちらかの対応が必要となります。

Sponsored Link
[adsense]

窓の結露防止で二重サッシ以外の対策はないの?

結露の防止策でベストなのは二重窓。
次は真空ガラスを使った窓です。
でも施工費用かかりますよね。

他には床から温風を拭きあげるタイプの暖房。
あるいは窓の下にオイルヒーターを設置する。
これらは窓を冷やさないので効果あり。

でもこれも施工費がかかります。

んじゃあ、お金のかからない対策。

ズバリ、換気です。
要は湿度が下がればいいのです。
もちろん除湿も効果があります。

他に暖房は燃焼系を使わない。
エアコンやオイルヒーターが効果的。
燃焼系はどうしても水蒸気出ますからね。

ただ、寒冷地はエアコンだと無理です。
燃焼系じゃないと寒くてやってられない。

あ、ちなみにガスストーブは論外です。
月3万以上かかりましたからね。
オイルヒーターも電気代が跳ね上がりました。
何だかんだ言って灯油が一番安くて暖かい。

じゃあどうするかというと。
寒冷地は暖房は灯油ストーブを使います。
様式はポータブルじゃなくてFF式にします。

窓の結露対策にはこんな便利グッズあり!

結露防止には


●簡易二重サッシ


ホームセンターで9,000円程度。
自分でサイズ測って切って作るので面倒ですが。

●断熱シート
フィルムタイプとプチプチタイプがあります。
フィルムタイプが見た目いいですね。
価格は3,000円程度。

断熱だけを考えるならプチプチが一番いいです。
1,000円程度で買えます。

ただし見た目が悪いし窓が開けられない。
窓からの光も減ります。

断熱シートは結露防止よりも省エネ対策です。
結露する時はします。


●結露防止スプレー

結露防止スプレー
900円程度。
多少は予防効果あります。

次に出来てしまった結露対策。

●結露吸収テープ
結露吸収テープ
10mで900円程度。
出来てしまった結露を吸収、蒸発させます。
ある程度効果があります。


●結露用ワイパー

結露ワイパー
窓の結露を取るためのワイパー。
100円ショップでも売っています。
取っ手の部分に水が溜まるので使いやすい。

まとめ

結論から言うと、結露防止は湿気対策です。
換気が一番効果的ですね。
冬は適度な湿度が必要です。
湿度計を見ながら調節しましょう。

基本的に湿度は50%前後がベスト。
30%以下は感染症のリスクが上がります。
60%以上は結露とカビのリスクが出ます。

我が家は断熱シートを使っていました。
結露取りテープも貼りました。
でも子供達に剥がされるので諦めました。
今は湿気管理と結露ワイパーでこまめに取ってます。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする