窓の冷気対策が知りたい!安くて簡単コールドドラフト撃退法!

我が家は古い一軒家。
暖房していても窓から冷気が来ます。

カーテンを引けば窓の冷気は防げます。
でもそうすると結露が酷い。
結露を防ぐためにはカーテンはしないほうがいい。
でもそんな事をしたら冷気が酷くてやっていられない。

本当はね〜。窓の前に暖房を置けばいいんですよ。
ベランダの前の床から吹き上げる暖房があります。
これなら完璧。
でも施工にいくらかかるの!

何か簡単で安い対処方法はないの?

スポンサーリンク

窓の冷気対策の基本!コールドドラフトって何?

冬になると部屋ではストーブをたきます。
これで部屋はポカポカ。
と、思ったらどこからか冷たい空気が。

暖房によって暖められた空気は上にのぼります。
その為、部屋の中で空気の循環が起きます。
その際窓で冷えた冷気が部屋の床を吹き抜けるのです。

これがコールドドラフト。
図にするとこんな感じ。
コールドドラフト

要するに窓がいけないのですよ。
窓のところに冷たい空気が出来るからです。

対応策としては窓をペアガラスにするとか。
でもこれは施工費がかかりますよね。
賃貸じゃ無理だし。
北海道の場合気温が氷点下になる為これでも不足です。

他に窓の下に暖房器具をおく。
灯油ストーブは駄目ですよ!カーテン燃えます。

オイルヒーターを設置すると結構効果があります。
窓からの冷気を温めてくれますからね。
この場合はカーテンが短い必要があります。
でなければブラインドでないと危険。

でも、この場合も電気代がかかりますね。
もっと安い方法はないか検討してみましょう。

Sponsored Link
[adsense]

窓の冷気対策で簡単で安い方法はないの?

てっとり早いのはカーテンをする

それも床に引きずるくらいの。
これが意外と効果的。

カーテンを買い足さなくても大丈夫。
アジャスターフックで調整できます。

8〜10個入で200〜300円程度で売ってます。
これでカーテンの位置を低めにしましょう。

ただし、今度は別な問題が。
窓が結露しやすくなるんですよね。
何故なら部屋の湿気がカーテンと窓の間にたまる。
それが冷たい窓にくっついて水滴になるのです。

そこで窓に断熱シートを貼ります。
結露も防止できるのでいいですよ。
断熱シートはホームセンターで売っています。
W90×H200センチくらいのサイズなら1,000円程度からあります。

結露防止シートは基本水貼りです。
窓を綺麗にしてから満遍なく霧吹きで窓を湿らせます。
そこにシートを広げて貼るのです。
一人でも出来ますよ。

断熱ボードを窓の下に置く

W200×H40センチサイズで800円〜1,000円程度。
これも効果があります。
置くだけですから簡単でてっとり早いですしね。

冷気を感じやすい体の部分・時間帯

窓の冷気を一番感じやすい時間帯

やはり夜間。
気温が下がりますからね。

人の体の寒さを感じやすい部分。
それは体温を奪われやすい部分です。
具体的には首、肩、腰、手首と足首です。

対応策

まず夜間はカーテンを引く。
これだけでかなり違います。
ブラインドよりも床まで届くカーテンがお勧め。
先ほど説明した断熱シートやボードがあればなお可。

服装は「首」のつくところを覆うようにしましょう。
首と手首と足首です。
特に部屋の冷気は床にたまりがち。
くるぶしまでの靴下、厚手のスリッパで対応します。

上半身はタートルネックの服やマフラーがお勧め。
服は薄手の重ね着がお勧め。
服の間に空気の層ができるので断熱効果が期待できます。

他にお勧めが薄手の腹巻き。
ホッカイロを入れられるタイプも出ていますよ。
腰のあたりを温めると効果抜群です。

まとめ

我が家は古い一軒家ですが一ついいことがあります。
それは茶の間が床暖なこと。
床暖いいですよ〜。
全然冬の寒さが違います。

おかげで家族五人、冬は主に茶の間で過ごしています。

やはり空気の循環を考えたら床暖はいいですね。
お金があって一軒家なら床暖はお勧めですよ。

ちなみに私の冬の服装。
タートルネックの上に半纏を羽織っています。
靴下は二重でしかもスリッパ。

格好悪いけど暖かい。
寒さにゃ勝てません・・・。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする