大雪の日の雪かきはどうしたらいい?雪かきのコツ教えます!

北海道に住んでいると冬場に決まってする仕事。
それは雪かき。
冬場は少し早めに起きてまずは外の状態をチェック。
玄関モニターの門柱の上の積雪を確認します。

門柱に雪がごっそり積もっていたら雪かきのサイン。
出勤前にひと働きです。

こういう時に便利なのがママさんダンプ。
あとジョンバ。
スノープッシャー。
って言われても雪国じゃないとピンと来ないですよね。

雪かきの方法と道具について説明します。

スポンサーリンク

大雪の日の雪かきのコツ!雪かきのタイミングと服装は?

雪かきのタイミング。
まあ基本は雪が降り終わってからですね。
北海道基準だと10センチから雪かきGO!ですが。
ちなみに年寄りは冬、一日中雪かきしています。

雪国はいっつも降るので目安とか特に無いですね。
札幌の場合は早朝が基本
積雪量が15センチ超えると除雪車が深夜出動です。
だけど除雪車は車道の雪をかき分けるだけ。

だから朝は玄関先に雪がてんこ盛りなのです。
これが圧雪だから固いわ重いわ!
以外に時間がかかるんですよね。

普段雪が降らない地方も朝がいいでしょう。
慣れない作業すること考えたら時間に余裕を持って。
天気予報で雪が降る可能性を指摘されたら朝確認です。

この時の服装は基本長靴。
工事現場のおっさんみたいなゴッツいのが便利。
滑らず足首に雪が入らないのが基本です。
他はジャンパーに手袋ですね。

夫は軍手をはいてやってます。
動きやすさ重視ですね。
動いていると暑くなるので重装備じゃなくてOK。

Sponsored Link
[adsense]

大雪の日の雪かきに使う道具は?無い場合は何で代用する?

北海道での各家庭の標準装備。
雪かき 道具

これらを雪質で使い分けます。
定番がママさんダンプ。
ママさんダンプ
ホームセンターにて4,000円くらいで売ってます。

雪が積もっている時はこれで一箇所に纏めます。
気分はブルドーザー。
一気に纏めて運んで捨てるのに非常に便利。

他にスノープッシャー。
スノープッシャー
これもホームセンターで2,000円くらい。
0度以下の日の軽い新雪を一箇所に集めるのに便利。
ママさんダンプ使う程でもない時はこれでスッキリ。

他にジョンバ。
ジョンバ
大体これも2,000円くらいですかね。

軽くて扱いやすいので雪をすくってどかすのに使います。
柄が長いので屋根の雪下ろしにも使えます。
ただ圧雪等の重い雪には不向き。

他に金属製のシャベル。
シャベル
これも3,000円程度で買えます。
除雪車が寄せてきた重たい圧雪にはシャベルです。

これらの道具がない場合は?
要は雪かきの道具に近いものなら良いのです。
● 柄が付いているもの
● 雪をかき分ける広い面積のあるもの

そのポイントで次はいろいろ検証してみましょう。

大雪の日にシャベルが無い!そんな時に使える代用品は?

雪かきの際に道具がない場合。
代用品として以外に使われているのがチリトリ。
特にこういった大型のもの。
ちりとり 雪かき

他にフライパンとか。
バケツを使った方もいたみたいです。

一番便利なのはですね。
何か丈夫な棒状の物にベニヤ板を付けることです。
雪かき

耐久性はありませんが、間に合わせにはなります。
降ったばかりの新雪ならばこれで何とかなるのでは。

あと、風呂の蓋。
意外と使えます。
要するに板状で雪をかき分けられればいいのですよ。

ポイントはこまめにすくうことを考えない。
一気に押して通り道を作ればいいのです。
その上で雪を移動させたい場合一山作って纏めて移す。
内地なら放っておけば溶けるでしょう。

あと、地面が見えるまで頑張らなくていいです。
これは北海道人の感覚なんでしょうかね。
冬は雪の上を歩くのが基本です。

冬場は数十センチ地面が高くなるのは普通です。
大雪が積もって道具がないなら最悪踏み固めればOK!

まとめ

私は中学時代仙台に住んでいました。
生まれて初めてアカギレになりましたよ。
仙台は北海道程冬の備えがないのです。

窓が二重じゃないし。
コートペラペラだし。
雪かきなんて全然やりませんでしたね。
だからたまに雪が降ると大変。

交通マヒで大混乱でしたね〜。
かえって雪国のほうが過ごしやすかったです。
雪も慣れると楽しいですよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする