フロントガラスの凍結対策!その原因と対処方法は?

朝は毎日戦争です。
子供たちを叩き起こし、朝食を準備し・・・。
全く手伝いもせず急がない子供達にイライラしながら。
ようやく支度出来て、さあ出発!

と、思っていたらフロントガラスが凍結!
以前アパート暮らしの頃には毎朝でした。
屋外駐車場だったんですよね。
ガレージがあれば凍結しないのですが。

屋外の場合、車の雪払いから始まります。
雪は落とせばいいですが、凍結は面倒ですね。
こんな時、どう対処したらいいでしょう?

スポンサーリンク

フロントガラスの凍結の原因は何?

原因は放射冷却なんですね。

放射冷却というのは北海道の冬ではよく聞く言葉。
普段は地球の発散する熱を雲が吸収してるんです。
で、その熱を地上に再放散するので冷えないのです。

しかし晴れた日は地上からの熱を遮る雲がありません。
当然地表の熱が空に逃げっぱなし。
夜は気温が下がりっぱなし。

そんな夜の翌朝は地上がキンキンに冷えます。
この時に空気中の水蒸気が一気に凍って窓に付きます。

これが窓につく「窓霜」
まあ実際にはいたるところに付いてるんですが。

で、それ以外に空気中の霜が降りてくるんですよね。
これが「霜が降る」という状態。
空気中の水蒸気量は温度が高いほど含有率が高いです。
気温が下がるとそれが維持できなくなります。

この飽和状態になった水蒸気が地上に降りるんです。
冬になるとこれが凍って降ってくるわけです。
屋根の下やガレージでは霜が付かないのはこのため。

なので曇の日、風の強い日に霜は降らないんです。

Sponsored Link
[adsense]

フロントガラス凍結の防止方法や便利アイテムは?

フロントガラスの凍結防止に最も良い方法。
それはガレージや屋根の下に車を置くこと。

でも屋外駐車場の人はどうにもなりませんよね。
そんな場合に良いのはこれ。

フロントサイドカバーという商品名で売られています。
要はフロントガラスを覆えばいいのですよね。

アマゾンでは1,500〜2,000円前後。

サイズによって装着可能車種が違うので注意。
このフロントカバー、吸盤型よりもフックがいいです。
ドアに挟んで使っている人もいるみたいですが。

もう一つの方法は撥水剤を塗ること。
JAFによる実験でも効果は実証されています。

表面は凍結していたが、スノーブラシのスノースクレーパー(へら)を使うと、簡単にきれいに取り除くことができた
http://www.jaf.or.jp/profile/news/file/2014_45.htm

撥水剤はカー用品店などで販売されています。
1,000円前後のものから5,000円程度まで様々です。

屋外駐車する場合、ワイパーを立てておくのは基本。
ていうか必須ですよ!張り付いちゃいますからね。
ちなみに北海道の場合ワイパーは冬用にします。
ウインドウォッシャー液も不凍液が基本です。

フロントガラスが凍結してしまった時の対処法は?

まずはデフロスターを作動させます。
ただこれだと解凍するのに10分はかかります。
こんな時は解氷剤を使うのが一番。
1,000円前後で売っています。

我家の場合はこれを使っています。

ウインドウォッシャー液です。

冬場はこれをウインドウォッシャー液に使っています。
凍結していた場合はまずこれをかけています。
ある程度溶けてきたらワイパーを動かします。
安いし簡単です。

ちなみにお湯をかけるのはNGですよ。
熱湯だとガラスを傷めますし、ぬるいと凍ります。
冬の北海道でお湯を使うのは悪循環です。

ちなみにフロントガラス内側の凍結は?
これは結露が原因。
車内の湿気が温度の下がった窓ガラスに触れて水滴に。
これが凍るわけです。

原因は車内外の温度差です。
対応策としては停車する前に車内温度を下げる。
・具体的には窓を開けて換気。
・ACをオフにする等ですね。

結露は怖いですよ。
へたするとドアも凍って開きませんからね。

まとめ

冬の雪国での車内必須アイテム

● スノーブラシ
冬はあっという間に車が埋まります。
車 雪 画像
出勤前の雪除けと氷をかき落とすのに必須。

● シャベル
掘り出すのに必須。冗談抜きで。

● スノーヘルパー
雪が溶け出してくると、タイヤも空回りします。

古い毛布で代用するのも一つの方法です。
なので毛布も必須ですね。
防寒用にも使えますし。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする