さっぽろ雪まつりの見どころは?ここのホテルがお勧め!

冬と共に雪まつりの季節がやってきます。
今年の開催期間は2/5(木)〜2/11(水・祝)です。
私は札幌在住です。
なのにここ最近は見ていません。

なにせ混むんですよ。
そして寒いのですよ。
男児三人連れて行くのを考えると・・・。

しかし最近はいろいろ変わっているようです。
夜のプロジェクションマッピングとか。
新たな会場、つどーむとか。
ちょっと行ってみたいな〜。

進化し続けるさっぽろ雪まつり。
見どころやお勧めホテルをご紹介します。

スポンサーリンク

さっぽろ雪まつりの見どころは?

雪像を見たいならば大通会場です。
やはり一番の見どころは大雪像!
特にプロジェクションマッピングが凄い!

これがプロジェクションマッピング
雪まつり マッピング
昼間の雪像もいいですが、これも凄い。

これ世界初の試みだったんですよ。
2013年から始まりました。

大通り会場は西1丁目〜西12丁目まで。
大雪像があるのは2〜10丁目。
さっぽろテレビ塔のある方向が1丁目です。
大雪像目当てなら2丁目から見ることを勧めます。

入場料は無料
いつでも見たいときに見られます。
夜間ライトアップは17時過ぎから始まります。
22時には終わりますのでその間に行くと良いでしょう。

6丁目では北海道食の広場が。
公募制で選ばれた屋台がずらり。
今年はどんな店が出るのかな?
雪まつり一日前の2/4(水)から始まります。

営業時間は2/4のみ12:00〜22:00。
雪まつり中は10:00〜22:00です。

すすきの会場は南4条通りから南6条通。
大通り会場からちょっと歩きます。
でも夜間の氷像はとても綺麗です。
雪まつり

Sponsored Link
[adsense]

さっぽろ雪まつりのつどーむ会場の見どころは?

つどーむは他会場から離れています。
開催時間も9時から5時までと短め。
でも子連れで雪遊びするならここです。

全体図としてはこんな感じ。
つどーむ 地図

大きな滑り台があります。
つどーむ施設内も休憩スペースや遊び場があります。
アクセスは駐車場がないので地下鉄かシャトルバスです。

小さな子供がいる家族にはお勧めです。
半日は遊べますよ。
午前はつどーむ、午後からは大通会場。
そういう使い方もあるかもしれません。

個人的には子どもと半日遊ぶと疲労でダウンします。
他会場は日を改めて行くほうが無難です。

ここは小学生やそれ以下の子供の雪遊び専門です。
雪像や氷像を見たいなら大通りとすすきので十分。
また雪遊び会場なのでスキーウエアは必須。

雪まつりのスケジュールやシャトルバスの時刻表。
それらの情報は公式サイトに掲載される予定です。
http://www.snowfes.com/index.html

さっぽろ雪まつりに行く際お勧めのホテルは?

※雪祭り時期は価格が3倍位になるので要確認ですよ。

● 東京ドームホテル札幌
http://www.tokyodome-hotels-sapporo.com/

大通公園に面していて雪祭り時期に最適。
コストパフォーマンスが良いです。
価格は1泊1室あたりで5,000〜21,000円程度。

● ホテルリソルトリニティ札幌
http://www.trinity-sapporo.com/

こちらも大通公園に面しています。
大浴場が人気。
空港直結バスがあるので旅行者には嬉しいです。
価格は1泊1室あたりで5,000〜19,000円程度。

札幌駅、大通公園周辺は予約が難しいです。
中島公園近辺なら多少距離がある分予約し易いですよ。
ホテルの数もこの辺が最も多いです。

● ノボテル札幌
http://www.novotelsapporo.com/

外資系でちょっとリッチなホテル。
地下鉄中島公園駅すぐで便利。
価格は6,000〜20,000円程度。

● アートホテルズ札幌
http://art-sapporo.com/

ここのポイントは天然温泉大浴場。
そして中島公園駅から徒歩2分。
価格は6,100〜24,000円程度。

でも、本当は一番評判がいいのは・・・。

● JRタワーホテル
http://www.jrhotels.co.jp/tower/

何せ札幌駅直結!
スパが温泉で大好評。
眺めがいいし食事も美味しい!

価格は14,000〜39,000円程度。
相当早めに予約取らないと無理です。

まとめ

札幌の2月の平均気温は−4度前後
スキーにウエアかダウンコートで正解です。

耳、寒さで痛いです。
帽子か耳あてが要りますよ。
手袋も必須。

あと路面が超ツルツルです。
防寒靴かコンビニで売っている靴用滑り止めが必須。
滑り止めは1,000円程度で買えますよ。

基本的に移動は地下歩行空間を利用しましょう。
札幌駅からすすきのまで移動できます。
勿論、地下鉄でも移動できます。

寒さと上手に付き合いながら楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする