ご祝儀の兄弟への相場は?夫婦で出席なら?【北海道は会費制】

先月、夫の弟が結婚しました。
その際に困ったのがご祝儀の相場。

私は北海道在住です。
結婚式は基本的に会費制。
しかも内地に比べると安いんですよね。

ただ、今回は身内です。
会費(ちなみに今は1,5000円程度)程度は安すぎですよね。
私達が結婚するときにいくら貰ったかにもよります。
・・・いくらだったっけ。

この場合は普通いくら?
誰に相談すればいい?
いつ渡せばいいの?

スポンサーリンク

ご祝儀の兄弟間の相場はいくらくらい?

まず最初に驚いたのですが北海道と内地で常識が違う。

北海道のご祝儀事情は?

実は、8割以上が会費制なのですよ。
私はこれが普通だと思っていたのです。
内地の友人が驚きました。「北海道の結婚式って安いよね!」

え、15,000円を現金で直接受付で払うけど。
あれ安いの?
そういえばご祝儀袋使わないな普通。
払うときに名乗るのもだし。

と、思ったら。
北海道相場はやっぱり安いみたいで。
ALL ABOUTで地域別の平均額が出ていました。
北海道は6万円くらい。
http://allabout.co.jp/gm/gc/71996/

一般的なご祝儀はいくら?

ちなみに内地だと
基本の相場は3万円。
夫婦で出席するなら5万円。

でも兄弟の場合は違うようで。
まあ、大抵は7〜10万だそうです。

ただこれもケースバイケース。
兄弟同士で話し合って決めることが殆ど。
お互い結婚時に払うからチャラにするという意見も。

「みんなのウエディング」で調べてみました。

やっぱり相場は友人・知人なら3万。
兄妹なら5万円が一番多いようです。
http://www.mwed.jp/jyuku/categ35/lecture218/

じゃあ、夫婦ならやっぱり10万円ですよね。

Sponsored Link
[adsense]

兄弟間で渡す場合のご祝儀袋の選び方は?

実は義理の弟のお祝いは家電で買ったのです。
義理の妹と相談して空気清浄機にしました。
それ以外にご祝儀もあげたいなということで。
結局3万円包みました。

で、その時に迷ったのがご祝儀袋。
スーパーで見ましたが、沢山あってよく分からない。
一度帰宅してネットで調べました。
ポイントを整理しますね。

水引が結び切りのものを選ぶ

結婚式は目出度いですが、何度も繰り返すものではないです。
一度結んだらほどけない結び方を選びます。

金額に合った袋を選ぶ

・5千円〜1万円用
http://www.kekkon-j.com/manual/syugi/img/select-pic01.jpgご祝儀袋 画像
一般的なタイプ。
200円〜400円程度の価格のもの。

・1万〜3万円用
ご祝儀袋 画像
300円〜500円程度ですね。
我が家もこんな感じのにしました。

・3〜5万円用
ご祝儀袋 画像
500円〜2千円程度の金額です。
見た目ゴージャスになっていきますね。

要は中身と釣り合った袋にしましょうということです。
ゴージャスな袋で1万円だったら失礼ですよね。

他にも細かいルールを言えばきりがありません。
でも基本はこの2つでいいのではないでしょうか。

ご祝儀を兄妹に渡すときに気をつけることは?

身内なら、本来事前に渡しに行くべきなんですよね。
ここで抑えておきたいポイントをご紹介しますね。

ご祝儀袋を準備!

入れるのは新札。
肖像画が祝儀袋の表に来るように揃えて入れます。

●袋の表には漢数字で金額を書きます。
●裏には住所と名前。

一般的な渡す際のマナーは?

渡す相手は受付です。
①渡す際にはふくさに入れて持って行く。
②折りたたんだふくさの上に袋を乗せて差し出す。

という流れになるんですね。

しかし義理の弟も忙しいので時間が合わず。
結局結婚式当日になったそうです。
親族は事前に集まりますからね。
控室で顔を合わせた時に渡したそうです。

本当は結婚式当日って忙しいんです。
荷物の管理もままならないこともあります。
出来れば事前に渡したいです。
駄目なら事前に書留で送るのも一つの方法です。

ちなみに夫は事前に控室で手渡そうとしたそうです。
しかし「管理できないから受け付けにあげといて〜」
と言われたそうです。

結局受付に渡してしまったそうです。

まとめ

今回の結婚披露宴。
子供たちの会費は?と思って確認しました。
義理の弟からは「数に入れなくていいよ」でした。
実際、子供の数はカウントしないのが普通みたいです。

まあ気になるのならご祝儀にプレゼントプラスですか。

ちなみに北海道の結婚式の場合。
交通費とかは出ません。全部自腹。
会費制なのでという事でしょうか?
なので欠席しても別に問題は無いです。

親族は別ですが。
その際は交通費を主催者側が負担しますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする