2014年の処暑っていつ?意味は?二十四節気って何?

テレビなどで「今日は二十四節気の処暑です」。
などと聞いた事はありませんか?

あぁそうかもう処暑かぁ。なんて思いつつ、
処暑って一体なんなのか、ご存知ですか?

今回は処暑とは、二十四節気とは何か?
どんな意味なのか?
2014年の処暑はいつなのか?について、紹介させていただきます。

スポンサーリンク

処暑って何?二十四節気って何?意味は?

日本には季節を表す言葉がたくさんありますね。
例えば、「立春」「立秋」などです。

それらはほとんど「二十四節気」の一つであり、
「処暑」もその中の一つの季節を表す言葉です。

それでは、その二十四節気とは何か。
そしてその中の処暑とは何を表すのか、紹介いたします。


・二十四節気とは何か

二十四節気(にじゅうしせっき)とは、一年を日数もしくは
太陽の黄道上の視位置によって、24等分し、
約15日ごとに分けた季節のことです。
一か月の前半を「節」と呼び、後半を「中」と呼びます。
その区分点となる日に、
季節を表す「春」「夏」「秋」「冬」などの名前をつけたものです。

かつて中国では日や月や星、植物などを観察して日付を決めていました。
ですがそれではあまりにも正確さに欠けてしまいます。
そのため春秋戦国時代の頃、日付と季節のズレを補うために、
この二十四節気が導入されたとされています。

日本では江戸の頃に用いられた暦から採用されましたが、
元来二十四節季は、上記のとおり中国の気候を元に作られたので、
日本の気候とは合わない言葉や時期もあるようです。

・二十四節気

春 一月  節:立春  中:雨水
  二月  節:啓蟄  中:春分
  三月  節:清明  中:穀雨

夏 四月  節:立夏  中:小満
  五月  節:芒種  中:夏至
  六月  節:小暑  中:大暑

秋 七月  節:立秋  中:処暑
  八月  節:白露  中:秋分
  九月  節:寒露  中:霜降

冬 十月  節:立冬  中:小雪
  十一月 節:大雪  中:冬至
  十二月 節:小寒  中:大寒

・処暑とは何をあらわすの?意味は?
二十四節季の一つ「処暑」は、暑さがやむという意味です。

陽気が弱くなり、朝夕に次第に冷気が加わる。
暑さが収まり吹く風に涼しさが加わってくる。

そんな季節を表す言葉です。

・処暑はいつなのか?
処暑は上記のとおり、二十四節気の14番目です。
旧暦の7月中です。
暦では「暑さが峠を越えて後退し始める頃」がおこる日であり、
天文学ではその「瞬間」とされています。

具体的にいつかといいますと、
太陽の視位置(定気法)では太陽黄経が150度のとき、8月23日頃です。

期間としての意味ももつようで、
この8月23日から、次の15番目の節気である
「白露」前日まででもあります。

以上のように、処暑とは太陽の位置を元に作られた、
季節の暦である「二十四節気」のうちの一つです。
そして「二十四節気」の14番目で、8月23日頃の事です。

処暑のあいさつで「処暑ではありますが、まだまだ暑いですね」などと、
聞くことも多いですが、
処暑は「暑さが収まる日」ではあり、収まり始める日ですから、
まだまだ暑いのも当たり前ですね。

Sponsored Link
[adsense]

2014年の処暑はいつなのか?

処暑は基本的に今のカレンダーでは、
8月23日「頃」とされています。
要するに、絶対に8月23日なわけではなく、
年によっては8月22日だったりもするのです。

実際に、去年の処暑は8月22日でした。

では、今年2014年の処暑はいつなのかというと、

8月23日です。

更に天文学的に言うと

8月23日 04:46 

が処暑になります。

なんだかちょっと面倒ですが、
基本的には8月23日頃、と覚えておけばいいのではないでしょうか?

まとめ

以上、二十四節気と処暑についてでした。

日々当たり前に接している季節の言葉ですが、
こうしてみると、意外と知らなかった事が多くて驚きませんか。

また、その起源の古さにも驚かされますね。
身の回りのなんとなく聞いている言葉を調べてみると、
意外と面白い発見があるかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする