夏休みの自由研究に工作するなら?星座は?2014年のイベントまで紹介!

夏休みの自由研究、何をしようかもう決めましたか?
毎年新しい事を考えるのって大変ですよね。

今回は自由研究に役立ちそうな工作や星座に関する話題、
2014年のイベント情報についてまとめてみました。

スポンサーリンク

夏休みの自由研究におすすめの工作って?

何か作るのが好きならば、自由研究に工作を選ぶのもいいかもしれませんね。

でも何を作ったらいいのか?
おすすめの工作例をいくつかご紹介します。


(1)ペンギン貯金箱

お金を入れるとはね(手?)がぴょこぴょこ動く、
ペンギン型の可愛い貯金箱です。

材料は牛乳パック、ペットボトル、色画用紙。
道具にハサミ、カッター、のり、ペン等
を使います。

ハサミやカッターを使うので、気をつけましょう。
例ではペンギンですが、他に好きな生き物や
モチーフを選んでもいいかもしれませんね。

http://kids.nifty.com/kenkyu/onehour/bank/

(2)スノードーム
おうちにある身近な物を使って、スノードームが作れます!

材料は
空き瓶、食器洗いスポンジ、小さい人形、たまごのカラ。
道具はのり、カッター、瞬間接着剤、割りばし、
鉛筆、ビニール袋
などです。

こちらもカッターを使うので、きをつけましょう。
のりの調整も難しいので、作業するときはしたに新聞紙など、
汚れていいものを敷いて行うといいですね。

例ではぶたさんの人形が入っているだけですが、
雪景色や雪だるまなど、自作するとよりいいでしょう。
素材は消しゴムやオーブン粘土がおすすめです。

http://kids.nifty.com/kenkyu/craft/snowdome/


(3)ビーズ時計

砂時計の砂の代わりにビーズを使って、ビーズ時計を作ります。
ビーズの量を調整することで、3分もしくは5分など、
きちんと計れるようにします。

材料は、
ビーズ、ペットボトル2本、厚紙、テープ。
道具は時計、はさみ、カッター、定規
などです。

ビーズの流れる時間をきっちりと計り、
量を調整しながら作るのがポイントです。
これもカッターやハサミの扱いに注意しましょう。

ペットボトルのデザインや、ビーズの種類を工夫すると
面白いかもしれませんね。

http://kids.nifty.com/kenkyu/craft/snowdome/

以上、工作の例でした。
何か参考になりましたでしょうか?

Sponsored Link
[adsense]

夏休みの自由研究で星座を見よう!

夏の夜空は星座の観察もうってつけです。
工作が無理なら、こちらに挑戦してみましょう!

冬は寒くて大変だけど、夏なら丁度いい気温ですしね!
勿論、夜外に出る場合は、保護者の方に付き添ってもらいましょう。
まずは、星座について調べてみましょう。

こちらのサイト「星座をみつけよう」はとても参考になります。
http://www.zero-co.com/seiza/index.html

星空の見かたから、星座の見つけ方、名前、解説も詳しく載っています。
星座の成り立ち、まつわる神話などかなりの情報量です。
実際に見る前に、予備知識があるとすんなりと星も見つかりますね。

夏休みの自由研究に役立つ!2014年のイベントは?

都会なら、星座をみるのも難しいかもしれません。
最終手段は夏休みだからこその体験学習はいかがでしょう?
色々な企業がイベントを行っているので、ご紹介します。

・ダイキン工業株式会社『”めざせ!空気博士”体験学習イベント』
http://www.daikin.co.jp/press/2014/140620/index.html

こちらは東京と大阪の二か所で行われます。
エアコンの仕組みについて学べます。
費用は無料ですが、事前の申し込みが必要です。


・キャノンマーケディングジャパン株式会社

「キャノンキッズパーク2014 〜自由研究はキャノンにおまかせ!〜」
http://cweb.canon.jp/newsrelease/2014-06/pr-kidspark2014.html

タイトルからして自由研究に役立ちそうなイベントです。
東京都港区(最寄駅:品川駅)にある、キャノンMJ本社の
キャノンホールSにて行われます。
小学生のいる親子向けに、光の性質についてのイベントです。

こちらも無料ですが、申し込みが必要です。

・株式会社リバネス(理科の王国)
「夏休みイベント!ハカセと自由研究大作戦!」
http://scienzeday.com/category/event

こちらも自由研究のためのイベントです。
新宿区の飯田橋駅近くの、
株式会社リバネス知識創業研究センターで行われます。

ホバークラフトやDNA等、色々とテーマがあるようです。

キット購入費や受講料(1000円)がかかります。
キットはいくつかあり、1500〜3500円です。

3つの自由研究のパターンをご紹介しました。
どれか1つは出来そうなものありませんか?

まとめ

自由研究は夏休みの宿題の中でも最大の難関。
どうせなら、楽しみながら行えるイベントにしてみてもいいと思います。

旅行などの計画を立てることも多い時期ですが、
今回ご紹介した内容を日程の中に取り入れてもいいですよね。

お盆シーズンには祖父母のお家に行く機会もありますし。
のどかで澄み切った田舎で、星空を見ながら・・・
自由研究の題材にもなるなんて、まさに一石二鳥ですね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする