ペットボトル症候群って?症状や対策は?糖尿病なの?

暑くなり、汗をたくさんかく季節になって参りました。
この季節に気をつけたいのが「ペットボトル症候群」です。

水分補給に清涼飲料水やスポーツドリンクばかり飲んでいませんか?
もしそうなら要注意です。

最近よく聞くけれど、ペットボトル症候群とはなんなのか?
どんな症状なのか?対策は?糖尿病との関係はあるのか?
色々と調べてみました。

スポンサーリンク

ペットボトル症候群って何?糖尿病?

ペットボトル症候群とは、スポーツドリンクや清涼飲料水、
つまり「糖分を含んだ水分」を大量に飲み続ける事によっておこる、
急性の糖尿病の事です。

正式名称は「ソフトドリンク・ケトアシドーシス」といいます。

近年若年層での急性糖尿病が増えています。
調査の結果、急性糖尿病と診断された人の多くが、
スポーツドリンクや清涼飲料水を、大量に飲んでいたそうです。
そこから「ペットボトル症候群」と呼ばれるようになりました。

かつては水分補給は水や麦茶などでしたが、
スポーツ飲料などの普及により、多くの方が発症しているようです。

特に10代〜30代の若い男性に多いとされており、
中には小学生といった子供にまで見られるようです。

ペットボトル症候群の症状は?

急性糖尿病なので、糖尿病と同じ症状が見られます。
喉が異常に渇き、飲み物を大量に飲む。
トイレの回数が増える。
体だるく、体重が急激に減少する

などといった症状があります。

これを単なる「夏バテ」などと思い放っておいては危険です。
症状が悪化すると、意識混濁を起こしたり、
昏睡状態に陥るなど、命の危険に関わります。

これらの症状を感じ、
且つ、スポーツドリンク等を毎日大量に飲んでいるという自覚のある人は、
一度検査をしてみてはいかがでしょうか?

また、「ペットボトル症候群」というと、飲み物だけが原因のようですが、
他の糖分の摂りすぎでもなります。
特に、缶詰のシロップや、アイスクリームなども原因に挙げられます。

Sponsored Link
[adsense]

ペットボトル症候群の対策は?

・糖分を含む水分に気をつける
基本的に、糖分の取り過ぎを防ぐ事が大切です。

特に夏、ついつい清涼飲料水をガブ飲みしてしまう人は要注意です。
極力、水やお茶などで水分を補いましょう。

スポーツを行う人は、運動中以外はお茶等にするなど気をつけましょう。


・要注意な飲み物

また見落としがちなのが、コーヒー等の糖分です。
ブラックでしたら問題ありませんが、砂糖やミルク、
更にキャラメルや生クリームやチョコレートの入った飲料は危険です。
「ケーキを食べている」位の認識を持ちましょう。

更に、野菜ジュース等も、気をつけたい飲み物の一つです。
体に良いイメージからついつい、
たくさん飲んでしまう方もいるのではないでしょうか?

野菜ジュースはビタミンや食物繊維も摂れますが、
糖分も摂取しているという事を忘れてはいけません。

・飲み方を考える
「暑い、汗をかいた、喉が渇いた」
こういった時には水分補給を考えますね。
この場合は、水かお茶で水分補給を行いましょう。

「激しい運動をしている」
こんな時は、汗もかき喉も渇きますが、
疲労回復等を考えるとスポーツ飲料がやはり適切でしょう。

ですが、その時以外は控えるべきです。
また、軽度の運動であれば、水やお茶で大丈夫でしょう。

「栄養を摂りたい」

野菜ジュースなどで手軽にビタミン等を摂るのもいいかもしれません。
ですが、これらで「水分補給」をしようとは、
思わない方がいいでしょう。

以上のように、場面に合わせて水分を「補給」するよう
心がけてはいかがでしょうか。

喉の渇きにも色々あります。
いつだって同じ飲料で済ますのは、少々乱暴だと思います。

糖尿病や肥満、またダイエットというと、
どうしても食べ物にばかり注意が向きがちですが、
飲み物の方が危険な場合も多いのです。

逆に、飲み物に気をつけただけで、
病気や肥満が防げたり軽減するかもしれませんね。

まとめ

暑い季節は熱中症にも気をつけたいですが、
上手く水分補給をしないと、このような落とし穴があるのですね。

特に多くの汗をかくと、「水だけでなく、塩分等も必要」になり、
どうしてもスポーツ飲料の方が確実だったりします。

なんだか難しいですが、
こまめに水やお茶で水分を摂り、
スポーツ飲料などは要所要所で摂取するなど、
バランスを考えた水分補給を行いたいですね。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする