滝野すずらん丘陵公園のアクセスは?見どころをご紹介!

国営滝野すずらん丘陵公園。
札幌市南区滝野にある、べらぼうに広い公園です。
ていうか、公園?山じゃない?

去年はヒグマが出て一時休園になりました。
今は園内にいない事が確認されています。
今はちゃんとフェンスで囲っています。
定期巡回もしてるので大丈夫ですよ。

この公園、一日で全部楽しむのは無理。
私も家族で年に何度も行っています。
でもまだ全部を知らないんですよ。

スポンサーリンク

滝野すずらん丘陵公園へのアクセスは?

ズバリ、車で来てください。
バスは一時間に一本。
園内を移動するのは車でないと無理です。
http://www.takinopark.com/02_PLANNING/access/images/bustime140401.pdf

車でのアクセスは国道230号(石山通)を使います。
途中藻岩橋を渡り、真駒内通りへ。
アイスアリーナの横を通り真駒内通りを南下。

道なりに進み札幌芸術の森の前を通ります。
途中、常盤6-1の公園で左折。
そのまま341号をまっすぐ行きます。
延々と走ります。不安になるくらいに。

突然左手に巨大なモアイが林立する謎のスポットが。
怯えないで。あれは滝野霊園という変な墓地です。
気にせずまだまだまっすぐ、まっすぐ!
そうすると右手に滝野公園の入り口が見えてきます。

しかし、ここで油断は出来ません。
滝野丘陵公園はべらぼうに広いのです。
エリアは大きく分けて4つ。駐車場は6つ。

滝野すずらん丘陵公園
http://akkamui212.blog86.fc2.com/blog-entry-1164.html

子連れで遊ぶなら中央口及び東口。
パークゴルフや花を見たい人もこちらです。

釣りをしたい人は渓流口です。
森ゾーンなら滝野の森口。

一番良いのは料金口で係員に聞くことですね。
駐車料金は410円です。

Sponsored Link
[adsense]

滝野丘陵公園の見どころは?

公園は殆ど有料ゾーンです。
入園料は大人が410円、子供が210円です。
駐車料金とは別にかかります。

滝野丘陵公園で有名なのは花。
中心ゾーンのカントリーガーデンが人気です。
エゾヤマツツジやタニウツギ、クレマチス。
数えきれないくらい沢山の種類があります。

花やガーデンツアーの情報は常時公開されています。
公式サイト
http://www.takinopark.com/?cat=3

子連れには「こどもの谷」がお勧め。
夏は水遊びもできます。
毎回ここで子供たちが遊び狂います。
蟻塚の塔や迷路。大きな滑り台。

ふわふわエッグというものもあります。
大きなクッション状の山です。


休みの日には子供が鈴なりになっています。

大玉転がしもあります。

蜂の巣ドームという屋内の遊技場もあります。
滝野すずらん丘陵公園 画像
こんな感じで中身が網状です。
息子たちは猿のように毎回遊び狂います。

他に森ゾーンがあります。まずは西エリア。
専門ガイドの案内で森を探検できます。
自然を学びたい人にはお勧め。
東エリアは遊べるスペースもあります。
http://www.takinopark.com/takinonomori/

滝野丘陵公園を楽しむポイントは?

まずは朝出かけること。
駐車場は大丈夫ですが、何せ遠いです。
そして広いです。
遊ぶなら一日使うと思ってください。

あ、あと市内でマラソンがあるか確認しましょう。
マラソンの日は交通規制で公園まで行くのが大変です。

園内は広い割に休憩場が少ないです。
東口の近くに屋内休憩所があります。
でも利用者はあまりいませんね。
最も混むのが子供の谷です。

子供の谷にはレストハウス。
蜂の巣ドームには休憩所があります。
しかしどちらも狭いのですぐに満席になります。
早めに昼食にするか、屋外で敷物を使います。

山なので風が強いことが多いです。
出来れば早めに屋内で昼食にするのがお勧め。
敷物と雨具、ウインドブレーカーは必須です。

それから、食事。
公園内の食事はどれもイマイチなんですよ。
正直最初食べてビックリしました。
弁当持参がお勧めです。

設備はきれいなのに、残念!
トイレや授乳室などの設備はしっかりしています。

まとめ

滝野丘陵公園には他にもいろいろ。
例えばオートリゾート滝野というキャンプ場。
バーベキューも出来ます。

今年こそはキャンプしたいと狙っています。
7月の連休のロッジ分予約はすぐに売り切れました。
諦めてテント張ります。

渓流コースの釣り堀も楽しいです。
駐車場から無茶苦茶歩きますが。

パークゴルフ場もありますよ。。
レンタルサイクルもあるらしいです。
まだまだ楽しむ余地がありそうです。

スポンサーリンク
オススメ記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする