2014年のお盆休みはいつからいつまで?!渋滞予想は?

8月に入ると、もうすぐお盆休みですね。
お盆休みといえば、帰省や旅行を考える方が多いと思います。

ところで、全国的にお盆休みは一体いつからいつまでなのでしょう?
御自身のお休みは把握していても、他業種の方のお休みって、
あまり知りませんよね。

また、帰省や旅行をするにあたって気になるのが渋滞情報です。
極力渋滞に合わずにすんなりと移動をしたいですよね。

今回は、お盆休みは一体いつからいつまでなのか。
またお休み中の渋滞予想について調べてみました。

Sponsored Link

2014年のお盆休みはいつからいつまで?

そもそも、「お盆」自体は、全国的に毎年8月15日を指します。
(地域によって、7月15日や8月1日のところもあります)

そして「お盆といえば、お休み!遊ぶぞ!!」ではなく、
御先祖様をお迎えする儀式を行う為に、本来はお休みなのです。

お盆のスケジュールは、
・御先祖様を家にお迎えする「お盆の入り」が13日になります。

・14〜15日は「盆中日」といい、読経をしていただいたり、
 お墓参りをしたりして過ごします。

・16日は「お盆の明け」で、御先祖様をお送りします。

この4日間が「お盆の期間」になります。
よって、多くの企業もこの期間をお休みにする事が多いようです。

新盆見舞いの時期は?服装や金額はどうしたらいい?

実際のお盆休暇の期間は、この四日間に土日を考慮したものになります。

2014年ですと、8月13日は水曜日です。
ですので、単純に13〜16日がお盆のための休みと考えると、
16・17日が土日になりますので、
「13〜17日の5日間」が実質的なお盆休みになりますね。

このように、年によって休暇期間は変動します。
「今年はお休みが長いぞー^^」なんてお話を良く聞きませんか?

また、自動車系の会社はお盆のお休みが長い事で有名だそうです。
今年は「9日〜17日の9日間」という会社もあるようです。
(その代わり、他の月の祝日がお休みにならない事が多いようです。)

逆にサービス業ですと、お盆の期間に社員揃って長期休暇を
取るわけにはいきませんね。
ですから、他の時期に、順番にお休みを取るそうです。
例えば、医療関係者や金融業などがそうですね。

まとめますと、
一般的な2014年のお盆休みは「13〜17日」になります。
業種によっては、「9日〜17日」の所もあるようです。

反対に、全くお休みのない業種もあるようです。

Sponsored Link

2014年のお盆休みの渋滞予想は?

先述しました通り、一般的なお盆休みは13日から17日です。
(長い方は9日から17日です。)

首都圏に住む多くの方が、この期間に地方の実家に帰省し、
お盆を過ごされ、また自宅に戻ってきます。
そのため、この期間の高速道路はかなり混雑します。

現在NEXCOから出されている渋滞予測では、
お盆の渋滞は9日から少しずつ始まり、
特に13日〜17日にかけては、多くの箇所で渋滞が予測されています。

やはり、お休みの前半は下りでの渋滞が多く、
後半は上りの渋滞が多くなります。
11日と12日は比較的渋滞は少ないようです。

また、アウトレット等がある箇所では、
お盆休みの期間中、かなり渋滞します。

東名高速ですと、御殿場IC付近。
中央自動車道ですと、入間IC付近。
東北自動車道ですと、佐野藤岡IC付近。

などなど、注意してみてください。

混雑中は基本的には夜間の方が、行動しやすいようです。
ご都合が許すならば、
少しでも交通量の少ない時間帯を選んでみてはいかがでしょうか?

渋滞予測はコチラ↓
http://search.w-nexco.co.jp/forecast/

現在の渋滞情報はコチラ↓
http://www.jartic.or.jp/

まとめ

お盆休みの期間と、渋滞予想についてまとめてみました。

渋滞すると分かっていても、その期間その時間にしか移動できない場合、
しっかりと対策をして向かってくださいね。

基本のトイレを済まし、飲食物を購入したり
念のための携帯トイレなどもあると、安心ですね。

また、渋滞中は注意力が散漫になる時間でもあります。
眠気を押しつつ惰性でゆっくりと、横を見ながら車を進めて。。。!
なんてことのないように、休憩はしっかりと取り、
眠気覚ましのガムなどを用意しましょう。

以上、お役に立てましたでしょうか。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク