新盆見舞いはいつ?あいさつの仕方は?のし袋やお札の入れ方、線香は?

その年に亡くなった方が、初めて迎えるお盆を新盆(初盆)といいます。
特に何もない「お盆」とは違い、丁寧に供養をします。
地域によっては念仏踊りなどを行い、盛大に供養をする所もあります。

そんな新盆(初盆)のマナーについて、今回はまとめてみました。

新盆とはいつ行われるのか。どんな挨拶をするべきか。
のし袋の準備は?お札の入れ方は?
お線香の上げ方は??
色々と調べてみました。

Sponsored Link

新盆見舞いっていつ行くの?

「あれ、今年亡くなったあの方は、このお盆で新盆だったかな?」
と、迷った事はありませんか?

新盆は「亡くなった方が初めて迎えるお盆」ですが、
厳密には一体「いつ」亡くなった方になるのか、まとめてみました。

お盆の期間は地域によって異なりますが、
仮にお盆の入りが「8月13日」だとします。

「その年に亡くなった方」と記しましたが、
正確には「忌明法要をお勤め終えた方」になります。

「忌明法要」とは49日法要の事です。
よって、盆の入りの前日「8月12日」までに、
49日法要を終えた方が、このお盆に「新盆(初盆)」を迎える事になります。

ですので「6月25日」に亡くなった方は、
8月12日に49日の法要を終え、その年に新盆(初盆)を迎えます。
少々慌ただしいですね。

そしてたった一日違いの「6月26日」に亡くなった方は、
翌年のお盆に新盆(初盆)を迎える事になります。

新盆の御供養に伺いたい場合は、以上を目安にしてみてはいかがでしょうか。
但し、地域や宗派によっては変わってきますので、確認することをおすすめします。

新盆見舞いの時期は?服装や金額はどうしたらいい?

Sponsored Link

新盆見舞いのあいさつの仕方って?

慣れないシーンでの挨拶って、意外と重要ですよね。
どんな時もスマートに、また相手に不快感を与えないようにしたいですね。

新盆に招かれた際の、挨拶の例をまとめてみました。

・ビジネスや、遠い間柄の場合
例:「お暑い中御苦労様でございます。
 この度はお呼びいただき、ありがとうございます。
 新盆供養をさせていただきたく、参りました。
 どうぞよろしくお願いいたします。」

あまり長く喋るのも失礼ですから、これより短くてもいいでしょう。
供養をさせていただきたい気持ちと、主催者を労う気持ちが大切です。

・親しい間柄
例:「新盆とは早いものですね。
 ご供養にまいりました。お線香をあげさせていただきます。」

こちらも手短で失礼はないようです。
どの程度の間柄なのかにも勿論よりますが、
時間がゆるせば、故人の思い出話なども良いかと思います。

例をあげましたが、故人や御家族(主催者側)とのお付き合いによって、
変わってくるかと思います。

きっちりとした丁寧な言葉遣いにするか、
くだけた親しい言葉遣いにするか、それは間柄しだいです。

ですがどちらにせよ、
相手を気遣い故人を偲ぶ気持ちを言葉にすることが、
大切なのではないでしょうか。

新盆見舞いの「のし袋」はどうする?

新盆見舞いに訪れるにあたって、不祝儀(香典)を用意します。
この時、のし袋の選び方にも決まりがあります。

・表書き
「御仏前」「御佛前」「御供物料」
と書かれた袋を選びましょう。
「御霊前」は49日が過ぎる前のものです。
間違えないよう気をつけましょう。

・水引
結び切りの水引を選びます。
結び切りは「二度あってはならない」ものに使います。
結婚や弔事、病気や災害見舞等に使います。

色は、黒白のものよりは、双銀や藍銀、黄白の物がよいでしょう。

また、中に入れる金額を考慮し、
やたらと袋だけ立派にならないように気をつけましょう。

お札の入れ方って?

・向きを揃える
まず、お札が二枚以上ある場合は、表裏と向きを揃えましょう。

・新札に折り目をつける
新札は「まるで準備していたようである」ことから、
不祝儀にはふさわしくないとされています。
そのため新札を敢えて折ってから入れます。

ですが新盆は葬儀とは違い、あることが分かっていますから、
あまり神経質にならなくても良いポイントだと思います。
汚いヨレヨレのお札を入れる方が、余程失礼に当たるでしょう。

・お札の向き
お札は、人物の顔がある方が「表」になります。
不祝儀はのし袋の表書き側に、お札の「裏」が来るように入れます。

上下に関しては、お札を横にしたときの「右側」を下にします。

お線香の上げ方は?

葬儀ではお焼香、お盆はお線香。
そんなイメージはありませんか。

本来はどちらも「焼香」であり、
「抹香」を使うか、「線香」を使うかの違いだそうです。

また、宗派によって様々なやり方があります。
訪問する新盆(初盆)の宗派を知った上で、覚えた方が良さそうですね。

今回は新盆見舞いなので、
お線香でのお焼香の仕方を宗派毎にまとめてみました。

臨済宗:一本に火をつけてあげる

真言宗:間隔をあけて三本に火をつけてあげる

曹洞宗:一本に火をつけてあげる

浄土宗:一本を二つに折って、火をつけてからあげる

日蓮宗:一本に火をつけてあげる

日蓮正宗:一本を二つに折り、火をつけずに置く

天台宗:三本に火をつけてあげる

以上、代表的な宗派をまとめてみました。
意外と様々な方法があるようですね。

訪問先でどうしてもわからなかったら、
素直に質問するのもありかもしれませんね。

お盆にお供えする花は?アレンジや宅配のお店は?

まとめ

以上、新盆見舞いについて、
主に招かれる側の「準備」をまとめてみました。
参考になりましたら幸いです。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 石田忠嗣 より:

    お盆の挨拶はけんぱいでよろしいですか?

    • pha77024 より:

      乾杯ではなく献杯(けんぱい)が適していると思います。
      初盆や一周忌や三回忌などの法事の食前に行います。
      ただ、地域や宗派によってはしないこともあり、注意が必要です。また、献杯は故人に敬意を表し、死を悼んで盃を掲げることですので、乾杯にように大きく発声するのではなく、静かに声を出し、合唱や黙祷をするのが一般的です。